メディアグランプリ

私は医療サイコパスを恐れる


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

14906968_192579307862385_3106793526506221401_n

記事:千晶(ライテイング ゼミ)

私は歯科医であるが歯科医らしく仕事をしない。
たくさんのことはこれでもか、というくらいに学びには行く。
しかしあまり仕事をしない。
それは仕事がすきでないわけでない。
ただ単に歯科的な仕事するのが患者さんのためにならないからと思うからだ。

歯を削ると
それは二度と戻らない硬組織だ。
一度なくしてしまうとそれはもとには戻らない。

無くしたものを復活させる、再生療法という治療の選択肢はある
だが、これはオペの範疇。
つまり、患者さんの体の負担になる。
時間も奪うことになる。
この二重苦を患者さんに背負わせるわけにはいかないと考えている。

以前、
上あごの前の歯を全て綺麗にした、と
誇らしげに話す人がいた。
確かに前歯がきれいであった。
こういう人には
治療は良かったのだと思った。

それでいろいろ話を聞いてみたのだが、
私は非常に驚いたのだ。

なんと、治療した歯の神経をすべて取っているというではないか!

彼女は
歯をしっかりさせるために
ただ綺麗なものをかぶせるだけでなく
土台をしっかりさせましょう、といわれたらしい。
確かに
家と同じで
土台がしっかりしていたらその上物、つまり前歯もしっかり固定される
といわれたらしい

そしてその説得に心突き動かされ、
そのまま言われるとおりに神経の治療をして、土台を立ててもらったらしいのだ。
勿論、セラミック。これは高価であったと思う。6本は治療していることだろう。

しかし歯は二度と戻らない硬組織だ。
軟組織なら復活するものだが、歯は違う。
一部の動物と違い歯がまた生え変わるわけでない。
勿論、乳歯が抜けたあとは
先天性の病気でもない限り永久歯という、大人の歯は普通に生えてくる

よくいわれる、生え変わりだ。
そして、大人の歯が永久的なものとなる。
いわば死ぬまでの付き合い。
つまり、大人の歯は一度なくしたら生えてこない。だから、大事にしたいものなのに
歯の神経を取るということはある意味恐ろしいことともいえる。

要するに歯はとにかく保存するのがベストである。
その一つの理由というのも、歯科に限らないが
医療は日進月歩であり
昨日まで正しいとなされていたことが実は
ただしくなかった、と
あとで訂正されることもあるからだ。

その現実には驚く。
何のために勉強したのだろうか、と思われるくらいに覆されることもある。
その一つが、いま挙げた土台のことだ。
土台とは神経の治療をした後に歯を強化するためにおくものである。
それは金属のように強いものにするのが従来良いとされていた。
学校でもそのように教科書でも習ったのである。
それで、金属の土台を置くということがよくなされていた。
推奨もされていたのだ。
私自身もよいものだ、と思っていたものであった。

しかし、いまや、どうだろうか。
それがもてはやされ約十五年経過。
何人の人の歯がその土台により折れてしまったことであろうか。

私はやはりこの細くてか弱い、神経の管のある
根っこの一部に金属をおくということ自体
実はずっとおかしいと一人で異論をかざし始めていたのだ。
しかし歯科の先生は怖い。
だから、
言えなかったという事実。
ああ、なんて弱虫。情けない。

そういうことが頻発していたということもあり
歯を強化するための金属の土台は
根のためにはあまり好ましく無いこととはっきりと言われるようになった。

本当にやれやれだ、世話が焼ける。

人の体の中に金属を埋め込むこと自体が
やはり不自然に感じたりはしないだろうか
まるで人造人間生成機構でもあるのならば
その世界に
貢献してるかのような世界に思うこともあるのだ。

また、今よく言われるインプラントの問題だが
体の組織になじみやすいから、と
チタンそしてジルコニアというものさえ使われているのだが
人体にとって異物には変わりはない。

この異物と人間がどこまで調和するか。
なんか人間は常に挑戦させられている気がしてならない。

未来の世界像として
人は機械人間のようになる未来を描いた漫画家も多いが、
あの漫画化レベルほどではないが
人は常に別の異物で体を補充するという選択肢を科学の進歩により
余儀なくされているような気がしてならない。

そして、あとで実はあまりよくなかった、といつも訂正される事実。

まさにリアルに常に人体実験。
リアルなホラーだ。
ある意味硬組織を無理やり置き換えるサイコパス。
その人間の本来持つ組織を殺してしまっているのだ。

もっと今持つものを惜しんでほしい、
現物を損なわないように気をつけてほしいな、と思う次第の私である。

ヘルニアで骨に何か埋め込まれる。
骨折して体にチタンを埋め込まれる。
これは人体にとり本当に親和性があるか。

どうか親和性がある、という話が
神話でおわりませんように。

このことをいつも必死になり祈りながら、
今日も私は治療をしないに近い歯科医療をしている。

ここはけずったら、硬組織が可哀想。
ここはお掃除だけにしておいてあげようか、と。

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】
**


2016-11-04 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事