fbpx
メディアグランプリ

苦しみながらも超大盛ラーメンを食べ続ける理由


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:かんたろう(ライティング・ゼミ10月コース)
 
 
「もう無理。何も食べられない」
「しばらく、食べたくない」
「なぜ、懲りずに注文してしまったんだ……」
 
皆、口々に言う。
 
会社の同じ部署に私と年の近い人が3人いる。
全員40歳を過ぎた立派なおじさん達だ。
私を含めた4人は出身も趣味も違うけれど、ある共通の目的を持った者同士なのだ。
それは数か月に1回、仕事終わりにラーメンを食べに行くことだ。
しかも、ただのラーメンではない。
超大盛のラーメンを食べるのだ。
 
どんなラーメンかというと……。
背油しょうゆの濃いスープ。
器の上面ギリギリまで詰め込まれた太麺。
富士山を思い起こさせる、器に山盛りにされた、もやしときゃべつの炒め物。
さらに炒め物を覆い隠すように、薄切りの焼いた豚肉がてんこ盛りで載っている。
食べ盛りの男子学生ならともかく、食欲が落ちてきている40代のおじさんたちが注文するメニューではないのは確かだ。
店は繁盛していて、どの曜日に立ち寄ってもお客さんは入っているのだが、この超大盛ラーメンを食べている人は見たことがない。
そんなラーメンを4人のおじさんたちは注文するのだ。
 
しかし、先ほど書いたように、このラーメンは「普通」のラーメンではない。
数年前に初めてこのラーメンを食べた時は、終盤がかなりきつくて、何とか詰め込んで食べたという苦い経験があった。
もう、こんな辛い経験をしたくない。
そう思ってから、このラーメンを食べる時にはしっかりと作戦を練ってから、食べることにしている。
 
これまでの経験を活かし、今回は「事前準備」と「食べ方」の2つの作戦を立て、超大盛ラーメンに臨むことにした。
 
ラーメンを食べに行く前日から、1つ目の作戦である「事前準備」を実行する。
これの目的は、ラーメンを食べる時にいかにベストの体調を作るかということである。
前日や当日の食事は脂っこいものは避け、お酒を飲みすぎないようにして、胃腸を整える。
当日の昼食はラーメンを食べるまでにお腹が空くように、消化がいいうどんを食べた。
もちろん、間食もしない。
普段は仕事中に小腹がすくと、チョコレートやせんべいなどのお菓子を少し食べるのだが、この日は食べなかった。
また、体力勝負になるので、寝不足にならないようにも気を付けた。
前日の夜は、できるだけ早く布団に入るようにし、寝る前にスマホの画面を観ることなくすぐに目を閉じて眠った。
こうして、体調を整え、ラーメンを食べる前にはしっかりとお腹が空くようにした。
事前準備は万端だ。
 
仕事を終え、いよいよ4人でラーメン屋に向かう。
そして、当然の如く、全員、例の超大盛ラーメンを注文した。
ほどなくして、ラーメンが到着した。
 
いよいよ、2つ目の作戦である「食べ方」を実行する時だ。
以前は、盛り付けてある順番のまま食べた。
はじめに豚肉を食べて、もやしときゃべつの炒め物を食べて、そして最後に麺を食べる。
この食べ方をすると、食べた分だけ減っていくので、あとどのくらいで食べ終わるのかがわかりやすい。
しかし、終盤になりお腹が膨れてきた時に、大量の太麺を食べることになる。
これは結構きついのだ。
 
そのため、今回は別の食べ方を試してみた。
麺の上に盛り付けてある順番ではなく、胃にずっしりとくる食材から食べる方法だ。
もやしときゃべつの炒め物と豚肉はいったん別の器に移す。
そして、時々豚肉を食べながら、最初に麺を食べきる。
その後、別の器に移していた、もやしときゃべつの炒め物をラーメンの器に戻して食べる。
お腹が空いている時に麺を食べるので、いいペースで食べることができる。
しかも、脂っこい豚肉をお腹に余裕がある時に食べるので、それほど苦痛ではない。
なかなかいい食べ方だと思ったのだが、大量のもやし炒めを食べるとなると、さすがに飽きる。
しかも、スープがだんだん薄くなってきて、味があまりしなくなるのだ。
この点は次回への反省点である。
 
そんなこんなで、苦しみながらも今回も無事食べ終わる。
 
だが、これで戦いは終わらない。
21時にラーメンを食べ終わって、そこから家に帰り、寝る準備が終わって、ベッドに入るのが1時頃になった。
4時間以上も経っているのだが、胃の中のラーメンは消化しきれていない。
そのため、寝ようと思いベッドに横たわると胃の重みで苦しくなり、なかなか寝つけなかった。
いつもなら、すぐに眠れるのだが、この日は30分以上苦しみながら、ようやく眠りにつけた。
これで戦い終了だ。
 
ここまで読んでいただいた皆様は「こんなに苦しい目にあってまで、なぜ食べるのか?」不思議に思われるかもしれない。
 
味が美味しいからなのだろうか?
いや、違う。
確かにおいしいのだが、ここの超大盛ラーメンよりもおいしいラーメン屋さんはいくつかある。
 
やっぱり、量を食べたいのか?
いや、違う。
さすがに過剰である。体に悪いと思えるくらい食べ過ぎの量である。
 
では、何か?
私たちにとって、超大盛ラーメンを食べることは東京ディズニーランドに行くようなものなのである。
つまり、魅力的な非日常の空間をおもいっきり楽しんで、日ごろのストレスを発散しているのだ。
 
40歳も過ぎればいい大人になったと言われるが、時々はパーッと遊びたくなるのだ。
しかし、皆、使えるお金や時間は多くない。
だから、大盛ラーメンを食べに行くのだ。
 
4人のおじさんが、それぞれ自分たちの知力と「胃」力をフル活用して、普段目にすることがない大盛ラーメンを食べきる、というゲームをしているようなものなのだ。
 
だから、次はもっと楽に、おいしく食べるにはどうしたらいいかを考えるし、食べ終えた時、苦しいお腹を抱えつつも、皆でクリアした充実感が得られている。
私たちにとって、時間もお金もほどほどで、こんなに楽しめるイベントは他にないのだ。
 
だから、数か月後、またいつものメンバーと大盛ラーメンを食べに行くのだろう。
そして、また冒頭の言葉を繰り返すことになるだろう。
 
でも、楽しいから止められないのである。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-12-07 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事