fbpx
【全国で受講可能!天狼院マルチディスプレイを使用したゼミはこちら】

【85席限定】 脱広告を本気で目指す「発信力養成」ラボオープン!自前の発信力を養成して、目的を達成せよ!アクティブな100アカウントの生データで共に攻略法を研究するラボ《2023年4月本格始動》


■脱広告を本気で目指す「発信力養成ラボ」のポイント
・2023年4月本格始動!※2023年1月から先行して天狼院書店系のメディアで実験開始
・アクティブな100アカウントで、SNSなどのメディアを攻略し、自前の”発信力”を本気で養成する!
・新概念「ラボ」は、参加者全員で攻略法を導き出すための研究所!主体的に参加する!
・目標達成ABCシートで、発信力を何に使うかの目標を明確化し、目標の数値を設定する!
・様々な手段での学びを共有し、目標達成のための武器/手段を多数保有する!
・ミッション・クリアで受講料の50%がもれなくポイント・バック!
・還元ポイントで、テーマ別発信力養成講座やテーマ別超実践型読書会を選択式で受講!
・テーマ別で外部講師を招き、発信力養成を強化する!(※別売/還元ポイントで利用可)
・テーマ別でPRP/超実践型読書会を開催し、攻略法を習得する!(※別売/読書クラブ会員は無料)
 
■注意事項《特記事項》
・機密情報を公開するために、お申込み決済後、機密保持の誓約書にサインを頂いた上でのグループへのご案内となります。
・アクティブな100アカウントでの運用を目指しますので、非アクティブなアカウントの場合は、6ヶ月以降の継続受講をお断りする可能性があります。ご理解ください。
・本「発信力養成ラボ」で公開されたデータは、退会後もラボで使われます。多くのデータを集めることで、発信力養成を確実なものとするためです。また、長く在籍するとより多くのデータを参照しやすくなるという特長があります。
・現在ビジネスとしてSNSマーケティング・コンサルティングを取り扱っている場合は、ご参加をご遠慮ください。
 
【今もっとも必要なこと】
 
記事:三浦 崇典(天狼院書店店主)
 
正直言ってしまえば、僕らは昨年、潰れるかどうかの苦境に陥りました。
その原因は、コロナだけではない。
 
“広告“が効かなくなったことが、苦境のもっとも大きな要因のひとつでした。
 
その理由も明白で、2015年当時と大きく異なる点として、我々のような小さな企業だけでなく、大きな企業も、主戦場をFacebookなどのSNSやGoogle広告に移し始めたからです。
 
結構、独断場で広告のメリットを享受していましたが、巨人が小さな企業の主戦場を彷徨うようになり、広告単価が高騰し、広告の費用対効果が悪化しました。
 
実は僕は起業当初の2009年から後々Yahoo!広告となったオーバチェアやGoogleのリスティング広告を使って、研究をしていたので、そこそこの先行者利益があり、2015年から僕らが広告で勝てるモデルをほとんど確立していました。
 
ところが、2018年、2019年から巨人が彷徨い始め、徐々に費用対効果が悪くなっていきました。危機感を募らせていたのは、実は、コロナの前からでした。
 
さらには、ここに円安が襲いかかります。
Facebookなどの広告事業者は外国の企業で、ドルで請求が来る。円が安くなり、ドルが高くなれば、それだけ広告の費用対効果が下がります。
 
もはや、泣きっ面にスズメバチの大群で、野犬に手を噛まれ、両足は毒蛇に噛まれている状態でした。
 
それが、昨年の通信簿、つまりは決算書に表れた、大きな大きなマイナスの要因でした。
 
ただし、幸いだったのは、僕らはあらゆる危機を、合理的に認識していたことです。
 
そこで、今、僕らがやるべきことが明白に浮かび上がりますーー
 
自前の“発信力“を徹底して強化することです。
 
発信力を強化し、既存の顧客層とは異なる層に、日々数多くリーチすることです。
そうすると、費用対効果が悪くなった広告から徐々に撤退することができます。広告費を投下せずともよくなると、利益率が上がります。
 
実は、これに関しても、今年、2022年の始めから研究を始め、8月から実践を開始しました。
秘めフォトのInstagramが実験の場として利用されています。
8月から毎日投稿を続けて、4ヶ月以上、毎日更新し続けています。
当初、フォロワーは800人程度でしたが、今は1,350人を超えました(※2022年12月10日現在)。
 
重要なのは、数ではありません。フォロワーの質だということがわかりました。
 
今、秘めフォトは、各地で隆盛で、場合によっては定員の倍の申込み、16名様ほどが申し込まれます。通常コースが定員を超えるのは当たり前となりました。
 
Instagramのフォロワーは1万人を超える必要はなく、おそらく、3,000人程度で、広告費をゼロにしても定員オーバーの申込が来るだろうと想定しています。
 
Instagramのアルゴリズムは日々変わり、AIの癖も看破しなければならないので、毎日投稿は必須です。
 
Instagramの現時点でのビジネス利用と攻略法に関しては、間もなく、レポートとして社内に共有されるので、2023年年明けから、天狼院書店の各Instagramがそれに沿った、お客様と繋がりを強化する発信を始めることになります。今はエンゲージメント率が命です。秘めフォトだけではなく、天狼院書店の各店のInstagramのインサイト(解析情報)を合わせて研究することによって、更なる攻略法を導き出そうと思っています。
 
