メディアグランプリ

ただの事実、を受け入れるまで

thumbnail


*この記事は、「絶対麗度ライティング」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

絶対麗度ビューティー・レコーディング・ラボ

記事:伊藤美那(絶対麗度ライティング)
 
 
夜、日課となりつつあるジャーナリングの手を止めて、ふと初めての撮影を振り返ってみる。画面に映るのは、不安そうな笑顔で強張ったポーズをとる、今となっては何ともぎこちない自分の姿。照れ笑いと苦笑いで半々になりながらも、あの時覚えた解放感を思い出す。
 
仕事でもプライベートでも上手くいかなくて鬱々としていた時、秘めフォトを知った。興味は持ちつつも、綺麗でスタイルが良い人のためのイベントだろう、とどこかで諦めていた。
古い体質の男社会の職場で生き抜くために『スカートを穿いたオジサン』になるのは嫌だった。男性管理職の失敗は個人の問題でも、女性管理職の失敗は『女だから』と纏められるようで怖かった。自分の問題で後輩たちの道を塞いでしまうのでは、と怯えていた。初の女性管理職という立場は期待も大きかったが、プレッシャーも雑音も同じくらい大きく感じられた。
仕事自体は好きだったけど、息が詰まる日々。自分を責めて悩んで落ち込んでいるように見せかけて、問題と向き合うことから逃げていた。全ての問題の根源は自分が女だからだ、と思い込もうとしていた。そうしていれば、本当の原因に気付かないフリができたから。結局のところ私が一番、自分の女性性を許していなかった、と今ならわかる。
そんな毎日を過ごす中で、お酒を呑みながら改めて秘めフォトについて考えてみた。女性であることをおおらかに認めている人たちが羨ましかった。自分には縁遠い世界だと妬ましかった。
でもそれでも。何かをしなくては、この息苦しさから抜け出せないこともわかっていた。1枚でも自分を綺麗だと思える写真が撮れたら。1回でも自分の女性性を肯定できたら。もしかしたら、何かが少し変わるかも。賭けてみても、いいんじゃないか。
縋るような思いで、気が付いたら申し込みをしていた。お酒の勢い、と自分に言い聞かせて。
 
撮影当日。私を含め初めての方が多く、スタジオには何ともいえない緊張感。それに耐え切れず、スタッフの方の『誰から撮影しますか?』という問いかけに、真っ先に手をあげた。逃げ出したい気持ちで前に進み、指示されたポーズでソファに座る。とりあえず早く終わらせたい。その一心だった。
シャッターが切られ、三浦さんの『あぁ良いじゃない』という言葉で一気に気持ちが緩む。
あぁ良かった、大丈夫、私はここにいても良いんだ。
そこからはただ言われるがままに必死でポーズを取った。一緒に参加した方々の笑顔と歓声が嬉しくて、少しずつ心が解けていったのは覚えている。他の方の撮影は全力で応援し、終了した時には何か成し遂げたような不思議な解放感があった。
その夜、届いた写真を恐る恐る、見た。長い時間をかけて、画面と向き合う。そこにいたのは今まで見たことのない自分。こんな表情ができるのか、こんな雰囲気が出せるのか。
正直、手放しで私キレイ! とは思えなかった。でも、撮影中と似た安堵感に包まれた。
大丈夫、私は女性で、それは不自然でも不自由でも不都合でもない、ただの事実だ。
問題の原因でも結果でもない、ただの事実だ。
 
それからは撮影を重ねるごとに余計な重しが取れ、心が軽やかになっていくのを自覚できた。3回目で初めてお気に入りの1枚が撮れ、5回目からは撮影自体を楽しむことができるようになった。相変わらず日々はままならないし、会社では上手くいかず苛立つことも多い。それでも、あの時のように無闇に自分を責めるフリはしない。女性だから、と肩肘張って無理することも止めた。会社では決して見せないSEXYな私もいるんだぞ、と謎の余裕すら最近では出てきた気がする。
秘めフォトに挑戦することで、私は自分を縛る思い込みから少しずつ抜け出すことができた。まだまだ頑なな部分もあるけれど、昔にくらべればずっと自由だ。絶対麗度を通して自分がどう変われるか、今は素直にワクワクしている。1年後の笑顔を信じて、まずは今週末の撮影を徹底的に楽しもう。
今でも緊張しいなので、トップバッターをやりたがる癖は変わらないけれど。
 
 

▼自分史上最高にSEXYな1枚を撮る「秘めフォト部」についてはこちらから

自分史上最高にSEXYな1枚を撮る「秘めフォト部」
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の「絶対麗度ライティング」にご参加の方が書いたものです。

絶対麗度ビューティー・レコーディング・ラボ

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2024-02-24 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事