fbpx
メディアグランプリ

肉を食べない選択とは新しい生き方を選択することです。

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

名前:渕脇真希(ライティングゼミ、通信講座7月受講生)
 
 
『お肉を殺して食べるのがかわいそうだから肉を食べないの?』
 
そんなこと言うなら植物、野菜だって生きていますよね。
 
あなたは野菜も食べないんですか?
 
野菜だって生きているし肉も野菜も一緒じゃないですか?
 
それなら、私は畜産業の人に感謝しながら喜んで肉を食べます。
 
という投稿を数日前どこかで見かけました。
 
私に言われた言葉ではありませんが、 フムフムと思いながらこのテーマについて2、3日考えていました。
 
今日はお肉を食べること辞めてベジタリアン歴1年以上の筆者が『肉を食べる』ということについて考えてみました。
 
肉を食べるのはダメなのか
してはいけない行為なのだろうか?
 
ベジタリアンに関しては、
1. 宗教上
2. 動物愛護
3. 環境を守るため
 
等と色々な背景があります。
 
特に海外に住んでいる私は娘の学校でもクラスメイトにベジタリアンの子供がいたり、学校のイベントでソーセージパーティーがある時は、肉ソーセージとベジソーセージ(大豆から作られたもの)と選ぶことができます。
 
ベジタリアンの私が今日あなたに伝えたいことは『お肉食べるなんて酷い』とか『お肉食べるの反対! やめてよ』と言うことではありません。
 
それぞれ個人の選択なので、色んな意見や考えがあって当然だし、肉を食べるか食べないかはあなたが決めたらいいことなんです。
 
でも、3番の環境を守るためにお肉を食べるのをやめる人が沢山いること。
 
私もその中の一人です。
 
そして、お肉を食べることが環境破壊に繋がることを知らない人がほんとに多いんです。
 
私も息子に教えてもらうまで知りませんでしたし、以前は豚肉の焼肉とか『美味しいなー』と思いながら食べてました。
 
でも環境破壊と肉が繋がっているという事実を知ってからは肉を食べることをやめました。
 
環境とお肉を食べることについて言えば
 
お肉を食べるということが問題ではないんです。
 
でもお肉を食べるということは原因になっています。
 
環境破壊のね。
 
そして『お肉を食べない』と言う選択は解決策の1つなんです。
 
何の解決策になるのか気になりますよね。
 
まずは畜産業について3つの問題をお伝えします。
 
1つめ 牛のゲップ、おならは車より二酸化炭素を排出して車以上の温室効果ガスを出しています。
→温暖化の問題
 
2つめ 牛を育てるために、広大な森を壊して農場に開拓しています。
→森林破壊の問題
 
3つめ 牛を育てるために大量の大豆やコーンを育てなければいけない。
→食糧不足で飢餓の問題(世界の食料の三分の一は畜産業に使われている)
 
この他にも細かいことを言えばきりがありません。
 
例えば牛は一日に人間の6倍もの水を飲みます。
 
地球上の牛が1日に飲む水は約1700MLです。
 
ファーストフードに売っているハンバーガー1個分に入っているあの薄い肉を作るためにシャワー3か月の水を使います。
 
その他にも糞の問題や狭い土地で育てるので病気をしないように牛にホルモン剤を売ったりと過酷な環境の中で身動きとれない環境の中で一生を終えることになります。
 
お肉を食べると言うことが問題ではないんです。
 
でもお肉を食べるのならば、
 
どんな場所で育てられているのか、
どんな餌を食べているのか
どんな工程で牛から肉に変わるのか
 
を知っていて欲しいなあと思います。
 
環境とお肉を食べることについて色んな意見があると思うし、肉を食べるのは良い、悪いと答えが出る問題ではないと思います。
 
なので、お互いを尊重しながら解決策を考えなければいけないと思います。
 
争いだけで終わるのではなく、過激な反対運動をするのでもなく、お肉を食べない私とお肉を食べるあなたが両方幸せになる解決方法を探さなければいけないのです。
 
お肉を食べないと言う選択は環境破壊を進めない解決策の1つだと思います。
 
あなたが、今日この記事で肉を食べることで起きている地球の環境について知って頂けたらとっても嬉しいです。
 
お肉と環境については今まではメディアでは放送されてこなかったんですよね。
 
私たち消費者に知られてしまうと、お肉業界はビジネスが繁盛しなくなって困ってしますからです。
 
でも、最近は海外のドキュメンタリー映画などで放送されるようになり私たちも少しづつ事実や裏側の世界を知る機会にも恵まれてきました。
 
もし、環境と牛にことについてもって知りたいなという方はぜひ『カウスピラシー』『フード、インク』という映画をご覧になって下さい。
 
あなたの人生を変えることになる映画になるかも知れません。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-10-24 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事