fbpx
メディアグランプリ

やさしそうなメガネのおじさん先生の治療の効果

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:吉良健一(ライティング・ゼミ6月コース)
 
 
左の耳がかゆい。
仕事をしていても、読書をしていても、食事をしていてもかゆいのだ。
耳かきをしてみる。風呂上がりに綿棒をつかってみる。
それでもかゆいのだ。
 
「ズズッ」
左のイヤホンを左耳に思い切り押し込んだとき、嫌な音が鳴った。
イヤホンを聞きながら、オンライン講座を受講していたのだが、左耳の接続感がよくなかったからだ。
 
左耳に湿りを感じたので、ティッシュペーパーを耳に入れてみる。ティッシュペーパーが濡れているのだ。
私は思った。耳かきでひっかいた時にかさぶたができ、それが剥がれてしまったのだと。
これまでもよく、耳にかさぶたをつくっていたのだ。
 
ところが、夜になっても左耳は濡れている。
洗面台の鏡でのぞき込むが、目や鼻や口と違って、耳の穴は自分自身で観ることができない。
風呂上がりに湿り気をとるために綿棒を左耳につっこんでみる。
 
「ぐしゃり」
嫌な音とともに、私の左耳は水分で覆われてしまった。
湿り気をとるための綿棒が湿り気を広げて覆ってしまったのだ。
ティッシュペーパーを入れても、ドライヤーで乾かしても、左耳のカバーは取れてくれないのだ。
 
やばいと思った。
このまま左耳が聞こえなくなったらどうしよう。
片耳で生活することになるのだろうか。
バランス感覚に影響が出るのだろうか。
移動時間にイヤホンで音声教材や音楽は聴けなくなるのだろうか。
 
私はあわてて、「イヤホン 耳 汁がでる」と検索してみる。
―――
耳の入り口から鼓膜までの外耳道が炎症を起こす「外耳炎」!
初期症状は、かゆみ、軽い痛み!
進行した症状は、強い痛み、腫れ、聞こえの悪さ、耳だれ!
フィットしすぎるイヤホンに注意!
入浴後の綿棒での耳掃除はNG!
かゆみがあるとつい耳かきでかきたくなるがNG!
耳あかは自然と外へと排出されている!
―――
検索結果から表示される項目に思い当たりすぎて愕然とした。
 
毎日、ワイヤレスイヤホンをノイズキャンセリングするほどフィットさせて使っていた。かゆみを感じるようになると、毎日耳かきを使って耳あかを必死にとっていた。入浴後には綿棒での耳掃除を行っていた。
そう、私はまさにこの「外耳炎(がいじえん)」の進行した症状が出ていたのだった。
 
自分の無知を嘆いても仕方ない。
自宅近所の評判の耳鼻科を調べる。
しかし、今日は木曜日の晩。明日金曜日は仕事のアポが入っている。
左耳に気をつけながら金曜日をなんとか過ごす。左耳はふさがったままだ。
 
ようやく迎えた土曜日。耳鼻科が開く午前中に向かう。9:15にもかかわらず受付は17番目。不安な思いを抱えてひたすら待つ。普段は楽しんで読む読書も内容が頭に入ってこない。
待つこと1時間。ようやく名前を呼ばれ診察室に入る。
 
「随分腫れて、ウミがありますね」
やさしそうなメガネのおじさんの先生は、やさしい口調でおそろしい言葉をで口にする。うわーっ、やっぱり腫れているんだ。ウミまであるんだ。私が顔をしかめる。
 
「では、ウミを吸い取って、洗浄しますね」
ん? 私は何を言っているのかわからなかった。
ウミを吸い取って? 洗浄? 何をするのかはわからないが、いまは、やさしそうなメガネのおじさん先生を名医と信じてゆだねよう。
 
「ゴーッ」
私の左の耳が吸い取られる。まるで掃除機を当てられているようだ。これでウミを吸い取っているのだ。少し痛みを感じるものの、いまは信じるしかできない。
1・2分くらい吸い取られると左の耳から音が聞こえるようになっている。
私はびっくりした。こんな簡単に聞こえるようになるのだと。
 
「続いて洗浄しますね。あたたかい液体が入ります」
私の心の準備を待つ間もなく、あたたかい液体が左の耳に入ってくる。どういう状況になっているかはわからないが、あたたかい液体がここちいい。
 
「以上で診察は終わりです。内服薬と耳に刺す薬を出しておきます」
やさしそうなメガネのおじさんの先生は名医だった。
私の左耳は聞こえるようになり、腫れも引いたのだった。
 
ノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンを聞き続けて、音に集中できることはとても有益なことだと思う。けれども、炎症を起こして聞こえなくなってしまうのは本末転倒だ。部屋の掃除がけをするように、汚れを吸い取り洗浄することで快適さを取り戻すことができた。
 
耳鼻科を出ると、明るい太陽がさんさんと降り注いでおり、非常に気持ちが晴れ晴れとした。やさしそうなメガネのおじさんの先生は、私の耳の中だけでなく心も汚れを吸い取り洗浄してくれたようだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2023-06-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事