fbpx
メディアグランプリ

この書店こそ「夢の国」だ、と言い切れる理由


天狼院 橋本さん

記事:橋本 和憲(ライティング・ラボ)

 

昨今、活字離れが叫ばれて久しいが、電子書籍の台頭もあり書店を取り巻く環境は厳しさを増している。

子供の頃から無邪気に利用していたお店も、気がつけばいつの間にか閉店していることも珍しくない。その一方で新しく開店する書店もあるが、大手の本屋が多い気がする。店舗、テナントに関わらず、広い店内に所狭しと並ぶ本のラインナップと量に圧倒される。本を購入するには充分かもしれないが、本当のライバルはインターネットによる通信販売かもしれない。

 

そんな状況のなか、決して広いとはいえない店舗にも関わらず多くのお客の心を掴んで離さないお店がある。新規に店舗がオープンするとテレビやラジオの取材が押し寄せ、とても本屋の開店とは思えない状況となる。

そのお店の名前は「天狼院書店」。

名前だけ聞くとお寺と勘違いしてしまいそうになるが、間違いなく本屋である。東京池袋に店舗を構えているが、9月26日、福岡にもオープンした。

お店に入ると本屋とは思えない光景が飛び込んでくる。本棚には無造作に本が積まれており、選別、整理されている様子はない。お目当ての本がある場合には非常に探しにくいが、本を散策するならば思いがけない発見があるかもしれない。それはまさに宝探しと同じ感覚ではないだろうか。

 

人生も同じで、明日どころか次の瞬間のことさえわからない。
そして、運命のひと(男性or女性)にいつ出会うかもわからない。そう考えると、本も恋人もよく似ている。何気なく手に取った本が運命を大きくかえる可能性もあるのだ。そんな魅惑の空間を抜けると、今度は本棚にきちんと整理された本に出会う。限られたスペースの中で天狼院書店スタッフが厳選した本だ。こちらはお見合いといったところだろう。

 

星の数ほど存在する書店の中で、強烈な個性を発揮している天狼院書店をひとことで言い表すならば「ディズニーランド」がピッタリではないだろうか。テーマパークの要素を考えてみた時に「アトラクション」「食事」「思い出」というキーワードが思い浮かぶ。

アトラクションとはまさにテーマパークにおける主役であり、本屋にとってのアトラクションは本である。どれだけ面白い本に出会えるかにかかっているが、スタッフが厳選した本以外にも、お客の要望があればどんどん取り入れていくとのことである。売れる本を店頭に並べるのであれば、売り上げを見れば一目瞭然であり、スタッフにおいても相当の知識があるものと思われる。しかし、一人の人間が触れることの出来る情報は想像以上に少なく、全てを網羅するのは不可能である。そこで、ある特定の分野においてはスペシャリストといえるお客の声に耳を傾け、貪欲に意見を取り入れることによって足りないものを補うことが出来る。お客もキャストとして参加することができ、楽しみが広がる。

食事については、読書のお供に最適なソフトドリンクをはじめ、小腹が空いた時にはパンを主体にした軽食、そして夢の国ならぬお菓子の国の住人にはパフェも用意されている。好きな本を読みながらリラックス出来る食事をチョイスすることによって、自分で居心地の良い空間を演出することが出来る。メニューについては素材の改良やソフトクリームの追加など、お客の要望に応えるかたちで進化を続ける。

思い出については、普通に書店に来店して欲しい本を購入しただけではなかなか印象に残らない。しかし、不定期で開催されるイベントのラボでは、お客やスタッフのスペシャリストに先生をお願いして講義を行ったり、スタッフが部長となって部活動を行ったり、お店を飛び出して体験出来る貴重な交流の場となる。そこで思い出を共有することによって、楽しみの輪はどんどん広がっていく。

 

いずれの場合もスタッフとお客の二人三脚であり、書店の枠にとらわれず自在に進化を続けていく。これこそが天狼書店の真骨頂であり、永遠に未完成であるディズニーランドとの共通点である。そんな、手軽に行ける夢の国へ一度入国してみてはどうだろうか。

天狼院書店はいつでもゲストの入国を心待ちにしてる。

 

***
この記事は、ライティングラボにご参加いただいたお客様に書いていただいております。
ライティング・ラボのメンバーになり直近のイベントに参加していただくか、年間パスポートをお持ちであれば、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2015-10-06 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事