チーム天狼院

「何人でやるの?」「どうしたら点が入るの?」ルールは全くわからないけど 、とりあえず ラグビーの日本代表戦にいってみた。(スタッフ山中体験レポート)


こんにちは天狼院スタッフ山中です。

一言でいえば、私は多趣味です。
カメラで写真をとるし、お笑いのライブも月に一回は行っているし、アニメも、ゲームもジャンル問わずとことんはまってしまうし、8月の音楽フェスに行くのも相当楽しみにしているし、なんだかんだ読書もする・・・とにかく色んなことに興味深々なのです。

好きなものに没頭するというよりは、 とりあえず 行ってみて、そこで自分の好きなことを見つけるタイプ。

そんな私に対して友人たちは
「とりあえず、なっちゃんなら来てくれるかと思って!」
と、いろいろなお誘いをしてくれます。

つい先日、またそんなお誘いを受け、わくわくしながら 外苑前に赴きました。
駅に降り立った瞬間にすごい熱気。6月の蒸し蒸しとした空気と人がごった返しているのが合わさって、まあ暑いのなんのって。
しかも、集まっているのはがたいのいい色黒の青年ばかり。
その時間帯だけ、外苑前の一帯だけ気温が3度ほどあがっていたのではないでしょうか。

赤いユニフォームに、胸には桜のマーク。そう。私は友人につれられて、ラグビーの日本代表戦をみにきたのです!
場所は 秩父宮ラグビー場 対戦相手はイタリア 

ラグビーに関して全く無知の私。日本代表戦とはいえ、楽しむことはできるのか!?
突撃体験してきました!!

レポートその① とにかく会場の熱気がすごい!
 会場にひとたび足を踏み入れると、駅の3倍くらいの熱気!
訪れている人も様々で、いかにもラグビーやってます!という男子高生もいれば、若い女性グループがいたり、小さい子をつれたファミリーがいたり。試合がはじまる前から盛り上がっている海外の方がいたり! 女子二人組で行ってもなんのアウェー感もありませんでした!
 今から試合がはじまる!というわくわく感が会場全体から伝わって来て、スポーツをやっていた身としては、この試合前の雰囲気は懐かしい感じ。飲み物、日焼け止め、タオルももっていざ!スタンドへ!

レポートその② 会場が近い!
 自由席でしたが、スタンドの前から5列目というなかなかいい席に座れました!
いよいよ選手入場!互いに国歌を歌い、試合開始です。
ラグビーと言えば身体と身体をぶつけ合ってボールを奪い合うスポーツ。スタンド席でなかなかコートと距離があるのにもかかわらず、そのぶつけ合う音が聞こえてくるのです。
ドシっ と バシっ と、相当な臨場感。
ボールが客席に飛んでくることもしばしばで、一度私の席にも飛んできました!(友人が思わずはじき飛ばしましたが笑)細かいルールなんてわからなくとも、選手たちの迫力にいつの間にか試合にのめり込んでおりました!

レポートそのv③ 初心者にやさしい!
そうは言ってもラグビーのルールは複雑。様々なペナルティがあり、それをとられる度に試合が一回と止まります。
「今のは何がいけなかったの?」状態となるのです。
しかし、そんな私のようなド素人にやさしいスポーツ。それがラグビーでした。
試合が止まり、なんだ、なんだと疑問に思っていると、
「今のは〜なので、ペナルティキックです」と、説明の声が。なんと、解説者方が丁寧にルール説明してくれていたのです!
さらには電光掲示版。先ほどまで、メンバーの名前や番号が掲示されていたのに、ペナルティの細かい説明が!(ex オブストラクションとは〜)何とも親切。これのおかげで最後まで楽しみながら試合観戦することができました。

レポート④ ボールから目が離せない!広い!高い!!速い!!!
 今回、初めて観戦してみて、ラグビーは身体を当てるスポーツですが、それ以上にボールが次にどんな動きをするのかわからない、わくわくするスポーツなのだ!と感じました。
 
 まず ”ボールの届く距離が広い!”
キックをすればコートの半分以上の距離飛ばせてしまうほど移動距離が広いのです!

 次に、”ボールをとれる高さが高い!”
選手が選手を持ち上げキャッチするシーンもあり、ボールを扱える空間が他のスポーツより、ひと一人分高いのです!

 そして、”パスがめちゃめちゃ速い!”
ボールがわたったと思ったら、一瞬にして違う選手にパスされている。なにより選手自身の足がものすごい速く、中には100メートル 10秒台の選手もいるそう!(これ陸上界でもかなり速いです)

うっかりしてると大事な場面を見逃してしまう!ボールの動きが多様でめが離せませんでした!

それに加え、相手チームの選手に片足つかまれながらも、猛スピードでトライする選手がいるほどのパワフルさ。まさにハラハラドキドキ!

レポートその⑤ なんといってもファン思い!
 試合は日本代表の勝利という最高のかたちで終わりました!インタビュー等も終わり、いよいよ退場かな?と思いきや、選手がなんとファンの方へ!選手全員、観客多数が一カ所に集まり、握手やサイン、写真まで!最終的には全員で記念撮影をしていました!選手とファンの距離が近いなーすごいなーと思いつつ、その様子を遠くから見届け、会場をでました。

しかし、またまた人だかり。なんだなんだと見てみると、そこにはまたまた選手の姿が!
なんと!彼らがが試合で使用したユニフォームやスパイクがチャリティーオークションとしてだされ、それを落札したファンに直接渡していたのです!

近い。近すぎる。

試合後で疲れているにも関わらず、ファンの方にとても近い距離で笑顔で接している彼らをみて、
今後も応援していきたいなーと思ってしまいました。

絶対みんないい人だ。うん。

結論。ルールはわからなくともラグビーは楽しめる!!

試合会場の熱気、臨場感、ハラハラドキドキ感、ファン思いの選手たち。
当然のようにファンになってしまいました!

そしてなんとも嬉しいことに2019年はラグビーのW杯が日本で開催!!!
2020年の東京オリンピックでは7人制ラグビーも公式種目!!!
みなさんご存知でしたか??

今から日本がラグビーで盛り上がっていくのが楽しみです!!
その時期が来るまでに、ラグビーについてもっと知っておこうとかな。

さてさて、 とりあえず 体験記事を書いてみました。

これからもいろいろなお誘いお待ちしております。 

【お問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。



天狼院への行き方詳細はこちら


2014-07-01 | Posted in チーム天狼院, 記事

関連記事