fbpx
メディアグランプリ

オイシックスどうする?

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:奥村洋介(ライティング・ライブ福岡会場)
 
 
「今週どうする?」
我が家では、毎週の半ばになるとオイシックスを注文するかどうするかの会話が行われる。
オイシックスとは、食材の宅配サービスである。
そして食材をどのように調理したらよいかというレシピがついている。
このレシピが秀逸なのである。
レシピ通りに作ると、レストランの味が、家庭にある調味料で実現する。
家庭での調理用に時間もあまりかからないように設計されている。
主菜、副菜、スープなど3皿分の料理を30分程度で作ることができる。
この30分でできるというのが、お互いに仕事をしている私たちにとって助かる。
お腹を空かして帰ってきても、あまり待たずに料理にありつける。
 
一週間分の夕食の食材をまとめて届けてくれるが、発注は3日前。
翌週どうするのかは、水曜くらいに発注して週末に配達してもらうという段取りだ。
次週に仕事の残業が見込まれる、外食を予定している日があるなどの時には発注できない。
よって水曜日くらいまでに次の発注どうするなんて会話が毎週の行事になっている。
 
オイシックスというのを知ったのは、新鮮野菜を探しているときである。
さらに農薬を使っていない有機野菜にも興味があった。
住んでいるエリアに有機野菜を取り扱っているスーパーがあるのだが、少し遠い。
オイシックスで、単品で有機野菜を頼むと通常のスーパーより高くなってしまう。
しかし一種間の夕ご飯お任せキット7食分で頼むと通常の買い物とあまり変わらない。
契約牧場や漁場からの肉や魚なども合わせて届けてくれる。
これらの食材は、JAや問屋などの中間業者を通さないで消費者に届ける仕組みだ。
中間マージンがない分、消費者にも、やさしい価格設定が可能になっている。
 
そしてお届け食材を使ったレシピが素晴らしい。
家庭にある、醤油、みりん、塩、つゆ、マヨネーズ、ごま油等で調理してく。
今までに使ったことがない調合で、外食レストランと同じような味に近づく。
カットした野菜を、レンチンすることによって柔らかくなるなどの新しい調理法もある。
メニューによってはレンジがフル回転して、ヒューズが落ちそうになることもある。
 
この野菜はスーパーで見るけど、料理の仕方がわからなかったなんてものも使う。
豆苗など、スーパーの野菜売り場では見かけるが料理方法がわからない。
このレシピといっしょに届けられると、使うことができる。
野菜も、ほうれん草と赤ピーマンを使うと、皿がきれいな色付けになる。
例えば1本の大根を1日目と3日目で別の料理に半分ずつ使うなど無駄がない。
そんなプロの調理法に毎回びっくりさせられる。
 
レシピのメニュー通り作るので、私も手伝うことができる。
調味料の分量が決まっている。
フライパンで炒める時間も決まっている。
タイマーを使って、時間通り調理するとそれなりのものが出来上がる。
包丁を使うのが苦手な私の役割は、炒めるか調味料の作成をする。
妻が一人で夕食を作ると、炒めている間はフライパンに付きっ切りになる。
他の作業が進まないため、トータル45分くらいかかってしまう。
これが二人で作ると、私が炒め物をしている間に妻は他の作業ができる。
時間の節約ができて、トータル30分くらいで完成する。
そして、妻の機嫌が良くなる。
私も早く夕食を食べることができる。
 
レシピが良いのはそれだけではない。
妻主導の夕食作成になると、調理方法は妻の頭の中にしかない。
すると、これして、あれして、と命令口調で指図をされる。
この命令口調が私は気に入らなないのである。
オイシックスならば、レシピ通りに作ればよい。
指図されることがない。
私の精神状態も良くなるのである。
 
そんな便利なオイシックスであるが、ある時期、食材の配達できないことがあった。
コロナで自宅での食事機会が増えた。
オイシックスは注文が増えてきたので、流通の仕組みを補強した。
その補強の工程にシステムエラーが起こってしまったのである。
この事故についてオイシックスから1食500円のポイントが発行された。
次回の注文に使える。
妻は、この500円ポイントで満足しているようでした。
 
事故の次の配達時に、オイシックス社長からメッセージが同封されていた。
「皆様からのお叱りやご不安の声、激励のお声などすべてのお声にお応えできるよう、社員一同で力を合わせて復旧に当たります。」
コピーではあったが、手書きで書かれていた。
私はそのメッセージから、仕事へ、お客様への想いを感じた。
私が仕事で失敗したら、お客様へこんな手紙が書けると良いと思った。
 
今後どのような料理を、楽しみを届けてくれるのか。
コロナということもあるので、外食をなるべく減らしてオイシックスを試してみよう。
オイシックスは、美味いだけでなく、家族が仲良くなり、感動も届けてくれるサービスだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~21:00
TEL:029-897-3325



2022-03-10 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事