fbpx
メディアグランプリ

娘が帰ってこない朝


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:平井 理心(ライティング・ゼミ4月コース)
 
 
娘が帰ってこない。朝7時。
心臓がつぶれそうだ。
 
昨日のお昼過ぎ、娘はアルバイトに行った。娘は自宅近くの飲食店でアルバイトをしている。母子家庭である我が家は、大学生の娘に十分なお小遣いを渡せられない。そこで、娘は自ら稼ぎ、大学生活を潤いあるものにしようと努力してくれている。本当に優しい娘なのだ。
昨日は、近所でマラソン大会が催された。「今日は、忙しくなりそう」と、娘は張り切って出かけて行った。
 
昨夜、私が寝る時には娘は帰ってこなかった。いつもアルバイトから帰ってくるのは夜1時を回っているので、気にせず寝ることにしていた。娘からも「先に休んでいてね。理心はお仕事大変なんだから」と、言葉を掛けてもらっていた。本当に思いやりのある娘なのだ。
 
朝起きて、私はいつものように出勤の支度をした。そして、前の日に誕生日プレゼントとしていただいた指輪をはめた。その輝きが、私の心を躍らせた。
自宅を出る時間になった。このとき娘は、いつものように疲れて起きてこないのだと、私は思い込んでいた。自宅を出るとき、娘に声をかけた。返事がない。娘の部屋を覗いた。姿がない。娘にLINEした。応答がない。
心臓がつぶれそうになった。
 
酔いつぶれて、寝ているのだろうと考えた。私も学生のころそういうことを度々していた。
そうだ、娘もバイト終わって友だちと飲んで、そのまま友だち宅で寝坊しているのだろう。
お昼まで待とう。お昼まで待って連絡がなければ警察に相談しよう。
私は自宅を出た。
 
でも、心配だった。
通勤中、私は神様と取引した。「娘が無事に帰ってきますように。私の想像のとおり、ただ酔いつぶれて、どこかで寝坊しているだけでありますように。娘が無事なら、代わりに私はどんな困難も背負います」と、何度も心の中で手を合わし、頭(こうべ)を垂れた。
 
それでも、不安でたまらない。
指輪が色あせる。飲み物さえうけつけない。まわりの笑い声が遠くに聞こえる。
私の仕事は患者さんの相談にのること。でも今日は、患者さんの話を聴いてもちゃんと頭に入ってこない。こんなことは初めてだった。
 
過去に、彼氏と別れた直後に仕事をしたことがあった。哀しみが溢れて涙が止まらなかった。しかし、仕事開始の5分前、見事に涙はとまり、仕事に集中できた。このとき私は、男がいなくとも、仕事があれば生きていけると実感した。
でも、娘のこととなるとやっぱり違うのだ。
 
気持ちを紛らわすために、席が隣の同僚Iちゃんに「K(娘)が帰ってこなくてさぁ、きっと友だちと飲んだくれて、友だちのところで寝ているんだと思うんだけどね」と、つとめて明るく言った。Iちゃんは私の気持ちを汲んでくれた。「Kちゃんは、理心さんを悲しませるようなことは絶対しないよ。そういう一線を越えることは、たとえ酔っていてもしないよ」と言ってくれた。その言葉は私の大きな支えとなった。
 
そこから、仕事をなんとか続けた。娘のことが気になりながらも目の前の仕事と格闘していると、少し気がまぎれた。
 
10時49分。娘からLINEが入った。「今起きた」「学校いきます」
身体が一気に緩んだ。視線が落ちると、指輪の輝きが目に入ってきた。
 
夕方、仕事を終えて、ようやく娘に会えた。娘からお酒の臭いがした。
娘は「お酒飲んで記憶なくしたのは初めて。お店で寝てた。こんなに人に迷惑掛けたのも生まれて初めて」と、青い顔でつぶやいていた。
 
私は、静かに自分の思いを伝えた。
「無事で帰ってきてくれてよかったよ。すごく心配だった。でも、どこまで心配していいか、正直わからなかった。自分も大学生のころは、お酒飲んで、昼まで寝てて、慌てて学校に行って……って、何回かやっちゃったから。Kもそうかなって思ってた。でも心配だったよ。同僚のIちゃんがね、『Kちゃんは、理心さんを悲しませるようなことは絶対しないよ。そういう一線を越えることは、たとえ酔っていてもしないよ』って言ってくれたんだ、だから……」
娘の両目から、涙が溢れた。
 
私はゆっくりと続けた。
「今回のことで思い知ったよ。Kがいないと、きれいな物みても、楽しいこと聞いても、何も感じないし、何も喉を通らない。お仕事さえできなくなるんだよ。無事に帰ってきてくれて、本当に良かったよ」
娘は涙で顔をくしゃくしゃにしながら、何度も何度も頷いていた。
 
娘は、まだ二日酔いが抜けていないようだった。気持ちが悪いといって、夕飯はグレープフルーツだけを食べている。その隣で、私は缶ビールをプシュッとあけた。喉を通るビールの刺激が爽快だ。さらに、娘が好きなカニクリームパスタをほおばった。娘は嫌な顔をした。私はしたり顔だ。だって、めちゃくちゃ心配したんだ。これくらいの意地悪はさせてもらうよ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-05-11 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事