fbpx
メディアグランプリ

ああ、夏が待ち遠しい。顔がみえると、食事はもっと楽しくなる。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:横山玖未子(ライティング・ゼミ4月コース)
 
 
「ねぇ、うきはに行かない?」
そんな友人の一言がきっかけで、ご縁が生まれたうきは。
 
皆さんは、福岡県うきは市を知っていますか?
福岡市から、車で片道1時間半程度。2年前から定期的に訪れる「うきは」は、のどかな田舎で、特にフルーツが有名な活気のある町。
 
自他ともに認める、うきは好きの友人に連れられて、時には農家さんに会いに行き、農作業のお手伝い。時には予定もなく、ただゆっくりと、自然の緑を眺めながら休日を過ごす贅沢な時間。
 
そして夜は決まって、うきはで購入した野菜やフルーツをつかった、豪華な晩餐会がスタート。農家さんに教わったシンプルな調理法で、素材そのものの味を楽しみながら、みんなでテーブルを囲むのが、うきはの醍醐味のひとつです。
 
もうひとつの醍醐味は、その場で出会う、様々な農家さんたち。
 
高齢化のイメージが強い農業ですが、うきはは、30-40代の若手農家さんも多い町。
昔ながらの土地や畑を守り、技術や知識を紡ぎ、そして最新の方法も柔軟に取り入れながら、多くの農家さんが、美味しい作物を育ててます。
 
会いに行くと、いつも畑にわたしたちを連れて、野菜やフルーツについて丁寧に教えてくれたり、たまにお土産まで持たせてくれます。
 
実家では、よく食べていたフルーツも、社会人になると、忙しさや価格を言い訳に遠ざかっていた、桃やぶどう。
スーパーで、とにかく安いものをと、噛みしめて素材の味を楽しめていなかった、茄子やトウモロコシ。
 
はじめてうきはを知ったとき、農家さんが、我が子のように丹精込めて育てていた野菜やフルーツを食べ、衝撃が走りました。
 
ぶどうと桃は、とにかく、甘い。
そして味がとても濃厚。
なんじゃこりゃあああああ! こんなのスーパーでは、なかなか見つからない。
 
 
「味付けは、塩・胡椒だけでいいけんね」
と、もらった茄子も、身がぶあつくて、とってもジューシー。
 
生で食べれると言われ、半信半疑でかじったトウモロコシは、今までの概念がくつがえされるほどの、甘さとシャキシャキ感。
 
トウモロコシって、こんなに美味しかったの!?
今までごめん!
トウモロコシ!!
 
と言わざるを得ないほどの驚きの美味しさは、今でも鮮明に覚えています。
 
一年の中で、春はいちご、夏は桃とぶどう、秋は梨と柿など、それ以外にも種類豊富なフルーツたち。そんな自然豊かなうきはの中で、特に桃とぶどうの夏は、個人的に、一番胸が躍る季節。
 
農家さんの中でも「師匠」と呼ばれる方のもとへぶどうを買いに行くと、シャインマスカット、ピオーネ、クイーンニーナという3種類の大粒でキラキラしたフルーツがずらり。
 
味見をさせてもらうと、それぞれに甘みが違い、どの種類もパクパクと食べてしまうほどの美味しさ。
 
結局4人で訪れたわたしたちは、車にあふれんばかりに箱買いをして、お土産を含め十数個のぶどうを買いこむ始末。(その後に、桃農家さんの家で、桃も大量に購入)
 
今まで、運試しのようにスーパーで買っていたわたしは、顔の見える農家さんから購入する楽しさと、美味しさにハマっていったのでした。
 
高級スーパーに並ぶような、高品質なフルーツを直接購入するので、価格もお手頃。
信頼する知り合いの農家さんが、愛情込めて育てているので、絶対に美味しいと思える安心感。
 
ああ、夏が待ち遠しい。
誕生日や、クリスマスを楽しみに待つことはあっても、フルーツの収穫を1年恋焦がれることは、今まであっただろうか。
 
「顔が見える食事」の楽しさを覚えると、大切なひとにもどんどん勧めたくなる。
 
近所のスーパーに並ぶ野菜も、道の駅のフルーツも、どれも丹精こめてつくられた、有難い農作物。
 
「いただきます」と「ごちそうさま」を繰り返す日々の中で、つくってくれた人の顔を思い浮かべる大切さを、うきははわたしに教えてくれました。
 
そして今年も、そろそろ桃とぶどうの季節。
残念ながら、今年は買いにいけそうにないので、悔しさと悲しさをバネに、今この文章を通じて、うきはの素晴らしさを伝えています。
 
一度食べたら、どっぷりハマること間違いなし。
知らないあなたは損をしている、フルーツ大国うきはに、いちど訪れてみませんか?
 
ちなみに、うきはの道の駅は、ランキング上位の常連で、1位もよく取っているそう。
午前中には、ほとんどが売り切れるそうなので、ぜひお早めに。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-06-09 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事