fbpx
メディアグランプリ

普通の主婦がカンニング竹山さんを目指すわけ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:川俣智恵子(ライティング・ゼミ日曜コース)

 
 

新型コロナ・ウイルスの影響で、外出の自粛が続いており、私の鬼ママぶりにもついつい拍車がかかる。3人の子どもと一日中家にいるというのは何ともストレスがたまる。

 

1歳児は、始終抱っこを求めてくる。かわいいけど、両手がふさがって家事ができない。
3歳児は「お手伝いしたいお手伝いしたい」と台所にやたら入ってきて、家事がしばしば中断される。調味料を取りたいのにこの子がじゃまで取り出せない。もはやお手伝いじゃなくておじゃま虫だ。イライラする。
7歳児はやたらとテレビを見たがる。目が悪くなるからそろそろ消して、と言っても、「これで最後にする」「もう一つだけ」となかなか消さない。
だんだん私の口調が強くなる。
「早く消しなさい!!」
仕方なく、しぶしぶ、息子はテレビを消す。
 

私が子どもの頃ならば、少しでも言うことを聞かないと、母に押し入れに閉じ込められたり、外に引きずり出されたりしていたものだった。田舎だったし、昭和だったし、よその子も同じようにやられていた。特別うちの母がひどい母親だったとも思わない。
でも今同じことをすると虐待で通報されかねない。
あーイライラする……。
 

そんな時どうするか。
子どもたちにおやつを渡し、「ママは洗濯物を干してくるからね」と言い残して二階に上る。手には任天堂DS用のカラオケマイクを持って。
 

このマイクは、大きな声で叫んでも音が周囲に漏れないよう、マイクの周りにカバーがついている。私はこれ以上叫べないくらい大声で叫ぶ。たった一人。二階の一室で。

 

「うわー!!」
「コロナウイルスのバッカヤロー!!」
 

マイクのカバーが、しっかり防音してくれているはずだ。子どもたちにも聞こえていないと思う。聞こえていませんように!

 

母に向かって叫ぶ。実家は100キロほど離れているので、聞こえることはない。
「よくも押し入れに閉じ込めたり、玄関から外に出してくれたな!! コノヤロー!!」
「私の体が小さいからって力ずくでひっぱり回してワガママ言わせないようにしやがったな!! そんなこと許されないんだぞ!! 子どもの気持ちをちゃんと聞けや!!」
 

それから時代に向かって叫ぶ。
「何なんだコノヤロー!! 親にやられた子育てをそのままやったら、今の時代じゃ虐待です、時代が変わりましたって、おかしいだろ!! 子どもの立場に立ちましょうだと!? じゃ、誰か私の立場にも立ってみろ!! 今の子どもにやっちゃだめなら昔の子どもにもやっちゃダメだろ!! わたしは被害を受けたんだ!! なかったことにすんな!! 謝れ!! 理不尽だ!! バカバカしい!!」
 

私は、ひたすらキレてキレてキレまくる。
理想の姿はカンニング竹山さんのキレ芸だ。
中途半端でやめると、怒りの残りカスに火がついて、あとで子どもにあたってしまう。だから、これ以上怒れないくらい、めいっぱい怒鳴って、せき込むくらい叫ぶ。
そして、洗濯物を干し、一階に戻る。
 

なぜ私は一人でキレまくるのか。
誰かを中傷するためじゃない。断罪するためでもない。
 

ただ、私の中に怒りがある。それをわが子にぶつけるのを避けたい。

 

茶碗を割ったり、不満を紙に書き出したりして怒りを発散させようとしたこともある。
でも、大きな音を出すと子どもを怖がらせてしまうし、書くのは時間がかかる。今のところ叫ぶのが一番良い方法だ。短時間で済む。ひとりでやればだれかを傷つけたり怖がらせずにすむ。
 

怒りとどうやって付き合っていったらいいのか。
子育てをしていると、どうしたって突き当たるテーマだ。
 

どうして私はこんなに怒ってしまうんだろう。

 

スマホで「子ども」「叱る」で検索したり、公民館の「アンガーマネージメント講座」に参加したり、心理療法の先生に相談に行ったりもした。叫ぶ方法はそこで教えてもらった。

 

怒りの源には、いつも「理不尽だ!間違っている!」と思わされる出来事があるらしい。

 

それを知ってから、私は立ち止まって考えるようになった。
この状況の「理不尽さ」ってなんだろう。
 

今のところ一番の答えが「時代」だ。
令和と昭和で子育てが違いすぎる。
私は、私がされた昭和50年代の子育てをしていいのであればいくらでもできる。言うことを聞かない子にはお尻ペンペンして、げんこつを食らわせる。シンプルだ。
でも令和の時代にはそれは虐待だ。犯罪だ。さらに世の中には「子どもには肯定的な言葉をかけて褒めて育てましょう」というメッセージが溢れている。
 

想像してほしい。

 

あなたは何度も殴られたけれど、他の人を殴ったら厳しく罰せられる。
あなたは暴力をふるわれて痛みを味わった。でもそれは過去のことだから、なかったことにされている。「誰も謝ってくれない」と釈然としないのはあなただけ。
そのうえで、「他人に優しくしなさい」と言われる。優しくされたこともないのに。
 

あなたならできますか?

 

できるわけねーし!! というのが私の答えだ。

 

私だって小さい頃、私の気持ちを大事にしてもらいたかった!!
力ずくで言いなりにさせられるのはイヤだった!!
私の話をちゃんと聞いてもらいたかった!!
私の気持ちをわかってもらいたかった!!
 
そういう願いをちゃんと叶えてもらってないのに、「抱きしめて愛情たっぷりに育てましょう」なんて、できるかそんなもの!!

 

今日も私は、キレてキレてキレまくる。
怒りの炎を燃やして、燃やして、灰にする。子どもにはぶつけたくないし、親にぶつけても仕方ない。一人でやる。私は孤独な焼却炉だ。
 

もし、あなたが私と同じような育ちをして、「○○ちゃんのママみたいに優しくなれない」と落ち込むことがあるとしたら、私は言いたい。
〇〇ちゃんのママは松阪牛で、あんたはオージービーフなの!!
松阪牛はビール飲んでおいしい餌食って昼寝してるんだぞ!!
あんたはそこら辺の草しか食ってないのに「私、なんで霜降りじゃないんだろ」って、図々しいにもほどがあるよ!! もとから全然違いすぎるの!!
 

あんたの旦那も子どもたちも、オージービーフが大好きなんだ!!
無理して優しくなろうとするな!!
お互いおいしいオージービーフのままで、胸張っていこうぜ!!
 
 
 
 

***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」《5/3(日)までの早期特典あり!》

 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

天狼院書店「プレイアトレ土浦店」 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-04-30 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事