また、年明けから、天狼院のHPの大規模なリニューアルに着手します。
 
メディアとしての側面を強化して、発信力を今の2.5倍まで引き上げます。
発信力の強化は、「海の出版社」の本格的な旗揚げと並んで、2023年の天狼院のもっと重要な遂行事項のひとつとなります。
 
目標としては、2024年3月期に、広告費を“0”にしてもビジネスが容易に成り立つ状態にすることです。脱広告の完成が、2024年3月となります。
 
ここからが本題です。
 
2022年に始めた天狼院の事業として、副業受け入れ「解放区」があります。
これは、全国の天狼院で浸透し、日々、様々なイベントが開催されています。
お客様がお客様を呼び、隆盛のイベントが数多くあります。
 
一方で、せっかく立てたイベントでも集客に苦戦するイベントがあります。
 
そう、“発信力”が成否を分つのです。
 
リアルやSNSの人の繋がりで、一度は集客できた人でも、二度、三度と繰り返すうちに集客効果が薄れます。言い方が悪いですが、“繋がりの貯金”を使い果たした状態になります。
 
ポイントは、新規の顧客へのリーチです。
 
ゆえに、個々のお客様が“必要な発信力“を有しておくことが必要条件になります。
何も、1万フォロワーが必要なわけではありません。3,000フォロワーがあれば秘めフォトが全国で成り立ってしまうように、事業の大きさによって、その必要数は違うだろうと思います。
 
お客様の成功は天狼院の成功、と掲げる天狼院としては、解放区を利用して、お客様に成功してもらわなければならない。
 
そこで、天狼院が2023年に社運をかけて挑む、発信力強化プロジェクトを、お客様にも解放しようと考えています。ゼミや講座ではなく、新しい概念の「ラボ」を創設し、天狼院のメディアの数値をすべて公開しながら、トライ&エラーを繰り返し、“必要発信力”を手に入れる研究所を開くーー
 
当然、費用をいただきますが、僕らがそれ以上に欲しいのは、“お客様の成功“です。
 
今回でいうと、より強固に、お客様の数値的な成功が、天狼院の成功につながります。
なぜなら、より多くのデータを解析することによって、天狼院の大きな目標である“2024年3月期に広告費0を達成する”の実現可能性が増すからです。
 
そう、お客様が成功し、発信力をつければつけるほど、その目的の実現可能性が上がります。ひいては、お客様が主催するイベントや劇団の集客も容易になり、解放区も盛り上がります
 
この「発信力養成ラボ」は、天狼院とお客様が運命共同体となるということです。
 
社内の最高機密のひとつであるメディアに関する数値も公開するので、漏洩を防ぐためにも、人数限定で顔が見える範囲でやりたいと思っています。
 
今、対象として考えているメディアが、
 
Instagram
Facebook
ブログ/HP
YouTube
LINE公式
 
です。
必要に応じて、Twitter、TikTokがこれに加わる可能性があります。
 
天狼院書店を含めて、もしアクティブな100アカウントを長期的に解析できれば、必要な発信力の確保は、決して難しいことではないと考えています。
 
だとすれば、天狼院のアカウントとスタッフのアカウントを除くと、あと85アカウントほどが募集対象となります。
 
また、ラボで研究するだけでなく、適宜コンサルタントや著者の方など専門家も招いて様々な知見を取り入れたいと思っています。
 
発信力養成ラボが主宰する、発信力の論点に関する実践型読書会も開いていこうと考えております。
 
すべては、必要な発信力を手に入れるためです。お客様に、目標を達成していただき、僕らも脱広告を本気で達成しようと考えております。
 
新概念「ラボ」として始まる「発信力養成ラボ」、長期的なお付き合いになると思いますが、本気で発信力をつけたい、アクティブな方の参加を本気で待っております。
 
運命共同体として、ともに自前の発信力を養成しましょう。
 
ただし、機密情報を共有することになりますので、少し特殊でお手数をおかけしますが、お申し込み後、機密情報を秘匿する旨の誓約書をお出しいただいての、グループへの案内となりますので、その点はご理解いただければと思います。
 
どうぞよろしくお願いします。
 

❏「発信力養成ラボ」開催スケジュール(毎月第1水曜日19:00〜20:30)


第1回 2023年4月5日(水)19:00〜20:30

第2回 2023年5月3日(水)19:00〜20:30

第3回 2023年6月7日(水)19:00〜20:30

第4回 2023年7月5日(水)19:00〜20:30

第5回 2023年8月2日(水)19:00〜20:30

第6回 2023年9月6日(水)19:00〜20:30

︙(以降も、毎月第1水曜日19:00〜20:30にて開催いたします)

