fbpx
メディアグランプリ

片づけで人生は変わるのか?


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:なつなつ(ライティング・ゼミ10月コース)
 
 
「どんな人生を歩みたいですか?」
初めて行った片づけ講座で最初に講師の方から投げかけられた質問だ。
 
いや、片づけだぞ。なぜ人生?
片づけを、ただ物をきれいに収納することだと認識していた私は思った。
 
私が片づけを始めたのは子どものイヤイヤ期が激しかった10年ほど前だった。
息子を病院に連れて行こうと準備していた時、彼が着替えを嫌がったことが引き金になり、私のイライラが爆発した。
 
朝の家事を済ませて準備をしていたのだが、息子の保険証が見つからない。予約時間が迫る中ようやく保険証を探し当て、着替えさせようとしたら着替えないと暴れたのだ。
時間ギリギリなのに暴れるな!子どもを怒鳴りながら無理やり着替えさせたのを覚えている。
 
その後冷静になって考えた時、私はいつも探し物に時間を取られていて、そのイライラを息子にぶつけているのだと思った。
 
息子がイヤイヤするのはどうにもできないけれど、探し物を減らすことはできる。
 
そして本を読みながら片づけを始めてみた。
しかし、子どもが生まれて急に物が増えた家を片づけるのは難しく、かといってプロにお願いするのは気が引けた。
 
先ずは片づけ講座で学ぼうと出向いた先で言われたのが冒頭の「どんな人生を歩みたいですか?」だった。
 
先生いわく、片づけのファーストステップはゴールを決めること。
片付いた家でどんな暮らしがしたいのか、どんな時間を過ごしたいのか、更にその先の人生を描く。そうすることで物を選ぶ軸ができるとのこと。
 
突然、人生と言われて全く答えられない自分にも驚いた。
子育てに一生懸命で、目の前のことをこなすので精一杯。自分の人生を後回しにしていることに気が付いた。
 
しばらく考えて出てきたのは「一人の時間が欲しい。一人でカフェに行ってゆっくりしたい。映画を観に行きたい」そして「子どもが幼稚園に入ったら人のお役に立てる仕事をしたい」だった。
勿論、探し物を減らして子どもとの時間を笑顔で楽しみたいというゴールも描いた。
 
ゴールを描いたら実際に物を全部出して、自分が描いた未来に必要な物を選び取り、使用頻度を見極めて収納していくというのが大まかなステップだと教わった。
 
早速、家に帰って実践した。
1日に作業できるのは息子を寝かしつけてから1~2時間。
毎晩引き出しを1つずつ全部出して必要な物を選ぶ作業をコツコツと続けた。
 
最初はキッチンから。
料理が苦手な私は「時短!」「便利!」という物を買う傾向にあり、結局それらを使わずに収納がパンパンで、キッチンが使いにくくなっていることに気がついた。
掃除グッズなども同じだった。
物が多すぎて在庫管理ができず、押し入れから消臭剤が7本出てきた時は「どれだけ臭いの?」と我ながら呆れた。
 
そして、一番大変だったのが洋服の整理だった。
 
アパレルに勤めた経験があり、子どもの頃から洋服が好きだった私は寝室のクローゼットを占領し、それだけでは収まりきらず押し入れの下段にも私の洋服が詰め込まれていた。
 
こんな高い物もう買えないかも知れない。まだまだ綺麗だし……。
全然減らせない。
 
全部出して減らす作業を5回くらい繰り返して、ようやく全部の洋服がクローゼットに収まる量にまで減らせた。
 
洋服と向き合う作業は自分と向き合う作業だった。
アパレルや広告代理店という華やかな仕事をしていた自分の過去への執着。
おしゃれで素敵なママと思われたい。
〇〇くんのママではなく、私個人として認めて欲しい。
 
そんな思いを握りしめて、押し入れに詰め込んで、人生前に進められるの?
自分に言い聞かせながら洋服を手放して行った。
 
そして、物を「選ぶ」作業ができるようになると、時間の使い方や自分の在り方も選べるようになっていった。
 
テレビを見るようなダラダラ時間を減らし、面倒だなと思う家事はできるだけ手抜きをして短時間で済ませ、子どもと楽しむ時間や自分の時間を楽しんだり、勉強したりする時間を増やす努力をした。
 
それまでは、毎日ただ漫然と過ごしていたのが、自分が描いた未来を作る時間を意識して選ぶことで毎日が充実した。
 
感情面では、自分がご機嫌でいることを選ぶと意識することで、物事をポジティブに捉えられるようにもなった。
また、自分がご機嫌でいられない環境や人とは距離を取るようになった。
 
家全体を片づけるのに1年かかったが、使いたい物がすぐに取り出せるようになり、暮らしやすくなった。探し物に費やす無駄な時間がなくなり、ストレスフリー。家事の時短にもつながった。
 
何よりも自己理解が深まり、自分軸で主体的に人生を選べるようになった。
人生は選択の連続だ。片づけを通してその選択力を磨くことができた。
片づけで人生は確実に変わるのだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2024-01-31 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事