fbpx
メディアグランプリ

人間が猫を選ぶんじゃない、猫が人間を選ぶんだ。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:ともとも(ライティング・ゼミ12月コース)
※この記事は、フィクションです。
 
 
「もう僕は、これ以上生きられないかもしれない……」
 
ある日の早朝、僕と妹は、飼い主とは名ばかりのヤツの手によって、急にママと引き離された。ヤツは嫌がる僕たちを手で押さえつけ、まるでゴミか何かのように段ボールに投げ入れてふたを閉め、ガムテープで周りをぐるぐる巻きにして封をした。なぜそんな目にあわなければならないのだろう? 僕たちは、食べ物さえ自分たちで調達していた。ヤツの手なんてこれっぽっちも借りていないんだ。ママと一緒にいれさえすれば、それ以上何も望んでいないのに……
 
やがてヤツは、僕たちが入った段ボール箱を乱暴に置き去りにし、車で走り去ってしまった。
 
箱の中は寒くて暗い。そして周りはひどく悪臭がする。ここはどうやらゴミ捨て場らしい。僕たちは生ゴミとしてヤツに捨てられたんだ。悲しくて胸が張り裂けそうだった。でも僕たちは生きるために、一生懸命にママを呼び続けた。
 
僕たちはまだ生まれて1か月もたっていなかった。だからこの汚い段ボールの中で、体温を維持することが難しくなってきた。妹と抱き合って寒さをしのいでいたけど、二人とも体の震えが止まらない。寒くて寒くて気が狂いそうだ。そしてついに妹の声も弱弱しくなってきた。もう、限界かもしれない。僕はそのまま気を失ってしまった……。
 
どのぐらいたったのだろうか。僕は何だか明るい場所にいた。
そうだ、僕はヤツに捨てられたんだった……。ママと妹はどこにいる?
 
鼻をくんくんしてみると、そこには妹のにおいがあった。
「ああ、よかった。妹は無事だったんだ……」
 
そして僕が気が付いたのを見ると、見知らぬ人間がお皿にミルクをくれた。少しペロペロとミルクをなめてみたが、知らない臭いに囲まれた恐怖と不安の方が上回り、あまり飲めなかった。それに、何だか目の前がかすんで、よく見えないのだ。
 
僕たち猫はあまり視力はよくないが、それにしてもぼんやりとして、今まで以上に見えなくなっていた。さらに立ち上がろうとしても、後ろ足が動かないことに気が付いたのだ。
 
すごくショックを受けた。僕は障害がある猫になってしまったのだろうか……。
 
耳を澄ますと、妹が元気に走り回る音がする。そして人間の声がした。
「この子はうちで飼うことにするね。だけど、この足が動かない子はどうしたらいいだろう……」
「この子は長く生きられないかもね。」
「生きられないならまだしも、障害が残った子を一生涯育てるなんて、医療費もかかるし難しいよね……」
 
人間が口々に僕のことをどうするか、相談し始めたんだ。僕は自分のこれからの運命がどうなるのか分からず、怖くて仕方がなかった。でも絶対に死にたくない!
僕はすべての力を振り絞り、前足だけで2歩、3歩と歩いてみた。
 
すると、一人の人間のにおいに気が付いた。そのにおいは、まるで運命の魔法にでもかかったかのように僕を引き付けた。懐かしいにおいだ。ママのにおいとはちがうけど、いいにおいがする……
 
僕は気が遠くなりかけながらも、そのにおいのする人間のひざに、渾身の力をこめてよじのぼった。するとその人間の言葉が聞こえた。
 
「私がこの子を飼うことにする。私はこの子に選ばれたような気がするの。こんなに不自由な体で、必死に私の膝に登って来るなんて。これも運命にちがいない。」
 
その後僕は病院に連れていかれて、先生の診察を受けた。
「ああ、この子は栄養失調だね。かなり衰弱してるから、たぶんこの1週間がヤマだな……」
 
そうか、僕はやっぱりもうすぐ死ぬんだ。絶望的な気持ちになった。
でも人間が涙ながらに言った。
「それでも、この子にできるだけのことをしてあげたいと思います。」
 
そしてその人間が、僕の新しいママになった。
ママは猫肌に温めたミルクを、哺乳瓶で飲ませてくれた。体力がない僕にとっては、お皿から飲むよりずっと楽に飲める。一度にたくさんの量が飲めないから、朝、昼、晩とお腹がパンパンになるまで、数時間ごとに飲ませてくれたんだ。
 
ママに一生懸命看病してもらったおかげで、必要な栄養が取れて、目が少しずつ見えるようになってきた。
 
数日たったある日、そうっと後ろ足に力を入れてみると、少しだけ動いた! 力を入れるコツが分かってきたみたいだ。たくさんご飯を食べたから、体力もついてきた。それを見たママもびっくりしていた。
 
「よかった! ここまで元気になれば、もう生きられるわね!」
 
そしてママは、僕に「そら」という名前を付けてくれた。僕の目の色がまるで空のように青かったから。そして少しずつだけど、部屋の中を4本の足でよちよちと歩けるようになったんだ!
 
さらに数日後、先住猫の「むぎちゃん」という猫にご挨拶をする日が来た。気が遠くなっていた時に感じた懐かしいようなにおいは、むぎちゃんのにおいだったんだ。
 
むぎちゃんは茶トラ猫で、とても気難しい。ご機嫌な時は僕をペロペロとなめてくれるけど、機嫌が悪いと僕はこっぴどく追っ払われる。扱いづらいったらありゃしない。
 
でもむぎちゃんは日向のにおいがする。くっついていると、温かくて幸せな気持ちになるんだ。時間をかけて少しずつ、仲良くなっていこう。
 
そしてこの家に来て1か月がたった。目の方はかなりよくなったんだけど、後ろ足には障害が残ってしまった。例えばむぎちゃんが軽くジャンプして乗れるような棚には、僕は上ることができない。それにテレビボードの上を歩くときも、むぎちゃんはモノをよけて上手に歩くことができるけど、僕は後ろ足をうまくコントロールできずに、置いてあった写真立てを倒してしまった。
 
僕はハッとした。もし足に障害が残ったことがバレたら、また人間に捨てられるのでは?この前知らない人間が言った言葉が、頭をよぎった。
 
「生きられないならまだしも、障害が残った子をずっと育てるなんて、医療費もかかるし難しいよね……」
 
僕は恐怖と不安で泣きそうになった。また捨てられるのは耐えられない。死んだ方がマシだ…… でもその時、ママが僕を抱きながら言ったんだ。
「そらちゃん、たとえ障害が残ったとしても、大した問題じゃないのよ。それよりも、うんと幸せになって、そらちゃんを捨てた飼い主を見返してやろうね。」
 
僕はうれしくて、何度も「うん」って返事をした。そしてヤツに言ってやりたい。
 
「僕は、僕が選んだ人間と一緒に、新しい家で幸せになるよ」
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2024-02-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事