概要


■講義回数と日程:月1回
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合(通信受講も含め)はどの時期からも受講開始することが可能です。

■募集アカウント/人数:85名様
 ※天狼院書店系の約15アカウントを含め、アクティブな100アカウントでの運用を目指す

■会場:
◯東京会場(講師登壇会場) 東京天狼院(雑司が谷)・・・定員10名

【サテライト会場】
◯福岡会場 福岡天狼院・・・定員20名
◯京都会場 京都天狼院・・・定員20名
◯名古屋会場 名古屋天狼院・・・定員20名

◯通信受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。リアルタイム生中継でご視聴いただくか、収録された動画をお好きな時間に視聴することができます。

*サテライト会場につきましては、大型スクリーンを使ってのサテライト受講となります。講師は、いずれかの店舗より登壇いたします。
*世の中の状況により、場合によっては急遽通信受講のみの開催と変更となる可能性もございます。予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
*ワークショップに関しては、店舗受講の方はそれぞれの店舗で行います。通信の方もFacebookのコメント欄でやりとりをすることができます。
*店舗会場で参加のお客様は席代として1ドリンクのご注文が必要となります。

・参加費 
   一般:¥22,000(税込)/月 
 読書クラブ会員:¥15,400(税込)/月
 ※「ラボ」は6ヶ月単位でのお申込みになります
 ※7ヶ月目以降は月々払いも可能
 ※ミッション・クリアで受講費の50%が天ポイントでもれなくポイントバック
 ※別売りの「テーマ別発信力養成講座」や「テーマ別超実践型読書会」は、必要に応じて選択して受講
 
参加アカウント登録 
     ブログ(WordPressでのオウンドメディアを含む)/Instagram/Facebook/Twitter/TikTok/YouTube/LINE公式の中から、1つ以上の登録が必須
 ※リーチ数などのインサイトが明確化されるメディアが望ましい
 ※2022年12月現在の当社知見から、Instagramは少なくとも登録することを推奨
・本格始動月 2023年4月
 ※2023年1月から天狼院書店系のメディアは本格始動します。早期申込みの方は、先行してそのデータにもアクセスできますが、2023年4月からしか参加費は発生しません。
 
■ミッション/MISSIONのクリアについて
・発信力養成ラボ総会への出席※リアルタイム出席 or 後日レポート提出
・日次レビュー/週次レビュー/月次レビューは、インサイトなどのスクショでOK!※グループに1分で投稿完了!
・最低でも【発信力養成ラボ総会への出席+週次レビュー/月次レビューの提出】で、ミッション・クリア

 

※レビュー例

■参加条件:
Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
「天狼院読書クラブ」の方は、本ゼミに30%OFF(更新済の方は半額)で参加いただけます。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

❏講師プロフィール


三浦崇典 | Takanori Miura

1977年宮城県生まれ。
株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。プロカメラマン。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』、2021年3月、『1シート・マーケティング』(ポプラ社)を出版。

雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。2009年4月1日に、「株式会社東京プライズエージェンシー」を設立登記し、その後、編集協力や著者エージェント、版元営業のコンサルティング業等を経て、2013年9月26日に「READING LIFEの提供」をコンセプトにした次世代型書店(新刊書店)「天狼院書店」を東京池袋にオープン。2022年現在までに、11店舗を全国に広げて、運営している。
雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。現在、雑誌やコミック、電子書籍も含めた自身の月間書籍購入額は15万〜20万円で、読書冊数は月に100冊を超える。

【メディア出演】(一部抜粋)
NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。

お申し込み方法


こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの決済、銀行振込みをご利用いただけます。
東京天狼院:03-6914-3618
プレイアトレ土浦店:029-897-3325
湘南天狼院:0466-52-7387
名古屋天狼院:052-211-9791
京都天狼院:075-708-3930
パルコ心斎橋店:06-6563-7560
福岡天狼院:092-518-7435

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括または分割):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

注意事項


※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。

・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。

・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。

・決済後の返金は承っておりません。


PayPalでの決済はこちら

※6ヶ月経過後は、1ヶ月毎お支払いとなります。
受講停止のご連絡がない限り、自動更新制となります。

一般の方はコチラ

 

¥22,000×6=¥132,000



 

受講会場
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)


読書クラブ(30%OFF)の方はコチラ

 

¥15,400×6=¥92,400



 

受講会場
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)


読書クラブ(11月以前に、50%OFF適用を継続の方のみ)の方はコチラ

 

¥11,000×6ヶ月=¥66,000



 

受講会場
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)


 

【PayPal加入手続きについて】


*PayPalを利用しての決済はアカウントの作成が必須になります。

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。アカウントをお持ちでない場合は、「アカウントを作成する」ボタンより、必要事項をご入力ください。

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。


 


お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


関連記事