fbpx
メディアグランプリ

コンプレックスという名の影


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

澤村 貴子(ライティング・ゼミ 日曜コース)
 
 
あなたは、コンプレックスがありますか?
この答えにノーを言える人はほとんどいないと思う。
オードリーヘップバーンは、鼻が高すぎることがコンプレックスだったとは有名な話。
強く願うのに絶対叶わない現実、それがその人にとってのコンプレックスだ。
コンプレックスは、人を強くし、ひねくれもさせる。
 
私の母は、学歴がないことがコンプレックスだった。子供の頃は、親というものはそんなものだと思っていたので、母のコンプレックスに気付くことはなかったが、今になって思えば、学歴コンプレックスは、おそらく母の人生にずっと影のようにつきまとってきたのだと思う。
 
母は、高校受験に失敗をした。
そこから手に職をつけるべく、服飾の専門学校に行き、そのまま服飾の仕事についているので、別に高校なんてどっちでもよかったじゃないのと思うが、当の本人は全くそう思っていなかったようで、10代の挫折をその後の人生、ずっと引きずっていた。
 
母は、娘である私を、とにかく大学に入れることにこだわっていた。
大学を出て何を学ぶのか、その後どうするのかはどうでもよく、私を大学に入れることだけが母の目標だったのである。
そして、私は母の望み通り、大学生になった。大卒という肩書きだけは身につけた。母も十分満足した、と思った。はずだった。
だが、根本からは、解決しきれていなかった。当たり前だ。過去は変わらないからだ。
そう感じたのは、私が大学を卒業し、しばらくたってから、ポツリポツリと母が高校受験に失敗した時の話をするようになったからだ。
 
受かると思っていたみんなが行く普通の公立高校に落ちた話。
7人兄弟で誰も落ちていないのに、末っ子の自分だけが落ちた話。
父親(私の祖父)に恥をかかせてしまった話。
 
四半世紀も引きずるくらいなら、15歳の時、もっと頑張っておけばよかったのにと思う。母も死にたいくらいそう願っただろう。ただ、娘の私でも、そんなことを言えるはずもないくらいの重たい話ぶりなので、私はいつも、ふううんと聞くだけだった。
ただ、こうして誰かに話せるようになったということは、少しは、母のコンプレックスが軽くなっていたのかもしれない。同じ経験を話すにしても、何度か話すうちに少しずつ明るさが含まれているように私は感じていた。
 
ほどほどの努力で、身の丈に合った学校を目指し、第一志望の学校に入った私は、母のような強烈な学歴コンプレックスはない。しかし、私ももちろん、コンプレックスを抱えた人生だ。
 
幼少の頃から思春期、と色々内容は変わったが、今後の人生において、きっと私が抱え続ける最大のコンプレックスは、結婚したことがないことと子供を産んでいないことだろう。
 
生涯独身率は上がり、子供を産まない女性も増えているが、そんなデータは、当事者にとっては、何の気休めにもならない。
結婚できていないということは、傷口に塩をすり込む言い方をすれば、この世の誰からも、選ばれなかったということなのだ。誰からも一番には思われなかったのだ。
 
いやいや、選びすぎたでしょう、一人でも平気なタイプでしょう、仕事頑張ってきたのでしょうと、気を使って色々言われるが、どれも当てはまるようで当てはまらない。
確かに、選ぶほどではなかったが、わがままだったかもしれない。一人で過ごすことは確かに平気だし、寂しがりではない。仕事はそれなりに頑張った。
でも、結婚相手を選びに選んでいた友人もなんだかんだ気の合う人を見つけて結婚しているし、私なんかよりずっと一人を好む友人も結婚して楽しそうに一緒に暮らしている。私の100倍仕事に情熱を注いでいた友人も、結婚している。
どれも私が独身でいる理由にはならないのだ。
 
なぜ独身なの?と聞かれて、本当にその答えは私が教えて欲しかった。
特に、結婚したくないと思っていたわけではないのに、できなかったからだ。
 
そして、子供。
結婚以上に私は、子供は産んでみたかったし、育てたかった。一緒に育ちたかったなと思う。かけがえのない、自分の子供を持つという感覚を人生において体験してみたかった。
 
結婚も子供も、思うようにならないことばかりとも友人たちはいう。
それも含めて、私は経験したかったなと思う。
経験しなければ、意見や感想を言う権利すら持てないのだから。
 
私は、この先の人生後半の四半世紀、結婚して家庭を築いてこなかったことをずっとコンプレックスに生きていくのだろう。
おばあちゃんになった私は、このコンプレックスを周りに話せるようになっているのだろうかと想像をしてみる。
 
なぜか、しっくりこない。
私は強く本気で願ったのだろうか。本当にあらゆる努力をしたのだろうか。
ひょっとしたら、まだ克服できることがある、かもしれない。
十分に中年だけれど、まだまだ人生折り返したばかりだ。
 
コンプレックスを克服したいと願うことは、人生の目標にもなる。
誰かに語る自分を想像するのは、もう少し頑張ってみてからでも遅くないと思っている。
 
 
 
 
****
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 




人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2021-04-10 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事