fbpx
メディアグランプリ

当たり前のことが、当たり前にできない日常


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:野地美咲(ライティング・ライブ名古屋会場)
 
 
「どうしたらよかったんだ!」
 
完全に、なめていた。
当たり前のことを当たり前に実践することがこんなに難しいものかと、たった数日で頭を抱えた。
 
もはや私の生活において欠かせないものとなりつつある「ヨガ」。
世間一般的にヨガとは、エクササイズの一種で、ポーズをとるもののイメージが強いのかもしれない。
しかし、本来ヨガが目指すゴールにたどり着くまでには、8つのステップがあると言われており、ポーズをとるのは3段階目にあたる。
 
つまり、ポーズより前に実践すべきことがある。
「ヤマ」と「ニヤマ」
「やらない方がいいこと」と「やった方がいいこと」
 
その2つのうち、「やらない方がいいこと」にフォーカスして一週間過ごそうと試みた。
 
ちなみに、「やらない方がいいこと」とは、ざっくり以下の5つになる。
人を傷つけない。
噓をつかない。
盗まない。
欲に溺れない。
必要以上にモノを所有しない。
 
こうやって並べてみると、小さい頃親や学校で教わったような、うんうんそうだよね、と納得するものばかり。
 
もともと物欲はあまりない方で、断捨離はじゃんじゃんしちゃうタイプの私。
衝動的に欲しいと思うことはあるものの、実際買うまでに何度も自分に問いかけたり、人に聞いてみたり、一度持ち帰ったり。時間をかけて考えることが多い。
それ、本当に欲しいの? 本当に私に必要なの? 周りに流されてない?
断捨離に至っては、スイッチが入ると勢いよく捨てすぎて足りなくなることもあるほど。
もちろん、欲は物欲以外にもあるが、そうは言っても5つのうち、日々の生活の中で、後半2つで窮地に追いやられることはないだろうとふんでいた。
 
意識して生活し始めて1日目。
とても調子がよかった。
自分も他人も傷つけていない、よしよし。今日は仕事だったのだろうかと思うほど、穏やかに1日が過ぎていった。
よし、これなら一週間いける!
 
そして2日目。気づいた時にはもう遅かった。
仕事中。自分を傷つけないこと、自分の気持ちを大事にしようという方向に意識が向きすぎてしまい、咄嗟に口から出まかせでウソ言ってしまったのだ。
 
「うわあぁぁ。やっちまった!!」と、心の中で叫んだ。
 
早くその場をおさめたい、という、なにより平和を好む私の習性がくしくも、鮮やかに矢を放ち、ゴングを鳴らした。
 
悔しい。2日も持たなかった。
 
それからはもう、事あるごとに
傷つけない、うそをつかない、盗まないが
「さぁ、どうする?」
と言わんばかりに手を変え品を変えやってくる。
 
他人も自分も傷つけず、正直でいるってどんだけ難しいねん!
「盗まない」に含まれる、人の時間を奪うことはうっかりやってしまっているし、時短になるとはいえ人のマネをする、知恵を拝借することも多いよなと、ため息。
全てをバランスよく自分でコントロールすることの難しさを痛感した。そんな一週間だった。
 
 
「人を傷つけない」とは、他人だけでなく自分も含めてですよ。
自分自身を傷つけていませんか?
自分だからいっかと思っていませんか?
 
これを初めて教わった時、ハッとした。
 
自分を後回しにすること。思ったことを言わずに蓋をすること。強がって平気なふりして、本当は辛い、苦しい、悲しいという思いを抱えていることを隠すこと。
無意識に自分を傷つけていたことが、他にもあったかもしれない、と思うと習性ってとても怖い。
 
これを伝えたら相手が傷つくんじゃないか。
そう思って言わない選択をすることもあるかもしれない。
でも、自分を傷つけることが実は相手を傷つけている、ということもあるかもしれない。
 
私はこれまで、自分が思ったことを発言しないことが多かった。
納得できない、違和感を感じる場面になると、自分の世界へ逃げる。または、黙る。
そして場がおさまるのを待った。
 
いつからか、心と身体、対外的な私と内面的な私が別々になり、自分自身が何を考え感じているのか分からなくなっていた。
バラバラとなった私はいま、ヨガを通じて心と身体を繋ぐ訓練をしているところなんだと思う。
 
8つあるステップのうち、「ヤマ」と「ニヤマ」、ポーズをとるところを行ったり来たりしながら、自分の心地よさはなにかを探している途中。
同じポーズをとるのでも、その日の心の状態や身体の調子によって、ぐらぐらする日もあれば、どっしり安定する日もある。
そんな些細な気づきも面白く、続けられる秘訣になっているのだと思う。
 
やらない方がいいこと、5つ。
もしよかったら1日だけでも意識して過ごしてみてほしい。
頭では分かっているつもりでも、実践することの難しさを体感できると思う。
 
当たり前のこと。それがいつしか意識しなくても自然とできるようになった時に見える景色を楽しみに、
私はこれからも実践し続けようと思う。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-02-23 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事