fbpx
メディアグランプリ

「よいお年を」なんて言ってる場合じゃない!


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:秋田梨沙(ライティング・ライブ名古屋会場)
 
 
一夜明けたら、秋がごっそり抜け落ちていた。
 
駅へ向かう歩道の端っこで、濡れた落ち葉がくしゃくしゃになっている。ふと見上げれば街路樹は枝ばかりだ。朝の冷えた空気の中で寒そうに並んでいる。そういえば、昨日の夜は激しい雨と、びゅうびゅう吹き付ける風の音で目が覚めたのだった。夜の嵐が一気に冬を連れてきてしまったらしい。
 
何気なくスマホを確認すれば、白い四角に「1」の文字。カレンダーが、聞いてもいないのに、1日であることを教えてくれる。おかしい、ちょっと前まで、その数字は6じゃなかったか。
背筋をツーっと冷たいものが流れる。
 
まずい、もう、12月だ。
 
毎月1日が来るたび、1ヶ月あっという間だった……と青ざめる。それはいつもの事だけれど、12月の衝撃はまた別格である。だって、もう2021年が終わってしまうではないか。焦る気持ちがむくむく湧いてくる。
 
今年が終わってしまう! まだ、何もしてないのに!
 
ルーティンのように新年に誓った目標も、節分までにはすっかり忘れ去られ、年度替わりに「仕切り直しだ!」と再燃してみたものの、夏には深い海の底に沈んでいた。
 
一体、私はこの1年何をしていたんだ!
 
巣ごもり期間に体を絞って、カッコよくパンツを履きこなすのではなかったのか。
週に1冊は本を読んで、心豊かに過ごすのではなかったのか。
朝5時に起きて、家族が起き出す前の充実した自分時間を得るはずでは。
 
もちろん、どれも成功していない。今更ながら、意志の弱さに頭を抱えた。丸裸になった街路樹の姿が自分と重なって、自然と早足になってしまう。焦る気持ちばかりが、ぐんぐん膨らむ。今年も何も変わらなかった。むしろ、後退したような気さえする。こんなんじゃダメだ。来年こそはちゃんと目標を達成しよう。そもそも、怠惰な私が、あれもこれも、一気に叶えようなんて無理な話だったのだ。ひとつずつ、少しずつ取り組んでいこう。まずは、過去最高記録を更新中の体重をなんとかして……。
 
気持ちばかりどんどん早足になるくせに、体は点滅する信号に走る気も起こらず、結局、とぼとぼと交差点の赤信号でうなだれた。
「来年こそは……」
ピューッと冷たい風が吹いて、首をすくめる。お肉はついたのに、手足は年々冷えてくるような気がする。冬の寒さに、少しだけ灯った火すら消し飛びそうで、ブンブンと頭を振ってみた。
 
そうだ、手帳を新調したらやる気になるだろうか。
新しいノートに来年の目標を書いてみようか。
今年は部署も変わったし、慣れない仕事にちょっと忙しかっただけ。
私だって、やれば出来るのだ。
 
「来年こそは!!」
祈るように見上げた空に、一瞬、息が止まった。
ビルとビルの間。まだ暗い雲が残った、空の隙間に、それは見えた。
 
虹だ……。
 
どんよりとした朝の通勤路で、切って貼り付けたみたいに、そこだけがやたらと明るいのだ。くっきりと華やいで見える七色の光が、とてもとても温かくて、ただ見ているだけで体温が1度も2度も上がったような気がする。
 
虹って、こんなに力強いものだっただろうか?
 
今まで見た中で、一番綺麗な虹だと思った。
 
他のみんなも夢中で見ているに違いない、と、あたりを見回してみたけれど、行き交う人々はいつも通り、駅への道を急いでいる。気づいて見上げる人はいない。いや、気づいていても、私のように、ほうけて見たりしないだけなのかもしれない。
 
あの向こうに行ってみたい、と思った。
スッと伸びた道の先は、どこへ続いていくのだろう。
穴が開くほど、ずっとずっと見ていた。
 
そうだ、来年ではなく「今」なのだ。
 
来年こそは、次こそはと張り切っていたけれど、「今」この道に乗らなければ駄目なのだ。たった今、この場所から、未来への架け橋はかかっているのだ。
 
何をまた先延ばしにしようとしていたのだろう。当たり前のことだ、今年もまだまだ残っているじゃないか。危ない、危ない。また、何もしないで終わるところだった……。虹をしっかり目に焼き付けて、私は、地下鉄の階段を駆け降りて行った。
 
「良いお年を!」
「また来年!」
 
知人との別れ際、みな口々に言い合って、ニコニコと手を振る。誰も見えなくなるまで手を振ったら、ひとり、くるりと踵を返した。人の悪い笑顔でニヤッとして、来た道を戻る。私は、まだここでやっておくことがあるんだ。もうちょっと、「今年」で悪あがきしておこうじゃないか。
 
まだ、そっちへは行かないよ。
 
虹の向こうへ行くんだから。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2021-12-08 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事