fbpx
メディアグランプリ

女性取締役の嵐に翻弄された、人事の話


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:mihana(ライティング・ゼミ8月コース)
 
 
「人事って、何か偉そう……」
そんなイメージがあるのではないだろうか。
私も、以前はそう思っていた。
 
新卒で入社した会社に勤務して、今年で8年目になる。最初の3年は、コールセンターに勤務していた。その時、私にとって人事というのは、直接話したりメールを送ったりすることでさえ、緊張してしまうような存在だった。
 
ところが、入社4年目で、私は人事異動により、“人事”になってしまった。
 
異動して最初に思ったことは、人事にはやることがたくさんあるということだ。採用や研修、異動調整、労務管理、給与計算……挙げればキリがない。傍から見ていた時には、あまりやることがなさそうで、お気楽な部署だと思っていたけれど、想定外に多岐に渡る仕事をこなしているということが、来て数ヶ月も経たないうちに分かった。
 
様々な仕事の中で、私が一番好きなのは、研修の仕事だった。新入社員研修、昇格者研修……。どんな内容の研修にするか、誰に講話してもらうか、いろいろ考えるのは、とても楽しかった。
 
初めて担当したのは、若手女性のための、キャリアに関する半日の研修だった。入念に準備は行ったものの、司会を務めることもあり、研修当日はとても緊張していた。女性取締役にも同席いただくことになっていて、更に緊張感が高まった。
 
最初は、会社で活躍しているベテラン女性の方々に、今までのキャリアについて講話いただくパートだ。若手女性は、熱心に話を聞いている。順調な滑り出しだった。
 
その後、ベテラン女性と若手女性をいくつかのグループに分け、女性のキャリアについてディスカッションをしてもらうパートになった。私はしばらく椅子に座って、その様子を眺めていた。どうやら、どのグループも、話が盛り上がっているようだ。
 
「よかった、よかった……」
すっかり安心していたその時、後ろからいきなり喝が入った。
 
「人事が偉そうに、何ぼけーっと見てるのよ! 早くどこかのグループに入って、話を聞きなさい!!」
女性取締役だった。
 
この日が初対面だったのに怒られた私は、内心「ひえーっ」と思いながら、慌ててグループに入った。話を聞いていると、出産や育児など、女性ならではの悩みを抱えながら、皆働いているのだと実感することができた。
 
ディスカッションが盛り上がり、少し時間が押していた。司会だったので、「終了です」と言おうとマイクを持ったとき、またも女性取締役の喝が入った。
 
「盛り上がってるんだから、もう少し伸ばしてもいいでしょう。司会はね、様子を見つつ、臨機応変に進行するものなのよ!」
確かに、皆夢中だったので、ここで切り上げるのは勿体ない。私は、その後のプログラムを微調整し、ディスカッションを延長することにした。
 
終始ドキドキしっぱなしだったが、初めての研修は無事に終了し、若手女性は、皆満足した様子で帰って行った。女性取締役も帰ろうとしていたので、私はお見送りをしつつ、お礼を伝えた。すると、最後の喝が入った。
 
「人事なんだから、もっと従業員と向き合って仕事しなさい。自分から寄り添って、話を聞くの」
そして、エレベータ-に乗り、振り向きざまに言った。
 
「人事は、皆に、あなたの言うことならなんでも聞く、と思ってもらわなきゃダメ。人の心を掴むの。人心掌握が、人事の仕事よ」
 
まるで、ドラマのワンシーンのように、エレベータ-のドアが閉まった。
 
ディスカッションの時、人事がいると従業員が遠慮してしまうかな……と思った気持ちも、ないわけではない。ただ、実際参加してみると、そんな心配は不要だったし、参加したことにより、従業員がどんなことを考えているのか、知ることが出来た。また、従業員の盛り上がりが分かったからこそ、臨機応変にプログラムを調整し、研修を更に良いものにすることが出来た。
 
たった数時間の研修の間に吹き荒れた、女性取締役の喝の嵐は、とても激しかったが、人事にとって、仕事にとって、大切なことを学ぶことが出来た。それは、相手に自ら寄り添い、向き合う姿勢だ。見ているだけ、聞いているだけではなく、そこから一歩踏み出すのだ。
 
寄り添い、向き合い続けることであれば、私にも出来るかもしれない。偉そうな人事じゃなくて、身近な人事を目指すのだ。心を掴めるようになるには、まだまだ修行が必要かもしれないけれど。
 
今でも、仕事で悩んだ時には、嵐の日を思い出す。すると、自分にもまだ出来ることがあるかもしれないと、今日も頑張ろうと、そんな風に思えるのだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2021-11-24 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事