fbpx
メディアグランプリ

もはやハイスペック彼氏。理想の小倉ホットサンドを求めて三千里

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:Kasumi(ライティング・ゼミ8月コース)
 
 
「今日は小倉ホットサンドにしようか」
 
子供のころ、朝食に出てくると朝からテンションが上がるメニューが小倉ホットサンドだった。好物の名前を聞いて、眠気はヤル気に変わる。幼い私はいそいそと母の隣で手伝い始めた。
 
8枚切りの食パンにバターを塗り、その上に小倉餡をこんもりと盛る。もう一枚の食パンを乗せて軽く押さえ、ホットサンドメーカーにセットした。
母親が「人生で買って良かったものの1つ」と言うほどのホットサンドメーカーは、昔ながらの直火式タイプで、母が結婚当初から使い続けているものだ。
 
コンロの火をつけて、はみ出たパンの耳が焦げ付かないように弱火でチリチリと焼いていく。途中で裏返し焼けた片面を見てみると、良い具合にキツネ色になっている。よしよし。しばらくすると、朝日の差し込むキッチンにバターと小豆のほんのり甘い香りが漂いはじめた。
 
特に何でもない日の、幸せな朝ごはん。
 
小倉ホットサンドや小倉トーストは、実家ではたまに朝食として登場していたメニューだ。近所の喫茶店でもメニューの定番である小倉あんと食パンの組み合わせは、子供の頃から慣れ親しんだ私の“故郷の味“なのだ。
 
ちなみに小倉トーストはトーストした食パンにバターと粒あんを塗ったもので、小倉ホットサンドは中身を粒あんにしたホットサンドのことだ。どちらも食パンと粒あん、そしてバターのシンプルな組み合わせでできている。
 
「要は、アンパンのパンを食パンに変えただけか」
 
そう思う人は、まず実食していただきたい。
材料の組み合わせだけ見るとアンパンと似ているのだが、ほっこり温まった粒あんにとろけたバターがからまり、パンが焼きたてのサクサクふわふわトーストに変わることで、アンパンの数倍美味しくなると個人的には思っているのだ。
 
私は小倉トーストを子供の頃から家や近所の喫茶店で休日の朝に食べる事が常だったので、アンパンと同じようにどこにでもあるメニューなのだと思っていた。
ところがある日、テレビで愛知県独特のメニューなのだと知る。なぜだ。アンパンは全国区なのに、パンをトーストに変えただけで普及するエリアが狭くなるなんて。
 
実際に、私はここ約10年ほどで北海道から沖縄、石垣島まで20の町に住んでいるが、愛知を離れたら小倉トーストに出会う事はほとんどなくなった。喫茶店に入ってもメニューにない。あるのはバターとジャムの普通のトーストだ。これじゃない。違うんだ、求めているものは。
 
どうしても小倉トーストを食べたくて家で作ることにしたが、引っ越しが多い私は荷物を最小限にしていた為、トースターを持っていなかった。電子レンジについているトースト機能を使ってみたが、パンの焼け具合がイマイチなのだ。IHタイプのホットサンドメーカーも同じだった。こうじゃない。違うんだ、求めているものは。
 
関東への進出が目覚ましい愛知発祥のコメダ珈琲店には、当たり前のように小倉トーストが定番メニューにあるが、小倉餡が私には甘すぎるのだ。
私の家族は皆、甘さ控えめの味付けを好んでいたため、実家では缶詰のゆで小豆ではなく自家製の小倉餡を作っていた。今では私も小豆を煮て自家製の粒あんを常備しており、すべて食パンと共に消費している。
ただし、食パンは生の状態であり、トーストはもう諦めていた。
 
店でも家でも、懐かしい故郷の味をしばらく食べていなかった。コロナ禍で実家にも帰れなくなり、小倉トーストの味を忘れかけていた頃、“それ“に出会った。
 
これぞ理想の小倉ホットサンドだったのだ。
 
場所は横浜桜木町。高級食パン専門店が運営するカフェのメニューに、小倉ホットサンドが入っていた。お値段なんと300円ほど。
 
さすがに高級食パンを使っているだけあり、食パン自体の風味が良く、外側サクサクカリカリ、中心部はもっちりふわっと絶妙な食感。何より中の小倉餡だ。甘すぎなくて美味すぎる。何にも説明になっていないが、語彙力が崩壊して食レポなんてできない。とにかくおいしい。友達と来ていたのに、夢中になって無言で食べてしまった。
 
「相当気に入ったんだね」店を後にして友達に指摘される。気に入った。求めていた故郷の味ではなく、故郷の小倉ホットサンドを軽く飛び越える美味さだった。都会、すごい。横浜に引っ越してきて良かったと、この時心底思った。どんなイケメンを前にしても、これほどの胸のトキメキは今までなかったかもしれない。
 
それからも何度か、小倉ホットサンドを食べるためだけに私は桜木町まで出向いていた。いつも恋人にでも会いにいくかのように気持ちが高揚する。 
 
今年に入ってからはしばらく忙しく、店を訪れる機会がなかったのだが、久しぶりにまた食べたくなり小倉ホットサンドに会いに足を運んでみた。
 
なかった。
 
メニューから消えていたのだ。
 
メニューを持ったまましばらく固まる。やがて店員が近づいてきたので聞いてみると、衝撃的な答えが返ってきた。
 
「小倉ホットサンドは去年までのメニューだったんですよ。今年はやっていないんです」
 
ポーカーフェイスが出来ない私は、落胆の表情もダダ漏れていたようだ。店員は心底申し訳無さそうな顔をしている。
高級食パンがウリな店なのだから、他のメニューも期待出来そうだが、頭の中を小倉ホットサンドで占められていた私には、他のパンメニューを食べる気にもならなかった。
 
小倉ホットサンド
小倉ホットサンド
小倉サンド……
小倉……
 
その日唯一の外出は、小倉ホットサンドを食べる為だけだった。けれど「彼」はもういなかったのだ。
 
これから先、私は懐かしい故郷のメニューをどうやって味わえば良いのか。今の家からガスコンロ付きの部屋に引っ越してホットサンドメーカーも購入するべきか。割と本気で迷っている。いっそのこと、自分で店でも開こうか。
 
さらに私は高級食パンで作る小倉ホットサンドの美味しさを知ってしまった。一度理想の味を知ると、元の小倉ホットサンドでは満足できない。一度ハイスペック男性と付き合うと、普通の男性では物足りなくなってしまう様なものか。・・・ハイスペック男性と付き合った事ないけれど。
 
ともあれ、私の小倉ホットサンドへの欲求は未だ解消されずにいる。関東でまた出会えないものか。
もう一度、理想の小倉ホットサンドを追い求めるのだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-11-16 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事