fbpx
イベント情報

満員御礼受付〆切!【天狼院LIVE】心臓外科医新浪博士先生による「トップ外科医の究極仕事術」〜年間執刀数300件以上の世界〜


 

今回の天狼院LIVEは「SPECIAL」な方をお呼びします。

あるいは、約半年前のこの天狼院の記事を
覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

『情熱大陸』心臓外科医新浪博士/オレは職人心臓外科

 

そう、今回登場するのは、かつてTBSの『情熱大陸』にも出演された、新浪博士(にいなみ・ひろし)医師です。

新浪医師は平均的な心臓外科医が年間30例前後の手術を行うのに対し、年間300例以上の手術を行う、まさに心臓外科のスペシャリスト。

新浪先生は、名医であると同時に究極の「仕事人」でございます。
「職人」でございます。

「平日は毎日病院に泊まり込む」方であり、外科医を「職人」とみなしていて、「手術は生活の一部」だと言い切られる。

そして、手術の経験を積むことが技術の向上につながるということ、すなわち「数こそ質なり」という哲学をお持ちです。

外科医とは人の命を預かる職業で、想像を絶するストレスに日々さらされている毎日なのだろうと思います。
しかも、トップの外科医となると、ほとんど休みもないことでしょう。
その日々を乗り切るには、特殊な「ストレスとの付き合い方」、「時間術」があるのではないでしょうか。

究極を知れば、きっと他の職種の方にも、広く応用できるだろうと思います。

そこで、今回、天狼院では「トップ心臓外科医のリアル」や「医師の世界」という、なかなかお聞きすることができないテーマと、それに加えて新浪先生の「仕事に関する考え方」、「実際の仕事術」、「プロの流儀」、さらには「医師の時間術」、「医師のストレス解消法」などについて、幅広く伺って行きたいと思っております。

ぜひとも天狼院LIVEにお越しいただければと思います
一緒に、新浪先生にお聞きしましょう!

【心臓外科医新浪博士先生による「トップ外科医の究極仕事術」概要】
日時:4月4日(金曜日)
19:30〜21:30(19:00受付開始)
トークショー 19:30-21:00ごろ
(担当編集KADOKAWA大塩さんと店主三浦がナビゲート役になります)
質問タイム 21:00-21:30
(みなさまからの質問も受け付けます)
場所:天狼院書店(てんろういん・しょてん)
参加費:2,000円+1ドリンク
*当日、新浪先生の新刊『数こそ質なり』(角川書店)を販売致します。
定員:25名様

【講師の先生のプロフィール】
新浪博士(にいなみ・ひろし)
埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科教授、診療科長。
1962年生まれ。群馬大学医学部卒業後、東京女子医科大学大学院修了。アメリカ・ウェインステート大学、オーストラリア・アルフレッドホスピタル、ロイヤルノースショアホスピタルなどに留学。帰国後、東京女子医科大学附属第二病院(現・東医療センター)心臓血管外科講師、助教授を経て、順天堂大学において「天皇陛下の執刀医」として知られる天野篤医師の下で、助教授として心臓手術に従事する。2007年より現職。
埼玉医科大学国際医療センターの心臓外科を、開院時の医師4人、手術数100例ほどの状態から、成人心臓外科手術数529例(2013年度)を担当するまでに躍進させる。また、自身も年間300例以上の手術を執刀し、平日は毎日病院に泊まる生活を送っている。
虚血性心疾患のオフポンプバイパス術の権威であり、弁膜症の弁形成術や心房細動に対するメイズ手術の経験も豊富であり、低侵襲治療に積極的に取り組んでいる。また、日本初の20歳未満の患者への人工心臓手術など、患者を救うために常に新しい試みを行っている。「情熱大陸」(MBS)、「ファミリーヒストリー」(NHK)、『手術数でわかるいい病院 2014』(朝日新聞出版)、「週刊文春」(文藝春秋)など、メディアにも多数出演・紹介されている。
実兄は株式会社ローソン代表取締役会長の新浪剛史。
著書は本書が初めてとなる。

*当日天狼院書店で販売致します。

 

【イベントへのお申込はこちらから】

 

【天狼院LIVE】心臓外科医新浪博士先生による「トップ外科医の究極仕事術」〜年間執刀数300件以上の世界〜Facebookイベントページ

*3/30おかげさまで満員につき、受付を終了いたしました。

 

問い合わせフォーム

TEL:03-6914-3618

 

天狼院への行き方詳細はこちら

 


2014-03-25 | Posted in イベント情報

関連記事