fbpx
メディアグランプリ

一人旅は鬼退治


 
*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【6月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
記事: 三上弘恵(ライティング・ゼミ火曜コース)
 
あなたは一人旅をしたことがあるだろうか?
 
テレビ番組で定番の「はじめてのおつかい」は、生まれて最初の小さな冒険を私たちに見せてくれる。小さい子どもが一人で、または兄弟姉妹でおつかいにいく。一人旅の途中、行く手を阻む障害に出合う。
 
ある子どもは、犬が怖くて道を通れない。何度も引き返しながら挑戦し、犬の前を駆け抜ける。
別の子どもは、買ったリンゴが坂道で落ち、コロコロ転げていく。拾いに行って袋に入れるけれど、また落っことして、再び取りに行く。
 
子どもは、「おつかいをして家に帰る」というミッションを成し遂げようと、障害を乗り越えていく。今まで経験したことがないチャレンジをしている。その勇気が、なんともほほえましく、感動するのだ。
 
怖い気持や、投げ出したい気持ち、お母さんがいない心細さを感じながら、それを乗り越えていく。
一人旅で出会う鬼とは、安全な世界から出たくない気持ちだ。
そして一人旅は、安全領域から出る出来事が次々起こる。
 
私が安全領域から出る一人旅をしたのは、2010年11月。
アメリカの西海岸にあるエサレン研究所に行った時だった。そこに住んでいる友人から
 
「今なら部屋が空いてるから来ない?」
 
と連絡があり、どうしても行きたい場所だったから、すぐに行くことにした。
日本国内では、言葉が通じるので、どこに行っても何とかなる。でも海外は言葉が通じるか不安がある。私は英語が話せないから。今まで海外に行く時は、英語が話せる人の後ろを付いて行ってた。
 
けれど、この時は、たった一人で目的地までたどり着かないといけない。アメリカ国内線への乗り換えがネックだった。1時間半程度しかない乗り換えがスムーズにいけば、無事にたどり着ける。
 
ロスアンゼルスには定刻より早く到着した。
乗り換え時間が2時間弱で余裕がでた。これなら大丈夫だろう。そう思いながら飛行機を降り、荷物を取りに行く。
 
目の前に、長い長い長い行列があった。
 
「うっそー、何でこんなに長いの」
 
思わず叫んだ。3路線の飛行機がほぼ同時刻に到着したようだ。でも、早めに着いたし、何とかギリギリでも間に合う。大丈夫。そう自分に言い聞かせ列に並んだ。
 
しかし、1時間待ってもまだ列の先が長い。徐々に焦ってくる。たまらなくなって係の人に言った。
 
「次のモントレー行きの飛行機に乗りたい。時間が間に合わないから、順番を早くしてもらえないか?」
 
チケットを手に訴えた。けれども、
 
「並べ」
 
という言葉しか返ってこない。
 
日本語が話せそうな人を捕まえて、同じことを言った。、何人もの空港職員に話しかけた。でも結果は同じ。
 
「並べ」
 
私の順番が来たころには、出発5分前。
 
普通なら間に合わない。でも海外は遅れることだってあるから、もしかしたら大丈夫かも。
 
「間に合ってくれ~」 そう願いながら、国内線の乗り継ぎカウンターへ走った。
 
なんと窓口には日本人のスタッフがいる。よかった~。出発2分前。
 
「次のモントレー行き、間に合いますか?」
 
「あー、オンタイムで出発するようです。残念ですがもう乗れませんね」
 
「え~、どうしよう」
 
恐れていたことが現実となった。目の前の日本人スタッフ、この人に何とかしてもらわないと、たどり着けないかもしれない。頭がフル回転し始めた。別の便への振り替えはどうだろう?
 
窓口の彼は、
「いつもは殆ど空いてるんですよ、でも今日からこの地域のお祭りなんで、後の便も満席ですね。念のため他の航空会社も見てみまょう……、あーやはり満席です。でも、夜の7時の便なら空席があります」
 
今は午前11時。あと8時間もある。他の人にも聞いてくれて、あらゆる可能性を調べてくれた。サンフランシスコまで飛び、そこから相乗りバスで向かう方法など。どの方法も私には難しい。英語で交渉する必要があるのと、かかる時間を考えたら、到着時間に大きな差がない。結局、今確実に取れる夜の便まで、ここで待つことにした。
 
厄介なのは、モントレー空港に友人が迎えに来ることになっていて、その友人と連絡がとれないこと。彼にエサレンに電話してもらった。友人を呼び出してもらうけれど繋がらない。もうエサレンを出たのかもしれない。私の携帯の電池があまり残ってない。電池がなくなれば連絡の手立てがなくなる。
 
友人の携帯に何度もかけ、やっとつながった。
私が予定していた昼に行けないことを告げると、友人は夜に予定があり迎えに来れないので、空港からタクシーで来るよう言われた。1時間かかるので費用も高いけれど仕方がない。
 
一連のやりとりが終わったのは1時間後だった。乗り換えカウンターには私しかいなかった。私に1時間も付き合ってくれた日本人のスタッフが天使に見えた。
 
「はじめてのおつかい」に登場する、親切なおじさんのようだった。
 
そして、モントレー空港に着いたのは夜の8時を過ぎていた。急いでタクシー乗り場を探す。
タクシーが2台止まっていた。前の車に人が乗り込んでいる。残りは1台。
 
「あ~、待って! そのタクシーに乗らないと」
 
私は大きなキャリーバックを持ち、叫びながら走る。
このタクシーに乗れなかったら、電話でタクシーを呼ばないといけない。
 
そして、何とかタクシーに乗り込み、エサレンの住所を見せて、ここへ行ってと告げる。
 
あー、これで一安心。ほっとした。
 
西海岸の1号線をタクシーは南下する。街灯もない真っ暗の海沿いの道。空を見上げれば天の川が広がっていた。今にも星が降ってきそうなくらい綺麗な空だった。ゴールへたどり着ける私へのご褒美のように感じた。
 
そして、エサレンで友人とようやく会えた。
 
「行く来たね~、良かった、良かった、会いたかった」
 
「私も! やっと会えた~、ホントに嬉しい、たどり着けて良かった」
 
2人でハグをして、再会を喜んだ。
 
「この経験があれば、世界中どんなところにも行けるって思うでしょう」
 
「うん、そう思う、何とかなるし、助けってあるんだね~」
 
ちょっぴり成長した自分を感じた。英語が話せなくても、身振り手振りと熱意で伝わる。
 
鬼退治とは、自分の安全領域から出て一歩踏み出す勇気を持つこと。自分の中の恐れや、不安を乗り越えると、その後には、ちょっぴり成長した自分を感じられる。内側から自信が溢れてくる。
 
来た時と同じロスアンゼル空港、行きは冷たい空港と感じてた。帰りは、何だか親しみのある暖かい空港に見えた。世界が優しく感じられた。
 
最近は一人旅してないなぁ~。そろそろ旅に出てみたくなった。
 
 
 
 
*** この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【6月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《5/2までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-05-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事