fbpx
メディアグランプリ

天体観測と豆腐に学ぶ、趣味も仕事もできる人の共通点。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

記事:リコ(ライティングゼミ)
「はーい、ではみなさん画面をみてください。これは今の時間の空の写真です。さて、この白く丸いものなんでしょう?」
先生が子どもたちに質問を投げた。
教室の前に吊り下げられたスクリーンには、空が映っていて、空には白くて丸いものが、ぽっかりと浮かんでいた。
「月!」「金星!」「火星!」
教室の子どもたちからポンポン答えが飛んできた。
「正解は太陽。月はねぇ、今日は夜9時か10時くらいにでてくるよ」
その日、私たち親子は「冬の星座を学ぼう」という会に参加していた。
地域の子どもたち向けた集まりだった。
外はこの冬一番の冷え込みだった。暖かい部屋に入った私は、ほっとして、ちょっとぽーっとしくていた。
隣のお父さんは大あくびをしていた。
ところが。
私は先生の奇抜なプロフィールですっかり目が覚めてしまった。
「先生はね、小さいころから星を見るのが好きで、大学では地球惑星科学っていう宇宙の勉強をしました。で、おうちにはでっかい天体望遠鏡があって、月に1度天体観測会を開いて、近所の子ども達と星の観察をしています。
趣味はボクシングで、10年くらい前にチャンピオンになりました。
普段は、お父さんがやっていた豆腐やさんをやっています」
天体観測、ボクシング、豆腐。
なんと多才な!!
世の中にはたまにこんな人がいるのだ。
いくつも趣味があって、その趣味の一つ一つが深くて、その上仕事までできちゃうスーパーマンのような人が。
しかも、天体観測、ボクシング、豆腐という3つの取り合わせもユニークだ。
天体観測は、東工大で地球惑星科学を専攻したとのことで、さぞかし深い知識をお持ちなのだろう。
ボクシングはチャンピオンになったのだから、スキルが高いことは言うまでもない。
でも最後の豆腐は? 果たして先生の豆腐は美味しいのだろうか?
その会では豆腐の話は一切出なかったけれど、会が終わるころに私は確信した。
この先生が作ったお豆腐は美味しい。間違いない。

趣味も仕事もできる人。
世の中にはたまにこんな人がいる。
前の職場で一緒だった佐藤さんも、その一人だった。
当時、私たちは、製品開発の仕事をしていた。
佐藤さんは仕事熱心だった。
情報収集も、勉強もよくしていたし、実験もたくさんしていた。
時間という観点から見れば、遅くまで仕事をしている人は、もっと他にもいた。
でも、残業している人すべてが、その残業を成果につなげていたわけではない。
佐藤さんは時間をかけるだけではなく、色々な製品でアイディアを出し、製品化に貢献していた。
特許もたくさん出していた。
色々な製品で、いつも、キーポイントとなるアイディアを出すのは佐藤さんだった。
佐藤さんは趣味も多彩で、車にも詳しかったし、パソコンにも詳しかった。
そんなあるとき、私は意外な噂をきいた。
佐藤さんの最近の趣味は週末にアイスクリームを作ることだというのだ。
佐藤さんの趣味が車とかパソコン関係ときいても、「ああ、納得」だったけど、アイスクリーム作りはちょっと意外だった。
一気に親近感が増した私は早速きいてみた。
「佐藤さん、週末にアイスクリーム作ってるって本当ですか?」
「そうそう、誰に聞いたの? ちょっと凝り始めちゃってね」
佐藤さんが、「ちょっと凝っている」というからには相当凝っているに違いない。
「アイスクリームって家でつくれるんですね。私作ったことないです」
私がそういうと、佐藤さんはアイスクリーム作りについて、語ってくれた。
彼が最初に話してくれたのは、アイスクリームメーカーについてだった。
アイスクリームメーカーはアイスづくりに欠かせない唯一の道具で、材料を冷やしながら混ぜてくれる機械である。
佐藤さんは話した。
世の中のアイスクリームメーカーには2種類ある。
冷却機能があるものと、ないものである。
そして、両方のアイスクリームメーカーの短所と長所を解説してくれた。
なるほど。アイスクリームメーカー選びは美味しいアイスクリーム作りのポイントの1つであるらしい。
続いて私はきいてみた。
「アイスクリームの材料って、卵とか牛乳とか、わりと普通のものばっかりですけど、それと、アイスクリームメーカーさえあればできるってことですか?」
「うん。ただ、バニラビーンズはよいものを使った方がいいね」
聞けば佐藤さんは、ネットでさやに入ったバニラビーンズをわざわざ取り寄せているとのことであった。
バニラといえば、ビンに入ったバニラエッセンスしか使ったことがなかった私は驚いた。
「バニラエッセンスじゃだめなんですか?」
「うん。そこは大事だね。全然違うね」
佐藤さんはその夏にアイスクリームを始めたとのことだった。
数か月の間に、ここまでアイスクリーム作りについて確信を持って語れるようになっているなんて、さすが佐藤さんである。
佐藤さんの物事に対するやり方をみていると「俯瞰してポイントを掴むこと」が上手だなと思う。
最初にアイスクリーム作りについて聞いた時の語りだしが、それを物語っていた。
彼はまず、「世の中の」アイスクリームメーカーといったのだ。
きっと最初にたくさんのアイスクリームメーカーについて知識を仕入れて、アイスクリームメーカーについて俯瞰したのだ。
そして、「世の中の」バニラ香料を見て、バニラエッセンスじゃなくて、バニラビーンズを選んだのだ。
そこに到達するには、たくさんの情報収集や、アイスクリームの試作があったのだろう。
でもその結果、アイスクリーム作りの2つのキーポイントをつかんだのだ。
きっと、佐藤さんはアイスクリーム作りだけじゃなくて、車の趣味も、パソコンの知識も、仕事も、そういうやり方をしているのだ。

