fbpx
メディアグランプリ

ポイ活アプリで健康になった話


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:ぬもさん(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
なんだか背中が痛い。筋肉痛のような痛みだが、運動した覚えがない。
背中に違和感を感じつつ、寝たら治るだろうと思って放っておいた。
しかし、1週間経っても痛みは変わらない。
不安になって「背中 筋肉痛のような痛み」で検索した。
「心筋梗塞」「尿路結石」「腎臓」など恐ろしいワードの数々ばかりが表示され、顔が青ざめる。
嘘であってほしい。恐怖に怯えながら、夫に相談した。
 
「最近背中が痛くて調べたら、こんな結果が出てきたんだけど……」
「それは運動不足が原因だよ」
「えっ?」
思っていなかった返答に目が点になってしまった。「病院に行ったほうがいい」とか「心配だね」とか言ってくれると思っていたのに。運動不足の一言で片付けられてしまった。
 
 
確かに社会人として働いてから、10年近く運動はほぼしていない。
30代になりお肌の乾燥は気にしてスキンケアを入念にするようになったが、体のメンテナンスはほったらかしだった。
本当に運動不足なのか? そう思いつつ、普段の生活スタイルを振り返ってみた。
 
朝、6時30分に起床。朝ごはんは食べずに、身支度を整えて8時30分頃会社に到着。
Webデザインの仕事をしているため、仕事中はほとんど席から離れることはない。ミーティング時と昼食、トイレの時だけしか離席していない。
帰宅は20時30分頃。夕ご飯を作り、シャワーを浴びて、TVを見る。就寝は0時30分くらいになる。
こうして振り返ると、運動どころかほとんど歩いてすらいない。
前屈をしてみても、20代の時と比べて体が硬くなり、体にしなやかさがなくなっていた。私の体は、熟成されたお肉というよりも腐敗が進んだ野菜のように腐りかけていた。
夫の言葉は正しいのかもしれない。
 
このままではすぐにヨボヨボのおばあちゃんになってしまう。危機感を感じて体のメンテナンスを決意した。
と言っても、もともと運動嫌いのインドア派の私が、バリバリ運動をこなすのは不可能だった。
まずは見た目から入ろうと思い、ウォーキングにぴったりなウェアを購入。自宅にはヨガマットを敷いて、筋トレやストレッチがいつでもできる環境を整えた。
しかし、購入したことで満足してしまった。実際に活用したのは3〜5回ほど。
会社から帰ってきて、寝るまでの間にちょっとやればいいやと思っていたのが間違いだった。実際にやろうとすると、10分後にやろう、30分後にやろう……どんどん先延ばしにしてしまう。最後には寝る時間になってしまい、ストレッチをやらずに1日を終えてしまう。
 
あー、もう無理だな。そう思っていた時、父が病気になった。
膀胱癌だった。ステージは4で、手術しても全て取り切れるかどうかわからない状態だった。
それを知った途端、もっと1日を大切に過ごさないと後悔してしまうのではないかと思った。
肩の痛みを感じた時の「病気かもしれない」と思った恐怖心を、私はいつの間にか忘れてしまっていた。
日々の仕事の疲れにだらけてしまってはダメだ。もう一度身体を見つめ直そう。
 
 
自分に合った体メンテナンスは何がいいのだろう?
思い浮かんだのは、ポイ活アプリだった。ポイ活とは、ポイント活動を略した言葉で、ポイントを効率よく貯めて使うことを示す言葉だ。
テレビなどの特集で知ってはいたものの、お買い物を上手にこなす人が使うものだと認識していた。私のような三日坊主の人種とは無関係なものだと思っていた。
しかし、日経トレンディによる2022年ヒット予想ランキングの1位にポイ活アプリの「Miles」がランクインしていたことで興味を持つようになった。
今までの買い物が中心のポイ活アプリと違って、移動をすることでポイントを貯められるというアプリだ。貯めたポイントは、様々なものに交換することができるらしい。毎日の通勤など、何気ない移動分もポイントとして変換されるのであれば、嬉しいことはない。
 
早速、アプリをダウンロードしてみる。
私がダウンロードしたのは、「Miles」と「トリマ」の2つのアプリ。どちらも移動距離分をポイントに変換してくれるものだ。
まずはいつも通りの生活でどのくらい貯まるのか試してみた。すると、歩いた分だけがポイントとして貯まると思っていたが、電車で移動した分もポイントとして蓄積されていた。何もしなくても1日約100〜200ポイントが自動で貯まっていく。
2つのアプリを試してみたが、どちらも問題なく使えている。強いて言えば、トリマの方がポイントが貯まりやすい。動画広告を見るだけでポイントが加算されるという独自のポイントシステムがあるからだ。
 
だんだんポイントが貯まってくると少しづく行動範囲も広がってくる。
お昼を買いにいつもは会社から近いコンビニへ行っていたが、最近はちょっと離れた別のコンビニへ行くようになった。帰宅する時も、少し遠回りをしながら帰るようになっていた。
気がつけば、1日約3000歩しか歩いていなかった私が、今は約6000〜10000歩も歩くようになっていた。
違和感のあった背中の痛みも自然となくなっていた。体力も前よりもあるように感じる。
貯まったポイントで何と交換しようかなという楽しみもできた。
 
ポイ活でこんなにも身体に影響が現れると思っていなかった。もっと早くからやっていればよかったなと思いつつ、今日もポイ活に励んでいる。
みなさんも、ポイ活で楽しく体メンテナンスを始めませんか?
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2021-12-08 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事