fbpx
メディアグランプリ

首と肩のこりには、目線まっすぐがポイント

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:みつしまひかる(ライティング・ゼミ「超」通信コース)
 
 
ああ、首がこる、肩がこる、腰が痛い。
現代人の共通の悩みではなかろうか。
 
コロナ禍によるニューノーマルによって、在宅勤務がメインになった人も多かろう。
この場合、デスクワークメインの仕事だろう。
 
僕は入社して約10年間研究開発に携わってきた。
データまとめや資料作成はあるが、7-8割くらいは実験室で作業をしており、立ったり座ったり移動したりを繰り返していた。だから、そのあと企画部に異動してデスクワークの割合がほぼ100%になると、首や肩のこりと腰痛がひどくなった。
デスクワークできついのはやはり、長時間のPC作業だ。
ひたすら座りっぱなしで、前かがみでノートPC画面をのぞき込み、同じ姿勢でキーボードを打つか、画面をスクロールする。
その姿勢が身体にとって良くない。
僕はよくピップエレキバン的な貼り薬を使って、痛みを和らげてきた。
 
成人の頭はボーリングの球くらいの重さがある。
指に穴を入れ、腕を折り曲げて肩肘から指先・ボールまで垂直に持つことは簡単にできても、肘を開いて指先・ボールを前に持っていくと数秒こらえるのも相当つらい。
この負荷が首にかかっているのだ。
 
なら目線を上げられればいいじゃないか。
そのために僕が実際に使って良かったものをまずは2つ紹介したい。
 
まずはノートPCスタンドだ。ノートPCの下にスタンドを設置して、画面の高さを確保する。
このとき、PCを真横に見ると、時計の針の4時0分、いや、3時55分に近い。
キーボードの下端(手元側)は机に接した状態であり、キーボードを打つ際に支障はない。
このときディスプレイの下辺は机から7 cmほど上がった状態となる。
目線の角度からすると、10°程度上向きになるだろう。
これがそうバカにならない差なのだ。
 
僕の場合、これだけでも、肩こり軽減のために貼っていた貼り薬の使用頻度が1/3以下に減った。
使っているのはamazonで発注した折り畳み式のもので、2000円程度だ。畳めるので省スペースでもある。
 
そしてもう一つのアイテムはモニターだ。
モニターは何らかの台の上にのっけても良いし、高さ調整と角度調整ができればなお望ましい。
ノートPCとモニターを接続して使うと、いよいよ目線は真正面に近くなる!
さらに、モニター画面はノートPC画面よりも大きいので(あえて小さいものを選ばなければ)、作業効率も格段にアップする。場合によっては、モニターとノートPCの2画面を駆使してもよい。
 
ノートPCとモニターのそれぞれの解像度、さらに、直接ケーブルでつながず、間をアダプターでつなぐ際には相性がいいか事前に確認してから買おう。安ければ1万円程度のものもある。
 
前かがみ自体は大したことないと思われがちであるが、長時間のデスクワークが数か月でも続くことを考えると、その負担が無視できないことは想像できよう。
僕はこのスタンドとモニターの両方を使い始めてから、滅多に首と肩に貼り薬をつかうことがなくなった。
今あなたがその悩みに苛まれているなら、ぜひトライしてみてほしい。
 
以上のように、目線をできるだけ真正面に近づけると、あなたの首への負担はかなり軽くなるはずであり、この意味ではノートPCスタンドとモニターはとても良い味方になってくれるだろう。
 
結局のところ、姿勢が悪いとその部分だけではなく、全身に影響してくる。
だから2つのアイテムは、首こりと肩こりに直接的な効果を示すだけでなく、腰痛の改善にも間接的な効果がある。
 
しかし、腰痛がひどくより直接的に軽減したいなら、やはりイスも替えたいところだ。
オフィスで使われているイスはそれなりに質が良いものも多く、在宅勤務に切り替わった際に、そのありがたさに気が付いた人も多いだろう。僕もそうだ。
デスクワークがメインであれば、質の悪いイスに座り続けるのは赤字体質が続くことに近い。
赤字は累積していく。夜眠るだけでは回復できないようになってくるのだ。
 
質のいいイスは安くはないけれど、腰が常に痛い日々を過ごすことを考えるなら、少々出費が高くついても、メリットが上回るのではないだろうか。個人差もあるため、できれば現物を見て試してから購入しよう。
外れたら安くない分それなりにショックだし、何より問題が解決しない。
 
また、姿勢の悪さはネガティブな感情も連れてきてしまう。
これを機に、下向きライフを脱し、真正面を見据える心身ともに健康なデスクワークを心がけよう。
 
もちろん、30分に1回はちょっと立ったり、軽く肩や首を回し、ストレッチしたりすることもお忘れなく。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


 


2021-07-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事