少し冷え込んできた教室で、私は天体観測の先生の豆腐が美味しいかどうかを気にしつつも、冬の星座の説明に耳を傾けていた。
オリオン座、カシオペア、アンドロメダ。
星座の説明はちょっと難しいところもあったけど、先生が星を愛していることが、よく伝わってきて、子どもたちは騒ぎもせず静かに聞いていた。
会の終わりに、先生は
「では、これからみんなで宇宙旅行をしましょう」
といって大きなスクリーン上で、ある画像を見せてくれた。
最初、画面には地球が映っていた
先生がパソコン上でマウスを操作すると、地球はどんどん小さくなって、月が見えてきた。
続いて、地球と月もどんどん小さくなって、金星、火星、と太陽系の惑星が見えてきた。
さらにどんどん太陽系が小さくなって、銀河系が、そして最後には宇宙全体が一枚の画面に収まった。
さながら宇宙のGoogle Mapのようだった。
Google Mapで自分の住んでいるところを検索して、そこからホイールをくるくるとまわして、世界地図をみたことが、誰でも一度はあるのではないだろうか。
先生は、地球から宇宙へと地図を広げたのだった。
一番最後は、その逆で、宇宙全体の地図をどんどん拡大して、地球に戻ってきた。
こうして、会場にいた人たちは、「宇宙旅行」をしたのであった。
豆腐が美味しいかどうか考え続けていた私はこの「宇宙旅行」で確信した。
俯瞰してキーポイントをつかむ。
その日の「冬の星座は学ぼう」にはその両方があった。
先生は「宇宙旅行」で宇宙を俯瞰して、今日のキーポイントである冬の星座について話したのだ。
きっと、たくさんの情報収集や試行錯誤をして、体系的に色々な事をできる人に違いない。
私は確信した。
この先生が作ったお豆腐は美味しい。間違いない。

今参加している天狼院のライティングゼミで、私はまた、多才な先生に出会った。
そもそも、書くこととは何か。
そして、キーポイントとなる、秘伝のタレとは。
第1講と第2講で、私は確信した。
三浦さんはたくさん書いて、たくさん読んで、書くことを俯瞰して、キーポイントをつかんだ人だ。
この人の言う通りにすればいい。間違いないと。

今は冬。
湯豆腐の美味しい季節だ。
晴れた週末に、天体観測の先生の豆腐を買いに行こう。
美味しい豆腐を食べながら、たくさん書いてたくさん読もう。
いつか、そもそもコンテンツとは、と俯瞰できる日まで。

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2016-12-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事