fbpx
メディアグランプリ

何をめざしているのですか?


202*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事: haruki (ライティング・ゼミ2月コース)
 
 
何をめざしているのですか?
筋トレを始めて、よく言われる言葉である。
 
筋トレを始めたきっかけは、風呂上りに鏡にうつった自分の姿をみて、ぞっとしたからだ。胸がたるんで、お腹がでてきている。情けない。体を引き締めて、お腹もシックスパックになりたい! と思ったからだ。最初は、自宅で雑誌やネットの情報を参考にしながらトレーニングを始めたが、続かないし効果もない。次によく広告で目にしていた大手の温泉付きのジムに通ってみることにした。様々なトレーニング器具やレッスンもあり楽しく、なんとなくトレーニング。最後に温泉にはいってゆっくり過ごして帰宅。その後のビールが美味しくてたまらなかった。結局、1年間ジムに通ったがまたしても何の効果もなかった。
 
いつになったら理想のボデイを手に入れることができるのだろうか?
 
ここは個別指導であるパーソナルジムに入会するしかないと思いジムを探してまわった。ついに見つけた! こぢんまりとしているが、ジムの名前がマッスルジム 筋肉ジムだ! ちょっと気が引けて一度入るのをためらったが、思いきって説明を聞きにジムの中に入ってみた。屈強なマッチョマンばかりで熱気むんむんと思っていたが、その反対で、セレブマダムも多く、まったく汗臭くなく気持ちのいいジムだった。ジムのオーナーは、Tシャツの下からでも分かるほどはちきれんばかりの胸筋と腕筋のマッチョマンであった。とりあえずダイエット目的の3か月パーソナルコースに入会してみた。その内容は、マンツーマンでジムでのトレーニングだけでなく、食事にもかなり気を付けなくてはならなかった。
マッチョなジムのオーナーによると
「ダイエットの基本は食事7割、運動3割。食事は毎日3回するので、体にとっては筋トレより影響を受けやすいので大事です。筋トレは正しいホームで重い負荷をかけすぎないで、ケガを予防してトレーニング続けをしましょう」とのことだった。
最初は、慣れない器具と負荷のトレーニングでもあり筋肉痛の日々と空腹との闘いだった。そして、みるみるうちに体が絞れてきた。だんだんと欲がでてきて、思い切ってシックスパックになりたい! とオーナーに打ち明けてみた。
すると不敵な笑みと共に
「それではトレーニング内容を変更しましょう。食事内容も変えないといけないですね。ちょうど他の会員さんもベストボディコンテストに出場するので一緒にそのコンテスト出場を目標にしましょう」と言われてしまった。あまりの圧のため断れないままシックスパックを目指すどころかコンテスト(マッチョ大会)に出場することになってしまった。
先ずは、写真審査。体をひねってより絞れているようにみせてジムで写真撮影。既にある程度は体が絞れていいたので、あっけなく写真審査は通過してしまった。それから大会までの3か月間が大変だった。トレーニングは、胸・背中・足とまんべんなくトレーニング。腹筋は毎日おこなう。さらに食事はもっと過酷で、3食 ささみ、ブロッコリーとプロテインの生活だった。もちろんアルコールも禁止だった。それ以外にも筋肉をいかにきれいにみせるかのポーズ練習や日焼けした体の方がよりメリハリがつくとのことで日焼けサロンにまで通った。大会前日は、サウナに行き体の水を抜いてさらに絞りこみ、その後、甘いものを解禁して糖分をしっかりととって、エネルギーが枯渇した筋肉にとりこませて筋肉をはらせた。
いよいよ大会当日。やっとの思いで、出場選手と舞台にでると、あっけにとられた。筋肉のつきかたがまったく違っていた。黒さも。1年ぐらいのトレーニングと食事では、足元にもおよばなかった。あっけなく予選落ちをした。しかし、舞台に立ち人前で筋肉をみせる華やかな世界を知ることができ楽しかった。
 
大会後、トレーニングは習慣になるとやめられなくなっていた。筋トレを習慣にすることで、時間活用方法が変わっていき、時間節約のため集中して仕事をする。仕事を早く終わらせてジムに行き、食事内容も考えながらとるようになっていた。体が絞られたことによって、見た目がかわっただけでなく、体が楽になるので体をますます動かしたくなる。そしてさらに趣味が増えた。トレイルランニングを始めた。山の中を走るので過酷でその分筋力が必要となる。いつの間にか、筋肉のコンテストのための筋トレから、トレイルランニングのための筋トレとなっていった。
 
今では週3回の筋トレ・走りのためのジム・早寝早起きの習慣がつき週4回の早朝ランニングをおこなっている。ますます時間に追われているが、日々楽しく過ごせている。
それをみてまわりの人たちから、何をめざしているのですか? と言われる。 わかっていないなーと思いながらも、自分の人生がいい方向に向いていることを実感している。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-03-16 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事