fbpx
メディアグランプリ

目指さないキャリア


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
 
記事:オノミチコ(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
「キャリアというものは、自分の歩いてきた後ろにできる轍のようなもの」
 
先日参加したセミナーで聞いて、強く印象に残った言葉だ。
キャリア、と聞くとそれだけでわかったような気になっていたけれど、「自分の後ろにできるもの」という意識はあまりなかった。
むしろ、「目指すキャリアのために」とか「キャリアを描く」とか、どちらかというと自分の先にあるもののように思っていた。
 
言われてみれば、キャリアはもともと英語の”career“から来ているだろうし、空港や駅でよく見るキャリーケースの「キャリー」だって同じ語源のはず。
そう考えれば、自分の先にある道筋ではなくて、自分が歩いてきた道を振り返ったときにできているもの、であることは容易に想像がつく。
 
いつからキャリアは「目指すもの」になってしまったのだろう。
 
大学を卒業したとき、私は将来の展望がまったく見えていなかった。
世の中にどんな仕事があるのかもよく知らないまま就職活動をし、必要だと言われる自己分析は表面的にしかしていなかった。
行きたいと思う企業はあったけれど、その「行きたい」という想いも、知名度やイメージが先行して、業界研究や企業研究は中途半端だった。
当然のことながら、第一志望の企業には採用されなかった。
 
就職活動をナメていた、と言えばそれまでだが、なんというか、何を目指せばいいのか自分でもよくわからなかった。
漠然と「こんなことがしたい」というものはあったが、それをどう実現したらいいのかわからなかったし、そもそもそれが自分に合っているのかもわからなかった。
そのために自己分析をするのだろうけれど、考えれば考えるほどわからなくなって、面倒くさがりの私は、ついには考えることを放棄した。
 
なんとなく就職をし、なんとなく仕事をした。
そんなものだと思っていた。
 
その後、まったく別の業界に転職をし、今はまた別の業界に身を置いている。
いずれも、流されてたどり着いた。
最初から目指していたわけではないし、それぞれの仕事はなんのかかわりもないように見える。
けれど、いま自分がいる場所は、昔から憧れていた分野に近い場所だ。
気づかないうちに、ここまでたどり着いていた。
 
「キャリアには、山登り型のキャリアと川下り型のキャリアがある」
 
冒頭のセミナーで話題になったのが、この「川下り型」のキャリアだった。
目指すものが明確にあって、そこに向かっていくのが山登り型。
一方、川下り型は、目の前のことに対処しながら、結果としてどこかにたどり着く。
 
やりたいことを見つけよう。
好きなことを仕事にしよう。
 
そんな言葉を目にするたびに、やりたいことや好きなことが明確になっていない私は「このままじゃいけない」と不安にかられていた。
目指すものがなければ、どこにもたどり着けないんじゃないかと不安だった。
 
けれど、ちゃんとたどり着いた。
振り向けば、そこには自分だけのキャリアがあった。
 
もちろん、実現したいものがはっきりとしている人はそれでいい。
目指すもののために努力して、一歩一歩近づいて、まっすぐと突き進んでいける人。
そういう人が私はとてもうらやましい。
 
やりたいことが見つからない。
将来の目標が決まらない。
 
だから踏み出せない、という人は多いと思う。
けれど、それならそれでいいんじゃないだろうか。
 
やりたいことかどうかわからなくても、とりあえずやってみる。
将来の役に立つかどうかわからなくても、興味があればやってみる。
興味がなくても、いやだと思わなければやってみる。
 
目指すものが明確じゃなくても、できることは必ずある。
まっすぐに進めないからこそ、積める経験がある。
世の中は目まぐるしいスピードで変化していて、自分の計画が役に立たないときだってある。
 
だったら、今できることをやればいい。
「ずっとやりたいこと」がわからないなら、「今やってみたいこと」をやればいい。
ひとつひとつは関係がないように見えても、その点はいつか必ず線になる。
点が多ければ多いほど、線を引くのは楽になる。
 
キャリアは自分の後ろにできるもの。
それは、仕事に限らず、生きるなかで身につけていく点がつながってできていくもの。
 
これからどんな場所にたどり着くのか、自分でもちょっと楽しみだ。
 
 
 
 
***
  この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《11/10(日)までの早期特典あり!》


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-11-08 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事