fbpx
メディアグランプリ

今年の抱負 ダイエット

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:京 みやこ(ライティング・ゼミ12月コース)
 
 
年の初めにはその年の抱負を決める人が多いのではないだろうか。
 
学生の時はクラスで発表する機会があるので、なんとか絞り出して決めていたように思うが、大人になるとそういう機会がなくなり、なんとなく一年が始まり一年が終わっていった。抱負がなければ年末の達成感もない。
 
70歳になったのを機に、一年前の年始に抱負を決めることにした。しかし決めることにした、と自分で意欲的にし始めたかのような書き方をしたが、実は目標を決める必要に駆られてのことだった。
実は体調が少し悪くなり、原因がわからず、体調も良くならないので病院に行った。そしていろいろ検査をすると、大きな病気ではなかったのだがコレストロール値が高いと指摘されてしまった。
 
「お薬を飲みますか」
 
医者からそう聞かれた。わたしはできるだけ薬を飲みたくない派である。
 
「先生、飲まないといけませんか」
 
「飲まなければならないという数値ではないので、どちらでもいいですよ。飲めば早く数値が良くなると思いますが」
 
との事。
 
「先生、わたしは薬を飲みたくないのですが、かまいませんか」
 
そう聞くわたしに、医者は
 
「じゃ、また三ヶ月後に血液検査しにきてください。お大事に」
 
と軽く言われたので、わたしは薬を飲まないで高コレステロール値と戦うことになった。
 
そして新年、今年の抱負は必然的にコレステロール値を下げることに決定となったわけである。
 
まずネットで高コレステロール対策を検索。ネットでは薬を飲まずに治すための方法がいろいろ載っていた。
 
それらを読むと、やはりわたしの今までの生活が高コレステロールを引き起こしていることがわかった。鏡で体型を見ると、下腹がぼこん! 腰痛で整骨院通い! 1日のほとんどを座って暮らす生活! 甘いもの大好き!
全ての生活状況が高コレステロール値をもたらす要因であった。
 
年始にあたり、一念発起! 自分の今までの生活を改めることにした。まず、1日に1時間歩くこと。そして食事制限!
 
しかし、決めたからといって、なんの問題もなくできるはずがない。今まで70年間の生活の習慣が重くのしかかる。体の細胞が昔の不健康な生活に戻そうとしてくるようだ。
運動したくない、ソファーで寝ていたい、椅子に座ってテレビを見ていたい。したいことをして生活してきた一人暮らしの弊害が身体に表れてきたのだ。
 
1日1時間歩くと決めても、それを見張っているのは、私のみ。たとえ今日外に出かけなくても誰にも何にも言われない。そして誰も「ウォーキングの時間だよ!」 と言ってくれない。つい夜にテレビを見ながら、甘いものを食べても、誰も「だめだよ!」と言ってくれない、これが一人暮らしなのだ。そしてコレこそ不健康な体を作るのに最適な環境となっていたのだ。
 
これをそのままにしておいては血液の検査結果は改善されない。それで次回の病院の予約の日までに、数値を揚げて目標にすることにした。
「体重を1キロ減らす!」
これなら、何か達成できそう。
しかしネットで、一ヶ月後に1kg減らすための方法を検索すると出てくる出てくる、たくさんの方法が出てきた。その中で、高齢者でしかも自分に甘い人にもできる方法として私が選んだのは、カロリー計算だった。
以前カロリー計算のダイエットをしたことがあったが、面倒臭いのですぐにやめてしまった過去がある。その時は目標を自分で定めたので続かなかったのだが、今回はあるトレーナーが推奨している高齢者向きの方法にした。
 
高齢者は基礎代謝が減っているのでそれを考慮し、そしてタンパク質量を落とさないで体力を維持できる方法だったので、それにかけることにした。
今まで多くのダイエットに挑戦してきたが、いつも2、3日で体重が落ちるが、その後必ずそれを上回るリバウンドをしてきた。お腹が空いて我慢できないというか体が必然的に欲しているような食欲が必ず私を襲い、食欲に負けてきた。
このダイエット方法はそれを指摘していた。体に必要な食物を取らずに体重を落としても、必ずリバウンドする。だから、体に必要な栄養素をしっかり摂って、計算することが必要。そのために食品を万遍に取ることが大事だと述べていた。
これを読んで、十分理解し、この方法に従うことにした。
基礎代謝量から、1日の必要なカロリーを計算し、一ヶ月後に1kg痩せるために、1日にどれだけのカロリーと食品を摂取すれば良いのかを計算してくれた。
そして台所にデジタルスケールを置き、全ての食品の重量を測った。そして日記に全ての食品の重量とカロリーを計算し、晩御飯を終えたところで、全カロリーを計算。
夜テレビを見ながら、何かおやつを食べたくなったときには、1日にすでに摂ったカロリーの値を見て、まだ食べられるかどうかを判断。すると我慢ができるようになった。
まだタンパク質をなるべく取るようにしたせいか、以前のように体の底から食べたいというような我慢できない食欲は一切なくなった。
そして1日1時間のウォーキングは楽しいので続き、時々2時間歩くこともできるようになった。
そして三ヶ月後、血液検査は10減っていた。そしてまた三ヶ月後、また10減っていた。そしてさらに三ヶ月後また10。
徐々にではあるが、着実にコレストロール値は減り続け、体重も新年から年末には3キロ減。そして明日は1年後の病院。
 
先生から「もう病院に来なくてもいいですよ」の言葉をもらえるか、楽しみである。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2024-01-17 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事