fbpx
メディアグランプリ

休みたい休めないと言っていたら


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:塚本 よしこ(ライティング・ゼミ2月コース)
 
 
うっうう……
食器も洗い終わり、さあ寝ようというタイミングだった。
急に腹痛に襲われ、しゃがみこんでしまった。痛みが次々に襲ってくる。何これ?
変なもの口にした? お腹を押さえ、身もだえる。こういうのが結石?
とにかく激しい痛みだった。とりあえずなんとかトイレに向かう。
娘を寝かせなきゃと焦りもあるが、どうしようもできない。1時間近い挌闘の後、少し落ち着き、布団に入った。
 
いやあ、もう勘弁して欲しい。
疲れきって少しは眠れた。しかし、何度も痛みがやってくる。
4時頃だったか、うまく寝付けぬままトイレに行った。
ん? え? 赤い。
こんな時、うわー! ぎゃー! と叫べない私は、何もなかったように布団に戻った。
 
今のはナンダ?
あー痔かな、痔に違いないね。そう思って、もう一度寝ようとする。
しかし、なかなか眠れない。
よくない病気だったらどうしよう。いや、きっと大丈夫。そんな思考を繰り返す。
朝が近づいてきた。そのうちこれも治まるだろう。今日は休日。明日まで続いたら病院に行こう。
 
娘の朝ごはんを作る。私は何も受けつけない。まだお腹が周期的に締めつけられる。午前中だけでも、赤い色を数回見た。友達にメールする。
「救急に行った方がいいよ!」
「やっぱり? 車の運転できるうちにいくわ!」
急いで出かけようとした瞬間、また、きゅうっとお腹を締めつけられた。厳しいかも……
結局、友達に休日診療まで送ってもらった。
 
「腸を休めるために入院かもしれないので、この後すぐ総合病院に行って下さい。紹介状を書きますね」
えっ入院? えっ、総合病院に?
とりあえず今日救急に来ておいてよかったようだ。
 
タクシーに乗り病院へ向かう。60分待ちとあったが、待合は比較的空いていた。
名前を呼ばれ、問診。それから別室に案内され、気づくとベッドの上にいた。
あっという間に装置が付けられる。
ピーピーピー。覚えのある音と心電図。左手には点滴。あーやだな、こういうの。
しかし、すぐそこに先生や看護師さんがいることで、落ち着いている自分もいた。
 
「では、CT撮りに行きますね」ベッドが動く。え、歩けますけど。
扉が開き、少し冷えた廊下に出た。天井だけ見える中、方向がぐるぐる変わる。
また扉が開き、白い機械の前に。
 
長いんだろうか? 途中お腹が痛くなったらどうしよう。動いていいんだろうか?
機械の中に入っていくの?
そうだ、ドラマだと思うことにしよう! 私が怖い時に使う手法だ。
今からはCTを撮るシーン。これは私ではない、私は観察者。
 
体が大きなドーナツに吸い込まれていく。息を吸ってー、止めて。ブンブンブンブンブン。
ドーナツの中が騒がしい。蜂が飛び交うような、F1のような音がした。
再び体の位置がずれる。息を吸ってー。止めて。ブンブンブンブンブン。
そんなに時間はかからなかった。
なんだ、大丈夫だ。再び天井の白だけを見て、元の部屋に戻っていった。
 
「虚血性腸炎だと思われます」
やっぱり何もないわけなかったか。
「絶食して腸を休めることになると思います。入院はできますか? 入院はできないとかありますか?」
 
「あ、あ、何日くらいですか?」
「3日から1週間くらいかと」
先生をじっと見てしまう。
 
「あ、はい、わかりました」
入院……何から考えていいのか分からなくなった。
 
えーっと、あっ
「すみません、すみません」看護師さんを呼ぶ。
「やっぱりできるなら入院は避けたいです」
娘の行き先が決まってなかった。
 
先生が誰かと話して戻ってくる。
「貧血もないので、今日は帰宅していいです。明日、また外来に来てください」
よかった、入院は免れた。
 
次の日も特に入院を勧められることはなく、経過は良好で帰宅できた。
ただ、しばらく仕事は休むこととなった。
 
さて、一連の出来事を通して、何を感じたか?
原因は、お腹をこわした衝撃で、腸の粘膜から出血したのでは? ということだった。
けれど、あー、あの食べたものが悪かったのかな? これからはやめておこう! ということには落ち着かなかった。
 
お餅を焦がす。パンを焦がす。とにかく3回に1度は何かを焦がす。
同じ靴を、間をあけて2つ買ってしまう。眠い眠いが口から出る。
仕事の合間に車で寝てしまう。左目の奥がキーンと痛む。これが最近の私。
 
職場は手薄な状態が続いていて、「休みたいけど、休めない」
そんなことを数日前に綴っていたところだった。
 
何かを焦がすのは、私にとってアラームだ。
慌しい、余裕がないと知らせている。
そんな警告を無視し続けると、こんなに激しいアラームが身体に鳴り響く。
 
結果「休みたい!」という願望は叶った。けれど、こんな方法で叶うなんて!
 
タスクを重ねても、やりこなせる自分像を持ち続けるのはやめよう。
色んなことに降参していこう。それが、人生後半を生き抜く知恵になりそうだ。
 
仕事を休んだ朝、そこには起きた瞬間から戦闘モードのいつもの私はいない。
「肩に力が入るね、肩の力も大地にお返ししましょうね」
柔らかい舞の先生の言葉が浮かぶ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-03-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事