fbpx
メディアグランプリ

寒くてつらい日々も乗り越えられる、そんな運命の恋人に出会った。しかも百均で。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:立石(ライティング・ゼミ京都会場)
 
 
冬が苦手だ。
 
もう間に合わないというギリギリまで布団からは出られず、何をするにも意欲がわかず、それに反して食欲だけは無限にわいてくる。
何もできずに体重だけが増えていく、本当に冬が苦手だ。
 
できることなら春が来るまでエアコンも床暖もつけっぱなしの部屋にこもり、寒い空気にみじんも触れずに過ごして冬を無効にしてしまいたい。
昨年はこれを実践すべくエアコンをつけっぱなしにして、月の電気代が2万円近くになった。この部屋に暮らしているのはわたし一人だというのに、なんたる光熱費。
この燃料高の折を同じように過ごしたら、冬をいなしたとて電気代にぶん殴られて立ち上がれなくなるだろう。
 
そこで今年は、室温を上げることはほどほどにし、身にまとう衣類で体感温度を上げようと考えている。
ライトダウンジャケット、登山用のダウンパンツ、厚手のおうち用ソックス、そして百均のリストウォーマーを身にまとえば、全身 隙なくぽっかぽか。
軽くて温かい衣類、バンザイ! これで冬にも打ち勝てそうだ。
 
特に最後のリストウォーマーはすごい。
毛糸の手袋の指部分を付け根からちょん切ったような形をしていて、親指と残りの4本指とは露出している。なので、スマホもPCも読書も食事だって、はめたままなんなく楽しめる。
手を洗うときや調理をする時はさすがに外さないといけないが、それも服の袖をまくるようにグイッと肘側へずらすだけで済む。手袋と違って失くす心配もなく、ずいぶん手軽なものだ。
 
先程も言ったが、指は5本すべてが外に出ている。
覆われているのは、手の甲・手のひらと手首の下10cm程度のものだが、外に出ている指先も不思議なことに全然つめたくならない。
手首を温めておくと、手のひらや指先にもあたたかい血液が巡っていくからだろうか。「首と名のつく箇所を温めると(あるいは冷やすと)よい」という話はよく聞くものだが、ここまで効果テキメンなものかと驚いてしまう。
 
就寝時につけたまま寝てしまっても大丈夫。手袋のような窮屈感や蒸れもないので、むしろつけて眠るのが心地いい。末端の冷えが気にならなくなるおかげか、いつもより深く朝までぐっすり眠れてしまう。
Yakult(ヤクルト)1000が手に入りづらくて困っている方にも、ぜひお試しいただきたい。
 
こんなに暮らしを快適にする素敵なものを、百円均一ショップで見つけたのだ。近頃の百均には300円や500円の品も売られているが、リストウォーマーはきちんと100円だった。本当にありがたい。
気軽に買えるということは、手入れにも気を使わず気軽にできるということだ。
素材は化繊の毛糸だが、普通に洗濯機で洗っても問題なし。その後タンブラー乾燥にもかけてみたところ、洗い上がりこそ少し縮んだように見えたが、使っているうちに馴染んできてこちらも問題なしだった。
 
あえて難点をひとつあげるとすると、毛糸のごわつきくらい。
手に装着している分には気にならない質感だが、あくびで出た涙の目元を拭うのには少し硬く感じるゴワゴワ感といえば伝わるだろうか。
店頭では、私が手にした毛糸製だけでなく、カットソー生地やウエットスーツを薄手にしたような生地のものも見かけたので手触りが気になる方はそちらを試してみてほしい。
 
とはいえ私にとってはこのリストウォーマーは百点満点だ。ぽかぽかあったかくて窮屈じゃなくて気が置けない存在。あれ、これって長く一緒に入られる恋人みたいじゃないか。売価こそ100円だったけど、私にとってはこの上ない価値のある存在だ。
 
あまりにこの品に満足しているので、他の製品を探そうともしていないのだけど、もっといい素材のものとかきれいな色のものとかも世の中にはあるんだろうな。
家族や友人にもオススメしたいので、クリスマスプレゼントにはさらに素敵な品を探すのもいいかもしれない。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-12-14 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事