fbpx
メディアグランプリ

キャリアは、あのヘディングシュートのように一瞬だ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:なかむら(ライティング・ゼミ日曜コース)

 
 
「俺、企画部に異動しようと思うんだけど、どう思う?」
「いいんじゃないかな? 今、お前がいる営業部よりは良いと思うよ」
 
私は、友人と2人で居酒屋で飲んでいた。私の相談に乗ってもらっていたのだ。
その友人は、先月まで企画部に所属していた。私は、企画部の仕事の内容や、職場の雰囲気を知りたくて、彼に相談に乗ってもらった。
 
「なんとかして、異動する方法はないかなぁ。どうしても企画部で仕事がしたいんだけど」
 
私は、熱心に自分の想いを語った。話をしていく中で、私の熱意を感じ取ったのか、友人が切り出した。
「お前がそこまで異動したいなら、企画部の人に話してあげようか? 明日、前の職場の企画部の人たちが、俺の送別会を開いてくれるんだ。そこに課長とか部長も来るから、お前のこと話しておいてやるよ。お前のことを売り込んでおく」
 
「本当? それはありがたいよ。是非お願いします」
 
遠くに感じていた企画部が、ちょっとだけ近づいた。
 
 
後日。友人が、私に連絡をくれた。企画部の送別会での「営業活動」の報告のためだ。
 
「送別会で、お前のことを話したよ。そうしたら、部長も課長もかなり乗り気だった。どうやら、営業経験をもった、お客様との接する経験を持った人材をちょうど探していてみたい。お前が良ければ、部長と一緒に飲む機会を設けようか?」
 
一気に企画部が自分に近づいてきた。私に断る理由はなかった。
 
「こちらこそ、ありがたいよ。是非、お願いします」
 
 
また後日。私と友人、企画部の部長の3人で食事した。
「はじめまして。なかむらと言います」
「はじめまして。企画部で部長をしている山本です」
最初は、ぎこちなかったが、お酒も手伝って、話が盛り上がった。
私は、企画部で仕事をしたい理由、営業部での経験や実績、はたまた趣味や家族の話まで、たくさん話をした。
 
どうやら好感触を得たようだ。
「なかむらくん、いいねー。君が良ければ、企画部に来なよ。うちは、大歓迎だよ」
 
私は、内心、飛び上がるほど嬉しかったが、必死に平静を装った。
 
「ただ、異動に伴って、必要な人事手続きがある。まずは、人事部門に、異動要望の申請をしてくれるかな?」
 
私は、すぐに申請の手続きを取った。異動を成立させるためには、書類選考と面接を突破しないといけない。私は、今までの業務経験や、異動における志望動機を丁寧に書き上げた。
書類選考は順調に突破し、面接もしっかり自分の気持ちや志望動機を伝えることができた。自分ができることは、すべてやった。あとは、結果を待つのみ。
 
待つこと、約1ヶ月。私のデスクに1つの茶封筒が置かれていた。
中身は、人事異動の選考の結果だった。
 
「貴殿は、以下の部署への異動に適する人材として認める」
 
合格だ。私の企画部への異動が正式に決まった。
 
 
友人に相談した日から、わずか2ヶ月の出来事だった。部門をまたいだ異動としては、異例の早さだった。長い会社人生における2ヶ月なんて、一瞬の出来事と言ってよいだろう。
 
その時、私は思った。
「人生は出会いとタイミングだな」
 
たまたま、企画部出身の友人がいて、
たまたま、その友人と飲んだ日の翌日に、友人の送別会があり、
たまたま、企画部で営業経験を持った人材を探していたところに、
たまたま、企画部長と私の相性が合った。
 
すべての歯車がうまく噛み合って、私の異動が成立したのだ。
 
そのとき、私はあるワンシーンを思い出していた。
2012年のサッカーW杯。グループリーグでのオランダ対スペイン戦でのワンシーンだ。
 
オランダのエースストライカー、ファンペルシー選手が、空中にダイビングしながらヘディングシュートを決めたのだ。後方から円孤を描きながら放たれた長いパスに、ファンペルシー選手が、まさに「どんぴしゃり」のタイミングで、ダイビングをしてヘディングシュートを放った。まさに3次元空間で、点と点が交わった一瞬の出来事だった。「うまい」というよりかは「すごい」。まさに「タイミング」が決めたシュートだった。
 
私の今回の異動も、まさにタイミングが決した出来事だった。
自分の力だけではどうしようもないことは、世の中たくさんある。
皆、人それぞれ、いろんな社会や組織の中で生きている。その社会や組織の中で、自分らしく生きていける場所を手に入れるには、自分の力だけでは無理だ。
 
出会う人、出会うタイミング、出会った人との相性。
すべてがうまく噛み合えば、素晴らしいゴールが生まれる。
私にとっても、企画部への異動は、この3つが噛み合った素晴らしい出来事だ。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《11/21までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-11-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事