fbpx
神奈川有数の観光スポットである鎌倉は、文学の街でもあります。その由来は、多くの作家や文学者が移住をしてきたことにあります。 その鎌倉に所縁のある作家・文学者のエピソードを鎌倉文学館館長であり、文芸評論家としても第一線で活躍している富岡幸一郎氏にお話を伺い、皆さまにお伝えをする企画です。 是非、鎌倉で文学の香りを味わってください。

What’s New?

2022-05-18

【文豪の心は鎌倉にあり 第10回】西洋の近代を受け止めて国学へとたどり着いた小林

2022-05-18

【文豪の心は鎌倉にあり 第10回】西洋の近代を受け止めて国学へとたどり着いた小林

2022-01-26

【文豪の心は鎌倉にあり 第9回】小説家のスケールを超えた文士・大佛次郎 後編《天

2022-01-26

【文豪の心は鎌倉にあり 第9回】小説家のスケールを超えた文士・大佛次郎 前編《天

2021-08-30

【文豪の心は鎌倉にあり 第8回】林房雄:鎌倉文士の代名詞的存在の顔と三島由紀夫と

2021-08-30

【文豪の心は鎌倉にあり 第8回】林房雄:鎌倉文士の代名詞的存在の顔と三島由紀夫と

2021-05-10

【文豪の心は鎌倉にあり 第7回】芥川龍之介は鎌倉で青春時代を明るく過ごしていた【

2021-05-10

【文豪の心は鎌倉にあり 第7回】芥川龍之介は鎌倉で青春時代を明るく過ごしていた【

2021-03-22

【文豪の心は鎌倉にあり 第6回】鎌倉・円覚寺に座禅を組んで苦しんだ夏目漱石【後編

2021-03-22

【文豪の心は鎌倉にあり 第6回】鎌倉・円覚寺に座禅を組んで苦しんだ夏目漱石【前編

2021-02-15

【文豪の心は鎌倉にあり 第5回】「入門三島由紀夫 文武両道の哲学」発売記念イベン

2020-12-14

【文豪の心は鎌倉にあり 第4回】三島由紀夫:没後50年、残した言葉を振り返る・後

1 2