fbpx
チーム天狼院

【天狼院の使い方】来店前にこれを見ればもう大丈夫!不思議と足を運びたくなる書店「天狼院書店」ってどんなトコ? 絵:スタッフ山中


こんにちは。スタッフ山中でございます。

当店がオープンしたのは、2013年9月26日。
「READING LIFEー本を通した体験ー」をコンセプトに掲げ、部活やラボをはじめ様々なイベントをおこなっています。

それに伴い、ネット、ラジオ、新聞、雑誌、テレビと多くのメディアで取り上げていただき、
おかげさまで はじめて来店されるお客様が増えているとスタッフ一同実感しております。

「◯◯を見て、気になって来ました!」

というお客様の声を聞くたびに、思わず笑顔になってしまいます。

しかし同時に

「本は買う前に読んでもいいんですか?」
「部活って何ですか?」
「昼寝できるって本当ですか?」 等

天狼院に関する疑問の声もしばしば。

そこで!よりスムーズにご利用いただくため、改めて「天狼院の使い方」をお馴染みのゆるっとイラストでまとめてみました!

◇◇◇天狼院の使い方◇◇◇

①ワンドリンクオーダー(360円〜)で Wi-Fi 電源 席 をご利用いただけます!

店頭の書籍は自由に読んでいただいて結構です!上記の3つをご利用の場合はワンドリンクオーダーいただきます。
畳、堕落するソファ、冬には こたつ のご用意もございます。
”いつまでもいていい書店”それが天狼院なのです。

②部活・ラボ・イベント

天狼院では様々な部活やラボ、イベントがあります。

部活では、テーマにそった本をテキストとして、プロの講師の方をお招きし、技術を直接教わることができるのです!「READING LIFEー本を通した体験ー」本の知識は体験してこそ身につくもの! どの部活も毎回初参加の方がいらっしゃり、老若男女、様々な方と交流できるのも部活の良いところ。

ラボでは、ライティングやマーケティングのスキルを学べるものや、特別ゲストをお呼びしてのSPECIALトークライブ「未来ラボ」などがあります。これらは《プレミアム・ラボ》と言い、実質的なスキルを得たり、スペシャルゲストによるめったに聞けないお話を聞くことができます!

また、部活と連動したラボでは、お客様同士の交流が中心です。好きな分野を熱烈に語りたい! もっと楽しみたい! 同じ嗜好を持つ人との交流を深めたい! そんな人にぴったりです。

③読書会

毎週日曜日9;00〜は ファナティック読書会 という読書会を開催しています。
ファナティックー熱狂的なー その名の通り、熱く語れるものがあれば、本のジャンルは問いません!!他の方がその本のどんなところに惹かれたのか。どう感じたのか。聞くと不思議とその本が読みたくなってしまうものなんですよねぇ。事前に言っていただければ、紹介したい本を店頭に入荷しておくことも可能です!!

④天狼院LIVE

イベントの中には「天狼院LIVE」というものも開催しております。著者の方や編集者の方、はたまたアーティスト、お医者様、経営者等、スペシャルな方々のお話が直接聞けてしまうのです!
驚くべきはその満足度。毎回毎回得るものがある。そんなスペシャルなイベントです。

⑤天狼院BOX

天狼院では2500円以上書籍をお買い上げいただいた方に プレミアムカード をお配りしています。これは 天狼院BOXの応募券なのです。こちらをためて応募いただくと、カード枚数の多い方から 当選 となり、自分の選書した本のを天狼院に並べることができます。月1回の入れ替え性で、毎月毎月違う本と出会うことができます。自分の小さな書店をもてる。みなさんポップもご自身で作っていて、個性がでていておもしろい!!

⑥天狼院堕落庵

これがうわさの お昼寝サービスです。300円+ワンドリンクで最大30分寝れちゃいます。カーテンを閉めて、電気を消して、ブランケットかけて。これがまた居心地がいいのなんのって。
(別名 人をダメにする書店)

と、こんなところでしょうか。
その他にも
○朝の10時〜夜10時まで営業している
○18時以降はアルコールも飲める
○映画ラボ、手帳ラボ、企業ラボなど、講師を招かず部員が集まって行うイベントがある
○ワールドカップのパブリックビューイングができちゃう
….etc

説明すればするほど 本当にここは書店なのか と自分でつっこみたくなります

でも、

お客様がいて
スタッフがいて
堕落できて
新たな発見があって

ここが訪れる人にとって ”素敵な空間であることは間違いない” 思うのです。

不思議と足を運びたくなる場所 「天狼院」
池袋にお越しの際には ぜひお立ち寄りください。

問い合わせフォーム

TEL:03-6914-3618

 

天狼院への行き方詳細はこちら


2014-06-10 | Posted in チーム天狼院, 記事

関連記事