ゼミ

渋谷・通信【8/17(土)12:30〜】現役小説家が教える!「小説タイトルの創り方」1day講座 〜魅力的な「創作作品タイトル」をつける方法〜


❏「小説タイトルの創り方」1day講座 のポイント
・デビューから10年以上現役小説家として活躍中の谷津矢車先生が登壇!
 プロの小説家の「タイトルの創り方」のノウハウが学べる!
・「タイトルの創り方」を体形立てて解説!
・「魅力的なタイトル」へ仕上げるためのノウハウを公開!
・実践ワークショップ付き!講義内容をすぐに実践してみよう
・小説はもちろん、あらゆる創作作品のタイトルの創り方に応用可能
・全国通信対応。オンライン参加・後日受講も可

お世話になっております。天狼院書店スタッフの鳥井です。

突然ですが、小説を買うときに、何を判断基準に選びますか?
あるいは映画館やNetflixで視聴作品を選ぶとき、選択理由の大きな要因の一つが『作品タイトル』かと思います。

今回の1day講座はズバリ!

  現役小説家が教える!
「小説タイトルの創り方」1day講座

です。

ご登壇いただくのは、デビューから10年以上現役小説家として活躍中の谷津矢車先生です。
実は谷津先生には「小説を書き上げる」講座にご登壇いただいているのですが、その中で話題に上がったのが『小説タイトル』をどのように決めればいいのか、でした。
そこで、スタッフが小説タイトルについて谷津先生に少しお話を聞いてみたところ、驚きの連続だったのです!

「えっ、タイトルって執筆前に決めるべきものなの!? 最後につけるのかと思っていた!」
「小説タイトルには、〇〇と〇〇という役割があったのか!」

そんな驚きと共に、今度は疑問が湧き上がってきます。

「でも、本屋さんに並んでいるような魅力的なタイトルをつけたいんですが……どうすれば思いつきますか?」

そんな疑問にも、今回、この1day講座の中でしっかりじっくり答えていただけることになりました!!
実際の当日のカリキュラムがこちら!

❏カリキュラム


■小説とタイトルの役割
・小説におけるタイトルとは
・タイトルの役割1アンカー
・タイトルの役割2作品の顔
・タイトルを決めるタイミング
 
①アンカーの場合
 ②顔の場合

■小説タイトルの創り方
・アンカータイトルの決め方
・顔タイトルの決め方1
・顔タイトルの決め方2視認性・独自性
・顔タイトルの決め方3/ジャンルや作品内容の予告
・顔タイトルの決め方4/叙情性
・顔タイトルを決める時にやってはいけないこと
・顔タイトルを魅力的にするテクニック1
・顔タイトルを魅力的にするテクニック2
・顔タイトルを魅力的にするテクニック3
・顔タイトルを魅力的にするテクニック4
・顔タイトルを魅力的にするテクニック5
・顔タイトルを魅力的にするテクニック6
・顔タイトルを魅力的にするテクニック7

小説タイトルの創り方/実践応用編
・顔タイトルを考えるためのとっかかり
・顔タイトルを作り出す手順
・しっくりくるタイトルが見つからないときは
・魅力的なタイトルを作る訓練
・公募に出す時のタイトル
・商業出版時のタイトル
・いいタイトルとは

《ワークショップ》実際にタイトルを作ってみよう!

そう、この講座の中では、「そもそも小説タイトルとはどういう役割があるのか?」から紐解き、タイトルの導き方を体系立てて提示するとともに、より魅力的なタイトルに仕上げるためのテクニックまで公開してしまうのです!!

さらに、小説家デビューを目指す方には気になる「公募に出すときのタイトルは?」「商業出版するときのタイトルは?」という疑問にまでお答えいたします。
そして、魅力的なタイトルを生み出すための「日々の訓練方法」もご紹介していきますよ!

さらにさらに!
話を聞いて終わり、ではなくワークショップもご用意しました。
実際にあなただけの「小説タイトル」を、講義をもとにその場で作ってみましょう!
すぐに頭と手を動かすことで、実体験として学びが深まるはずです。

また今回は「小説タイトル」ということで講義をしていただきますが、メディアミックスの現代です。
あらゆる創作にこの「タイトルの創り方」は活かせるはずです。
クリエイティブにご興味のある方は、ぜひこの機会に現役小説家の「タイトルの創り方」のノウハウを学んでいただければと思います!

何より「いいタイトル」を見つけ出すことができれば、自分の作品への愛着がさらに深まりますよね。
より自信をもって他人に見せたり、賞に応募したりできるようになるのではないかと思います。

そんな、自分の背中までも押してくれる『魅力的なタイトル』の生み出し方を、ぜひ1day特別講座で学んでみませんか?
ぜひ、ご参加をお待ちしております!

■講師プロフィール


谷津矢車(やつ・やぐるま)
1986年東京都生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒。2012年『蒲生の記』で第18回歴史群像大賞優秀賞受賞。2013年『洛中洛外画狂伝―狩野永徳』でデビュー。二作目『蔦屋』が評判を呼び、若手歴史時代小説家として注目を集める。2018年『おもちゃ絵芳藤』で第7回歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞。2020年『廉太郎ノオト』が第66回青少年読書感想文全国コンクール課題作品(高等学校の部)に選出。

■谷津先生作品■

❏「小説タイトルの創り方」1day講座 概要

■開催日程
2024年8月17日(土)12:30〜14:30(120分)

■会場

・天狼院カフェSHIBUYA・・・定員20名

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号 MIYASHITA PARK South 3階 30000
TEL:03-6450-6261
*店舗会場で参加のお客様は席代として1ドリンクのご注文が必要となります。

・通信受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講いただけます。

■参加費:
一般 11,000円(税込)
会員 5,500円(税込)

「天狼院読書クラブ」の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。

■参加条件:
①Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
(諸連絡や課題投稿も全てFacebookを使用します)
②パソコン、スマートフォンなど、ChatGPTを扱えるデバイスをお持ちであること。

*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

現役小説家から「小説執筆のノウハウ」を学べる!初心者の方大歓迎!

【2024年9月開講】現役小説家から実践的ノウハウを学びながら「小説を書き上げる」講座
〔詳しくはこちら〕

お申し込み方法


お支払いは、「店頭ご一括」「天狼院クラウド」「銀行振込」での決済をご利用いただけます。

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金、クレジットカード、対応電子マネーでお支払い頂けます。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて、銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。
手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

注意事項


※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。
・決済後のキャンセル・返金は行っておりませんので、ご了承の上お申し込みください。

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

 

2024-07-06 | Posted in ゼミ

関連記事