fbpx
メディアグランプリ

夏休みは「おうちDEヒロシ」!


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:Nobu Fujioka(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「今日は何して時間をつぶそう……」
 
お子さんとのおうち時間をもてあます、そんな悩みをお持ちの方。
今年は おうちで「ヒロシ」になってみませんか?
 
子供達の今年の夏。
一体どうなってしまうのか?
コロナの影響で夏休みの期間は短くなることが決まっているらしい。
おまけに東京都民は都外に旅行に出かけられる雰囲気ではないみたい。
 
大人の娘を持つ私には ‘夏’ はなんとかやりすごせそうではあります。
しかし、小さい子供を持つ保護者の方々にとっては見過ごせないこと。
 
休みが少なく、学校に行ってくれるのは助かる。
でも自発的自粛の中、いざ夏休みになってもでかけられるところがない。
どうやってすごそう。
心配がいっぱいでなにもできない。
映画もこわい。プールにいくのもなんとなく心配。
外は暑いし、子供同士で密にあそばせるのもまた心配。
 
短い夏休みでも、自宅でずっと過ごすなんて気が遠くなる。
休みにどこにもいけなかったら、どうやって毎日すごせばいいの?
 
小学生の孫を預かるわたしの母も悲鳴をあげてます。
 
いまは大きくなったわたしの娘。
その長い休みにわたしがよくしていた過ごし方。
それは「ヒロシ」になること。
 
「?」って、なりました?
まず、ヒロシさん、ってどんな方かといいますと……。
ヒロシさんはキャンプ動画のYouTubeで人気の芸人さん。
その動画登録者はなんと83万人!
なんでもご本人は1人静かなキャンプをするために地元に山を買われたそうです。
 
それにちなみ、かつて我が家で大活躍だった過ごし方をご紹介します。
こう名付けさせていただきます。
「おうちDEヒロシ」
 
あ、何をするかもうわかってしまいました?
 
キャンプは準備も大変。
出かけるのも大変。
こんな時代、なかなか実現が難しいです。
 
そこで「おうちDEヒロシ」。
正直にいえばおうちでキャンプ、というかキャンプ風?
用意はこんな感じです。
 
1 部屋の中に空間を作る
(机、椅子を部屋の端に寄せる。面倒くさいが重要なこと)
2 傘の先端をきれいに拭き、傘を開けて部屋中にテントを作る
(傘の梁や先端がとがっているものは避けましょう!)
3 バスタオルをその下に敷く
4 家にある小物でキャンプの雰囲気をかもし出す
(懐中電灯の用意やスツールで小さいテーブルに見立てる、などなど)
5 食料の確保
(お弁当とおやつの準備)
 
そして最も大切な準備!
それは ‘ここはキャンプ場だ’ と、保護者が全力で信じ切る気持ち!
キャンプに来ているのだから、家事のことは忘れるのです。
 
準備はいいですか?
さあ、キャンプの始まりです!!!
 
好きな傘の下に寝そべって本を読んだり。
お弁当を食べたり。
お腹いっぱいになったら、お昼寝したり。
 
この‘傘を敷き詰める’ ということを驚くほどに子供が喜ぶんです。
親と子で一緒になって、傘をどんどんひらいて部屋に置いていく。
家で傘なんてひらいたことない!
だから、まずそれからして楽しい時間。
親の方も何かをしながらでは出来ない作業。
最初は面倒くさい気持ちで始めながらもいつの間にか全力投球。
親と全力で向き合える時間はこどもには分かるもの。
こどもは楽しみ、すっかりキャンプ気分になります。
 
そして、お弁当。
作るときには、もちろんこどもにもお手伝いしてもらいます。
いっそ、キャンプの定番のカレーを作ってみるのもいいかも?
他には、おにぎりを握ったり、プチトマトに串をさしたり、ちぎったり。
小さいこどももできることはたくさんある。
時間なんていくらかかってもいい。
いや、むしろ時間をたくさんつかって欲しいですよね(笑)
 
自分も手伝ったお弁当は美味しい。
おにぎりにおかずは冷凍の唐揚げだったとしてもね。
キャンプだから(!)より美味しくかんじられる。
(我が家はだいたいこれでした……)
おやつも食後にすぐに食べてしまったりして。
 
作業をすれば、お昼寝もしてくれる。
いや、むしろしなければならないことから解放された親の方が先に寝込んでしまうかも?
ふっと目が覚めたら、テレビを見ながらこどもとごろごろして。
「嵐が来た!」「熊が来た!」ごっこ遊びも楽しいでしょう。
 
夕方の鐘をきいたら、キャンプは終了!!!
おうちキャンプはいかがでしたか?
意外に親の方もリフレッシュ。
 
こどもがすこし大きくなったら、こんどはこどもだけでおうちキャンプに送り出しました。
こどもは親友と2人でキャンプ。
いまは密をさける時代だけど、どちらにしろ1つの傘に定員は1人。
離れておのおの楽しんでくれることでしょう。
こどもが遊んでいる間は親の自由時間。
本を読むも良し、はりきっておやつを作ってあげるも良し。
 
そうそう、最近は「たき火」の動画が人気らしい。
この動画をみて、寝付きがよくなるという噂もききました。
炎の揺らぎは癒やしになるそうなのです。
そんな動画をながしておくのも
この時代のキャンプらしくておもしろいかもしれないな。
などと思いながら、たき火の動画を眺めてみます。
あたたかい赤色の炎がゆらゆら、とゆれる。
おっと、なんだかボーッとしてきましよ。
 
もう一度やりたいなあ。楽しかったなあ。
娘と傘を広げたあの頃。
いつまでこどもの相手をしなければならないのか? とおもっていました。
終わりがこないようで、ちょっと疲れてもいました。
けれどもこどもが大きくなった今、もうあんな遊びはすることが‘できない’。
こどもにつきあううちに、いつの間にかこちらもこどもになれる。
貴重な時間だったなあ、と振り返っています。
 
懐かしいあの日々。
今の我が家の傘立てには、このところずいぶん傘が増えてきた気がします。
久しぶりに 家で傘を広げようと誘ったら、こどもはどんな風に答えてくれるかな。
「あのときは、楽しかったなあ」
その一言がもらえたなら最高です。
 
 
 
 
***

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 https://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-08-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事