fbpx
メディアグランプリ

無敵のアラフォーキッズ服


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:ebikawa(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
仕事終わりにスマホを覗くと、女友人3人とのLINEトークルームが盛り上がっていた。
 
数十件と溜まっていた未読をノロノロとさかのぼっていくと、なにやらハワイをテーマにしたユニクロの新しいシリーズが良いという話題であった。友人がユニクロのウェブページのスクリーンショットも貼っていて、見ると、確かにオシャレな柄のアロハシャツやTシャツが並んでいる。
 
中でも、ハワイの地図のイラストが散りばめられた柄のアロハシャツは「これ、ebikawaに似合いそう」「絶対似合う」と、私が着たら似合いそうだという話題が、本人不在のうちに勝手に盛り上がっていた。
 
うーん、確かに。好きな柄である。
自分で好きな服を選ぶのと違い、自分のことをよく知っている他人が似合いそうな服をおすすめしてくるというのは新鮮だ。しかも、確実に私の好みをついていて、唸らせられる。さすが長年の友人たちだ。
 
……ただ、この商品写真でアロハシャツを着て笑っているモデル。
7歳くらいの少年なのである。
 
そう、友人たちおすすめのそのアロハシャツは、男児向けのキッズ服なのだ。
これがもし新幹線とか車がポップに描かれたような、いかにも男児向けの柄であったら、私は「お前たちは私を何だと思っとるんじゃい! 目を覚ませ!」と友人たちの肩を揺さぶりに家を飛び出すことになるのだが、そうではない。小さい子が着ていたらかわいいが、ふつうにオシャレなシャツにも見えてしまう絶妙な柄だ。
しかも、服のサイズは100センチから160センチまで展開されている。モデルは7歳くらいだが、一応、中学生くらいの少年まで対象にされているらしい。そして、私の身長は164センチ。幸か不幸か、体型は凹凸もあまりない。
「ギリギリいけないこともないか?」という思いが頭の中にチラついた。
 
しかし、たとえサイズはいけるとしても、キッズ服である。
アラフォーになって、若い世代向けの服はだんだんと似合わなくなってきた。今の時代、私服は人の目なんか気にせず着たい服を自由に着るのが一番とも思うのだが、「世間から見て痛い人間になりたくない」という気持ちも確実に存在する。
 
アラフォーの女性がキッズ用の、しかも対象性別も違う服を着る。そんなことしていいのか。「痛い」んじゃないのか。でも誰も気づかないんだったら別にいいのではないか。いや、気づかれたとしても別にいいんじゃないのか。何も悪いことはしていないのだから。
 
もやもやと悩んだが、当のアロハシャツは1900円で、試しに買ってみて、なんなら失敗してもいいかなと思う価格だ。ちょっと冒険してみたいという誘惑に負け、さらには友人たちの後押しもあって、結局私はアロハシャツをネットショップで発注した。
 
楽しみにすること数日、ユニクロからの荷物はすぐに届いた。箱を開けると、ウェブサイトの画像で見たとおり、ふつうにオシャレにも見えるアロハシャツが入っている。
早速着てみると、ボタンをかける向きがいつもと違うことに気がついた。そういえば男女でボタンの向きが違うと聞いたことがある。これまで男性の服を見ても特に気にしたことがなかったが、本当に違うのだ! 初めて自分の身をもって経験して、いつもと違う、決められた枠を超えた服を着ているんだ、とワクワクした気持ちが高まってきた。
 
慣れない手つきでボタンを留め終えると、鏡の前に立つ。サイズはきついところもなく、ぴったりだ。そして、想像では似合っていても、いざ着てみて「痛い」感じになってしまったらどうしよう、と心配していたが、そういう感じもしない。拍子抜けするくらい、ふつうにアロハシャツを着ている人だ。しかもおそらく、友人の見立て通り、私に似合っている。
 
とりあえず友人たちとのLINEトークに、アロハシャツを着た自撮りの画像を送った。自撮りなんて普段は絶対嫌がってやらないのに、完全に調子に乗っている。友人たちからも、「めっちゃ可愛い!」「似合う!」「それ着てハワイ行きたいね」という嬉しい反応がすぐに来た。
 
それから浮かれた私は、アロハシャツを着たまま、早速近所のスーパーへ買い物に行った。道を行く人々は、誰も私のことなど気にしないだろう。しかし、私の心の中では「はい、私、キッズ用の服をふつうに着ちゃってますよ!」という自意識でいっぱいだった。
さらに、決められたファッションの枠を飛び越えたことで、いつもより自分は遠いところまで行けるような、いつもより自分はなんでもできるような、謎の無敵感にとらわれていた。いわば、マリオのスター状態である。
とはいっても行先はスーパーなので、スター状態になっていても、いつもなら重くて諦めるペットボトルを買ったことくらいしか影響はないのだが。
 
最近、若い人のファッションでは男性がレディースものを着たり、女性がメンズものを着たりなどもしているとよく聞く。また、リモートワーク中は男性もワンピースを着ると快適だという記事も読んだことがある。もちろんオシャレや快適さが理由でやっている人がほとんどだろうが、枠を飛び越えた服を着たときの解放感や無敵感も、ひとつの後押しとなっているかもしれない。自分でキッズ向けの服を着てみて、はじめてそんなことに気が付いた。
 
これから私も、メンズでもキッズでも、逆におばあちゃん向けでもなんでも、似合いそうな服があれば枠を越えてチャレンジしていきたいと思う。もちろんユニクロの一般流通数を考えると、通りすがりの7歳の少年とおそろいになったりするリスクは大いにあるのだが、そういう障壁も、自意識のスター状態でマリオのように乗り越えていきたい。
 
 
 
 
***

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2021-07-16 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事