fbpx
メディアグランプリ

クソアイデアで実現する缶ビール1本ほろ酔い術


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:庄司華(ライティング・ゼミ6月コース)
 
 
※医学的根拠に基づきません。
 
「1日1本(350ml)にする。まずはそっから始めようよ」
今年の4月、健康診断での産業医の言葉だ。
 
皆さんはどのくらいの頻度でアルコールを嗜むだろう。
私は毎日。土日に至っては起きている間毎時間。
計算してみると、去年1年間の1人宅飲みだけで、約150本のフルボトルワインと576本のビールロング缶(こっちはAmazon定期便なので間違いない)を空けていた。
 
正直、産業医の言葉は何一つ心に響かなかった。けれど、名刺交換の際に震える両手や心許ない口座残高、妊婦ばりに丸々とした腹を見て、目が覚めた。
「禁酒しよう」
そう誓った4月20日を、鮮明に覚えている。
(同日仕舞い込んだ体重計の在処は思い出せない)
 
そして翌日、私は酒を飲んだ。
まだ1/3ほど残っていた700mlのラム酒を枯らし、久々にトイレの便器に頭を突っ込んだ状態で目を覚ました。ふらつきながら戻った部屋の床には(おそらく自分が誤って割った)赤ワイン。おつまみのビーフジャーキー。読んでいたであろう『SLAM DUNK』全巻。
「愚かか⁇⁇」
片付けがだるいとかラム酒も結構太るよなとか、赤ワインの染みで三井襲撃事件のリアリティが増しちゃったとか、そんなことに絶望したわけじゃない。三日坊主にすらなれない自分に心底引いたのだ。
 
そして悟った。
あの医者は正しい。
まずは1日1本(350ml)を目指そう。
 
だが簡単ではなかった。毎日最低1ℓは酒を飲んでいた人間が、急に約1/3の量にして酔えるわけがない。飲めないと思うと飲みたくなる。手が震えようが貯蓄が減ろうがデブだろうが、どうだっていいと心底思った。
幸いしたのは、私が負けず嫌い文京区代表だったことと、企画職モドキに就いていたこと。一度は己の欲望に負け醜態を晒したが、今度はアイデア力を武器に絶対に勝ちたいと思った。要は1本で満足できればいいのだ。泥酔は求めていない。ちょっと頭がふわふわするか、眠気が襲ってくれればいい。
 
ここからは私が数多試した中で、おすすめ1本ほろ酔い術TOP5をご紹介しよう。
※真似て起きた事故等に一切責任を持ちません。
 
【5位】
水500mlをイッキしたのちにビールをイッキ
お腹がたぽたぽになれば「もう飲みたくない」となるはず。そう目論み実践し、見事予想通りだったわけだが、酔いは一切回らなかった。それもそうだ。「酔い覚ましに水を飲め」は鉄則であり、先に大量に飲んだとなれば胃の中のアルコール濃度は限りなく下がる。多分そういう理屈だと思う。
とはいえ1本で終了できたので5位にランクイン。ほろ酔いランキングの名に相応しくないのは承知だが、全然意味を為さなかった6位以降に比べたらマシなので紹介してみた。
 
【4位】
嘔吐シーンのある映画を見つつ晩酌
これもほろ酔いにはならないが、手軽だし作品によっては1本以下のアルコール摂取で満足(というより気持ち悪くてストップ)できるので4位。
『スタンド・バイ・ミー』『エクソシスト』『スペル』あたりが有名だが、昨年公開の『逆転のトライアングル』もなかなか良かった。酒欲だけでなく食欲も減退できるのでダイエット向きかもしれない。ただ、慣れると気にならなくなるので、徐々に効果の薄れる手法だ。
 
【3位】
2日に1度徹夜する
「眠気こそが最大の減酒の助け」作戦である。
もともと夜2時までに寝れば朝6時から余裕で活動できるショートスリーパーなので、期待大で挑戦。2日に1度、一晩中趣味に打ち込める点は最高だった。懸念として、初日は忍耐力のみで1本セーブをする必要があったが、2度と負けないという強い気持ちのおかげでギリ頑張れた。負けず嫌いバンザイ‼︎
ちなみに翌日以降はちゃんと1本でほろ酔い。疲れていると酔いやすいってマジなんだ! と感動した。
3位の理由は、人間の体が2日に1度の徹夜に適応しなかったこと。2度目の徹夜明け時点で思考力が死んだし、翌日は寝たのに疲れが取れない。日中の無気力感たるや……周囲に怒られそうなくらいエグかった。社会人として致命的なので、ニートになるまではリピナシだ。
 
【2位】
めちゃめちゃでんぐり返ししてから飲む
友人発のクレイジー作戦。自分に関係がないからって適当言いやがる。が、予想外に効果はあった。
まず、でんぐり返しを10回ほどした時点で吐き気に襲われた。その後、一応ビールを飲んだが、もちろん「もう1本!」な気持ちにはならない。ほろ酔いより船酔いに近い酔い方だけれど、酔えればなんだって良いのでヨシ。一歩間違えるとマーライオンになりそうなので2位の結果に。
 
【1位】
スピンバイクを全力漕ぎしながら飲む
これがマジで良い。大優勝。
スピンバイクとは、ダイエットでよく用いられる家でチャリが漕げるマシンを、やや本格的にしたもの。ボトルホルダーが付いているものも多く、酒がセットできる点もポイントが高い。
とにかく全力で漕いで、漕いで、漕いで漕いで漕いで、給水したいタイミングで酒を飲む。マジで回るので、ビールより度数の高い酒だったらちょっと危ない気さえする。運動をしたことへの達成感と酔ってふわふわの頭の相性たるや……え、これ合法でいいんですか⁉︎ って感じだ。良いんです。路上でやったら飲酒運転ですけどね。
 
そんなこんなで、現在も私は毎日1本の約束を守っている。厳密には、平日の1人晩酌時には守っている。
仕方ない。令和になったって飲みニケーションは存在するし、酒を自由に飲めない土日なんて寝て過ごす一択になってしまう。ちなみに痩せてはいない。スピンバイクの消費カロリーってクソ低いらしい。名刺交換の手も未だ震えている。しゃらくせぇ。これは緊張だ。禁断症状じゃあない。
 
でもいいのだ。平日は自分の欲に勝っているから。
口座残高は未だ侘しいけれど、減りはだいぶマシになった。
 
今はただ、来年の健康診断が待ち遠しい。
産業医へ開口一番に言ってやるのだ。
「減酒、成功しましたよ!」と。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2023-06-29 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事