fbpx
メディアグランプリ

「親の心子知らず」ではなく「子の心親知らず」なのだ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:ちえみちえ(ライティング実践教室)
 
 
「お母さん、東京の大学に進学してもいい?」
息子が高校三年生の頃、進路を決めるときにそう言われたのが、三年前。
無事、東京の大学に合格、進学し、息子は大学三年生になり、学業に励んでいるようだ。
 
私は、息子が三ヵ月の時に、夫と死別し、シングルマザーで子育てしてきた。
東京で一人暮らしを始める息子と離れ離れになる二年以上前は、現実を受け止められず、寂しくて、涙を流してばかりいた。
でも、月日が経った今は、寂しさを通り越して、一人暮らしの自由さを満喫している。
 
年に数回、息子は帰って来るが、高校時代の友人と会う約束が多いようで、ゆっくり話をしたくても、会話が続かないのだ。
ただ、安心したのは、東京で一人暮らしの大学生活を楽しく過ごしていることだ。
 
「食事はどうしているんだろう?」
「病気にかかっていないだろうか?」
一方で、今でも心配ばかりしている自分がいる。
 
ある日、「どう? 元気?」
特に用事があるわけではなく、LINEでメッセージを送ると、一日経っても、二日経っても「既読」にならない……。
心配になり、携帯電話に電話をかけてみるが、繋がらない……。
「どうしたんだろう? 事故に巻き込まれたのかなあ?」
そんなネガティブな思考ばかり頭を駆け巡る。
折り返しの電話は待っていてもかかってこない……。
 
数日後、LINEがやっと既読になり、ほっとする。
そして、息子からLINEが来た!!
「大学の関係書類がそっちに届く。届いたらこっちに送って」
メッセージはそれだけである。
しばらく連絡が取れなかった詫びもなかったが、無事であることでほっとした。
 
その後、息子が依頼していた書類が郵送で届き、封筒に入れて、そのまま送り返そうとしたが、ふと考える。
「段ボールに入れて、お菓子と一緒に送ってあげよう!」
地元の百貨店で、いくつかお菓子を買い、書類と一緒に段ボールに詰める。一筆箋で「お菓子、良かったらどうぞ」と書いたものを荷物の一番上に置き、宅配便の発送を手配した。
 
翌日、息子からLINEが届いた。
「書類届いた。ありがとう」
 
んん? お菓子のお礼がないではないか?
と思いながら、私は「良かった」ということがわかるスタンプだけ送って、やり取り終了。
 
そして、また数日経ったある日、また息子からのLINE。
「米、送って~」
これは、東京で一人暮らしを始めてから毎度のこと。
数か月に一度、5キロの無洗米を某通信販売サイトから直接、息子の住所宛に送っている。
米が無事届いたことは、購入先のサイトから確認できるため、今まで、息子から届いた連絡があったことは一度もない。
でも、お米を炊飯器で炊いて、しっかり食べているという安心感は得られる。
 
さて、息子は、私に感謝の気持ちがあるのか?
あまりに事務的で、無機質なので、これから就職して、社会に出たら大丈夫かと不安になるのが親心なのだ。
 
心配になり、息子が高校時代のママ友に時々連絡してしまう。
息子とママ友の息子さんは大親友で、お互いの進学先は違うが、今でも頻繁に連絡を取り合っているらしい。
今年の春休みに息子が帰省した時にも、ママ友の自宅に泊まらせてもらい、お世話になったので、最近、お礼を兼ねて、彼女とランチをすることになった。
「うちの息子、礼儀がないし、世間知らずで、本当に申し訳ないです」
今までの私と息子とのやり取りを話しながらそう言うと、彼女から、私の息子の驚くべき事実を知ることになる。
「いっちゃんから、こちらにお菓子がたくさん贈られてきたよ。『先日はありがとうございました』って紙が入っていて、すごく嬉しかったよ。全然、世間知らずじゃないですよ」
いっちゃんとは息子のニックネームである。
私が知らない所で、そんなことをしていたなんて……。
私に一言も相談がなく、自らの意思で、しっかりお礼をしているではないか?!
 
昨年、20歳になった息子の成長を感じ、胸をなでおろした。
過干渉で両親に育てられた自分とつい重ね合わせてしまい、ついあれこれ一人息子に干渉したくなる自分を恥じた。
「親の心子知らず」と思っていたが、「子の心親知らず」なのだ。
 
これからも、息子を陰ながらそっと応援しよう。
しばらく連絡がなくても気にするのはやめよう。
息子に送るべき書類が届いたら、またお菓子などと一緒に送ってみよう。
いっちゃんからお礼の言葉なんていらない。
きっと、言葉で現わさなくても感謝しているのだから……。
 
息子の成長をそっと見守りながら、もっと私自身が成長していかなければならないと思う。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2023-06-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事