fbpx
メディアグランプリ

土は究極のデトックスだ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:佐藤薫 (ライティングゼミ・平日コース)
 
 
「あんたのところに泥棒が入っているよ。」
「なかなか畑に来ないから、せっかく大きくなったのに盗まれちゃうんだよ。今からすぐ来て収穫しなよ」
朝からは泥棒に出くわして興奮気味の農家のおじさんの電話で目が覚めた。
 
私は6年前からひょんなことで父と私の友人の3人で農業をやっている。
普段は別の仕事をしているので週2回だけしか畑に来れない私たち。行かない間にぐんぐん大きくなった野菜が収穫されず実っていたら、目にした人は盗りたくなるのかもしれない。
 
都会に暮らしている私たちは畑まで車で30分かかるし、それぞれが仕事を持っているので今から来いと言われても簡単にはいけない。
 
電話のおじさんは私たち素人を指導してくれ、畑を貸してくれている農業の師匠で、私たちに代わって畑の見回りまでしてくれている。
 
せっかく大きくなった野菜を盗られたことを怒ってくれているおじさん。だけど私は「欲しいなら言ってくれたらあげるのに」と盗まれたことにあまり怒りはない。
 
というのも、この夏、育つスピードが速すぎて畑に行くたびに採り切れないほどの野菜たちが私を待っているからだ。「はあ~、またこんなに大きくなって、誰かあげる人いない?」と頭を抱えてしまう。
 
無農薬、有機肥料で丹精込めた野菜を頼まれているお客さんの家に配達しているが、お客さんの分を除いても有り余るほどの大量のキュウリ。
冷蔵庫には酢漬けにしたたくさんのきゅうり、ぬか漬けにした大量のキュウリでいっぱい。
キュウリばかり食べて河童になるかもと子供が冗談でいうくらい毎日キュウリを食べている。
 
7月の今の時期はキュウリ、トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、インゲン、ジャガイモ、キャベツ、リーフレタス、バジルなどが収穫でき、特にキュウリとナスの出来が良すぎて、もう大変。
 
畑をやっていると周りの人からうらやましがられることが多いが周りでもやってみたいという人が多いがそんなに簡単じゃないのが農業。
 
週2回でもこんなに大変なのに毎日、朝早くから作業をしている農家の人には本当に敬意を表したい。畑を貸してくれている農家さんを見ても暑い夏は日が昇る前から作業している。そうしないと陽射しが強すぎて耐えられないから。農家さんは世界一の働き者だと思う。
 
農業は過酷な仕事であると自信をもって言える私がなぜ、6年も畑仕事を続けているのか?
 
それはもちろんうちの野菜を待ってくれているお客さんがいるから。お客さんといっても知り合いばかりで、大した人数はいないけれど「おいしい」と言ってもらうと頑張ろうという気持ちになる。
 
しかし、それ以上にやめられない理由が畑を通して感じる自然の四季折々の尊さ。何もない畑にいると暑さや寒さなどの気温の変化を肌で感じる。
春にはフキノトウやつくしが出てきてヒバリが鳴き穏やかな風を感じる。
梅雨の時期は恵みの雨だけれど降りすぎると作物が腐りダメになる。
夏に向かってどんどん気温が上がると作物もぐんぐん大きくなって、一緒に草もぐんぐん大きくなるので草むしりが大変。
秋は収穫。サツマイモなど実りの時期。
冬も過酷だが畑に行くと土の上の霜柱がきれいだったり、雪の中でも育っている白菜に驚いたり。
 
普段の生活では感じられない四季の変化は時には穏やかだったり、過酷だったりといろいろな顔を見せてくれる。
 
そんな畑が私の中で癒しになっているのだ。
 
土は究極のデトックスでもある。これは畑でなくても家庭菜園のプランターでも何でもいい。作物が土から栄養をとって種から目が出て大きくなって実をつけるように土に触れていると何だか元気が出てくる。まるで土から自分も栄養をもらっているみたい。
 
ちょうど畑を始めたばかりの頃、母が亡くなり失意のどん底にいた私をこの畑、土が救ってくれた。
 
野菜を待ってくれているお客さんがいることと、できるだけ忙しくして母のことを思い出さないようにしたいと思い、葬儀が終わるとすぐに畑を再開した。
最初は母のことを思い出して暗くなってしまっていたが、土に触れていると悲しい気持ちを土が吸収してくれるみたいに私はどんどん癒されていった。
 
野菜の成長を間近で見ていると立ち止まってはいけないという気持ちにさせるから不思議だ。
 
野菜がぐんぐん大きくなるのを見て、私もどんどん元気になった。
 
「二日酔いは家に居るより畑に来たらすぐ治るぞ」と農家のおじさんが言う。
不思議なもので行ったときは頭が痛くても土に触れているとすぐに頭の痛みがなくなる。
 
なので、私と友達は仕事に疲れてしまったり人間関係に悩んでいる友達に声をかけて畑に連れてくる。畑が究極のデトックスで身体や心にたまったドロドロを消してくれるから。
 
みんなに「元気になるから畑においでよ」というと最初は半信半疑で来るけど、帰りには元気なって「また来るね、ありがとう」と言って帰っていく。
 
土は元気を与えてくれるし、デトックスもしてくれる。ほんとに? と思う人は騙されたと思って試してみてほしい。
 
 
 
 

***
 
 
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《7/21(日)までの早期特典あり!》


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-07-18 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事