fbpx
メディアグランプリ

最悪の結果を招く前に


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:KATO RISA(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
このままでは、40代になるころには総入れ歯かもしれない。
いま私の歯は、30代前半にして2本神経をぬき、奥歯はほとんど銀歯だ。
 
私は虫歯になりやすい。昔から歯並びが悪く、恥ずかしながら磨き残し
が多いんだと思う。ふと気がつけば、歯がチリチリと痛み出し、
冷たいものがキーンとしみる。学生の頃は治療のお金を惜しんで
虫歯ではない、虫歯ではない、とごましかしながら我慢に我慢を重ね、
気づけば涙ぐみながらご飯を食べ、眠れなくなるほどの痛みを抱えていた。
やっと眠れたと思っても、歯がボロボロと抜けていく夢をみた。
 
2・3カ月程度歯医者に通い、やっと全部の治療が終わった!と
思っても、気を抜くとまた1・2年であっというまにまた、
虫歯だらけになってしまう。そのループにはまり、いまは4周目くらいの
治療がおわったところだ。
 
家を引っ越すたびに、近くの歯医者にかえていろいろな治療を
重ねてきたが、いま通っている歯医者の待合室で衝撃を受けた。
 
「日本の定期受診率は約6%、海外は80~90%。
高齢になって自分の歯が残っている本数は、
海外にくらべ日本は1/2以下です」
 
待合室の画面で、グラフとともに流れてきた文字。
 
よ、予防か・・・・・・
 
言われてみれば当たり前のことだが、
私はそれができていなかったから、何度も虫歯を繰り返してしまっていた。
 
もちろん、今まで通っていた歯医者でも全部の治療が終わっても
1カ月後、3カ月後、と定期的にハガキが届き、
「そろそろ定期検診をしませんか?」 と問いかけられる。
 
でも、歯が痛むわけではないし、見た感じ黒くもなっていないし、
しっかり歯磨きしていれば大丈夫、とハガキを捨てていた。
 
思えば周りでも、定期的に歯医者で検診をしていると
いう話をきいたことはない。
 
今回の治療もだいぶ歯を削った。
数年前に治療して銀歯をかぶせていた歯も再び虫歯になって、
以前の銀歯をはずして新しい銀歯をはめる。
 
当然ループを繰り返すたびに削る白い部分は少なくなり、
銀色の部分は、どんどん広くなっていく。
以前は奥歯だけだったのに、少しずつ前のほうの歯にも
進出してきて、口をあけて笑うとチラっと銀歯がみえてしまう。
幸い、いまはマスクで隠せるけど。
 
もう一度虫歯だらけの状態から、全治療のループを繰り返したら
40歳になる頃には総入れ歯かもしれない・・・・・・
 
危機感が高まり、私は「予防」をはじめてみることにした。
 
歯ブラシだけでどうしても取り切れない汚れはフロスでとる。
 
歯だけはなく、歯茎や舌もきれいにする。
 
そして、重要なのが定期検診。
 
1カ月に1回程度、歯医者でしっかり歯のおそうじをしてもらう。
 
院長先生は毎日30分以上歯みがきを丁寧にするそうだが、
それでも、とれない汚れがあるそうだ。
 
毎日の自分のケアと、歯医者でのプロのケア、
両方の力が大切だと歯科衛生士さんに教えてもらった。
 
自分の力だけで、虫歯にならないようにしようと思っていたのが
間違いだったのか!!
 
30すぎてやっと気がついた。
 
もしかしたら、生活の中に同じようなことはたくさんあるんじゃないだろうか。
 
病状が悪化してからいく病院。
成績がガタ落ちしてからいく塾。
肌がボロボロになってからいくエステ。
人生最高体重になってしまってからいくジム。
 
プロの力をかりるのは、最悪の状況になってからが多い気がする。
プロに頼めばお金もかかるし、時間もかかる。
自分でできる限りなんとかしようと悩んで悩んで、結局
どうしようもなくなってから相談をはじめる。
 
だけど本当は、最悪の結果にならないための「予防」として
プロの力をかりるほうが、実はコスパがいいのかもしれない。
 
歯医者だって、今までの全ての治療のお金と時間を
思えば、歯科矯正ができたかもしれない。
 
そもそも子どもの頃に「歯を矯正したい」って素直に両親に
言えていたら、今より銀歯の本数も少なかったもしれない。
 
だから最近の私は、ちょっと心配ごとがあったらなるべく
早い段階でその道のプロに相談するようにしている。
 
咳がとまらないなと思ったら、風邪だと決めつけずに病院にいってみる。
そうしたら、思いがけずPCR検査をしてもらえて、陰性だとわかり、
検査で喉や肺もなんともないことがわかり、咳もでなくなってきた。
 
保険いまのままでいいのかなと思ったら、マネーセミナーにいってみる。
そうしたら、その場では勧誘はされないし、興味があったから
個別相談をしたら、今まで考えたことがなかった積立方法を教えてもらえて
保険代が大幅に安くなった。
 
ライティング・ゼミに参加したのも、文章力あげたいけど、
自分では何をすればいいのか分からなかったからだ。
プロの考え方やテクニックを直接きけ、少しずつ課題を書き上げる
ペースも上がってきた。
 
悩みごとや心配ごとは、自分一人で解決しようとしない。
それが虫歯から学んだことだ。
 
そうだ、きっと私はもう、虫歯を繰り返さない。
 
 
 
 
***

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 


 
人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-11-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事