fbpx
メディアグランプリ

ネガティブをトコトン感じてみた


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:みさ(ライティング・ライブ大阪会場)
 
 
「ネガティブなことは、考えちゃダメ」
わかっているけど、つい考えてしまう。
そんな経験はありませんか?
 
私はよくあります。
並んでいる列に横入りされる。
焦っている時に、パソコンの画面がフリーズする。
 
イライラが止まりません。
しかも、このイライラが収まらないから、ちょっとしたことでイライラが倍増します。
 
職場の人は、私の髪の毛が逆立っているのが見えるのか、話かけてきません。
 
申し訳ないな。
よくないな。
分かっているけど、やめられない。
 
元々、どちらかというとネガティブ思考な私。
このイライラのループに入ってしまうと、なかなか抜け出すことが難しい。
 
朝のイライラが、昼の職場、帰宅途中の電車の中。
お風呂に入っている時も続いて、眠る直前まで続きます。
 
しかも、このイライラは私の過去に経験したことまで、思い出させてしまうのです。
 
2週間前に上司にあんなことを言われた。
1年前のあの時も、同期にこんなことを言われた。
高校生の時の担任の先生にも言われた。
確か、小学校5年生のクラスメイトと、こんなことがあった。などなど。
 
次から次へと、過去の苦い思い出が浮かんでくる。
頭の中でずっと、ネガティブなことがグルグルしている。
この状態は、自分の身体にも心にも良くないような気がする
ふと、気がついた。
 
おかしくない?
今、パソコンがフリーズしただけで、小学校5年生の時までさかのぼるなんて!
 
「人間の脳には、生まれてから今まで経験した記憶がすべて記憶されている」
 
先日受けたオンラインのセミナーで、言われていたことを思い出した。
しかも、私たちの脳には、ネット検索のような機能を持っている。
そこにキーワードが入ってしまうと、脳が経験した記憶を取り出してくれるらしい。
 
私の記憶力、恐るべし!
 
ただ、これには少々困ったことがある。
脳はその記憶が、私にとって良いか、悪いかの区別がつかない。
 
「わー、パソコンがフリーズするなんて最悪」と思うと、私の脳は、
「オッケー、最悪な記憶ね、任せて」とばかりに、色々と過去の苦い経験を思い出させてくれるというわけだ。
 
私の脳の検索は、私が検索キーワードを変更するまで、ずっと続く。
良いのか悪いのか分からないわ?
私の脳。
 
ただ、この切り替えって難しいと思いませんか?
だって、もうすでに、私の頭の中はイライラの渦の中にある。
 
このままでは、またネガティブな検索キーワードが入ってしまう。
 
そこで、私がやってみたのは、一旦、入った検索キーワードを無理やりに否定しない。
トコトン落ち込むこと。
もう、ひたすらに落ちるところまで、落ちてみる。
 
この時、私は自分でいくつかのルールを作った。
それは、
 
・スマホ切る
・テレビ観ない
・本読まない
 
そして、落ち込む時間を1時間と決めて、タイマーをセットする。
 
この1時間を徹底的に、真剣に、落ち込むことに使う。
「ながら落ち込み」禁止である。
 
これをやってみると、ちょっとした自分の気持ちの変化に気づくことができる。
まず、1時間落ち込むのは、かなり大変。
 
私の場合、あきてくる。
ちらっとタイマーを見ると、20分しか経っていない。
 
今日、見たいドラマあったかな?
明日、あの本を買いに行こうかな?
 
つい、別のことを考えてしまいそうになる。
いけない、いけない。
 
気を取り直して、引き続き落ち込みに集中する。
しかし、気を抜くとまた、別のことを考えてしまいそうになる。
あと、どれくらい時間あるのかな?
タイマーをまた、のぞきこんでみる。
あと、15分。
 
そんなことを繰り返しながら、1時間。
終わった時には、落ち込みが何となく、どうでもよくなっている。
1時間の拘束が終わったので、そちらの開放感の方が強い気がする。
 
この開放感で、脳の検索キーワードが一旦、リセットされたような気がする。
なぜなら、出てきた感情が全然違う。
 
「まぁ、パソコンフリーズしても、ちょっと休憩ができたから、よかったかも」
ネガティブが「よかった」というポジティブに変化して、ちょっと前向きになっている。
 
我ながら、単純。
 
残りの時間は、自分がスッキリした状態で使えるので、気分良く過ごすことができる。
本を読んでも、お風呂に入ってもリラックスしている自分を感じることができる。
 
いつもなら、ずっとイライラ、モヤモヤと考え続けていたこと。
自分も嫌だなと思っていたことが、自分でできるちょっとした工夫で変えていけることが嬉しい。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~21:00
TEL:029-897-3325



2022-03-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事