fbpx
メディアグランプリ

結婚を等価交換と思えれば、アラフォー婚活は成功する!


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《平日コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《平日コース》

記事:千葉潤子(ライティング・ゼミ)

私の職業は仲人だ。結婚したい男女を引き合わせ、結婚が成立するまで(業界用語で、『成婚』という単語を使う)をサポートし、それに対して報酬を得ている。職業柄、日々多くの結婚を望む男女と会っている。

結婚相談所に入会する6割以上が女性で、35~39歳の年齢層が一番多い。女性の場合、出産や子育てについて、男性よりも真剣に考えるので、お金を払って結婚に繋がる出会いを求める人が多いのだろう。実際、入会時に子どもが欲しいか否かを確認するが、大半が「欲しい」と答える。

システム上で自分の理想に合う人を選び、お見合いを申し込むのだが、会員の6割強が女性なので、35歳以上の女性になると申し込まれる数が一気に減る。システムで理想の相手を検索する際、女性は男性の年収で検索するが、男性は女性の年齢で検索するからだ。まずアラフォー女性は、年齢の検索で自分が引っかかりにくいことを認識しなくてはいけない。つまり、自分から積極的に興味のある男性にお見合いを申し込まなければ、自分のプロフィールが男性の目に触れることも少ないし、お見合いも成立しないのだ。

他方で、人気の男性会員を見ていると、日々何十件も申し込みがあるので、自分で検索する必要もなく、申し込みされた中から好みの女性を選ぶ傾向がある。彼らが選ぶのは、大体が若くて美しい女性だ。悲しきかな、アラフォー女性が選ばれる確率は低い。年収、職業、学歴、容姿……好条件の男性は、ライバルが多いことを理解していないといけない。どんなに美人でも、アラフォーというだけで彼の条件から外れてしまうことがある。

アラフォー女性で婚活が上手くいっていない人のパターンとして、「お金を払って、サービスを利用しているわけだから、好条件の人と出会わなければ意味がない」と思っている人がいる。この考えだと、結婚相手を『買い物』しているのと同じである。男性も馬鹿ではないので、条件で近寄ってくる女性をすぐに察する。

以前、こんなことがあった。男性は40代半ばのエリート国家公務員。職業柄、全国転勤がある。お相手女性の1人はアラフォー世代で、「彼の転勤に、どこへでもついていく」と明言した。20年近く勤めた職場に未練はなく、これからは家族に尽くす人生を歩みたい、とのことだった。しかし、その価値観が彼の心を遠のかせた。彼が最終的に選んだ女性は、30代半ばで、仕事に誇りを持ち、責任のある立場を任され、彼の転勤にはできればついていきたくない、と言いきるタイプだった。

男性にとって、アラフォー女性と結婚するメリットは何だろうか? 20代や30代前半の女性と、容姿で競っても無駄だ。パートナーとしての価値観も、20代や30代前半女性と同じでは、選ばれない。専業主婦アピールをされても、むしろ重荷になることがある。

アラフォー女性たちの結婚を多く見てきたが、彼女たちに共通しているのは、『自立』と『自律』だ。経済的に自立していること。精神的に自律していること。男性に高収入を求め続ける女性、相手を試して気持ちをひくような、若い頃に成功したテクニックを使い続ける精神的に未成熟な女性は、残念ながら結婚できていない。

「結婚は、等価交換だよ。相手に求めすぎてはだめ。自分も与えないといけないのよ」
かつて、年上の友人がアドバイスしてくれた言葉は、結婚後にその真意に気づかされる。

私は、入会時にどのような相手と結婚したいか聞く。そして、その後に必ず質問をする。
「では、(あなたが希望する条件の)男性があなたと結婚するメリットはなんですか?」

アラフォー女性と結婚する男性は、「仮に子どもができなかったとしても、彼女となら楽しい人生を過ごせそうだ」と思って選ぶのである。二人でいることに楽しさや安らぎを感じられなければ、アラフォー女性は選ばれない。
仮に、条件で相手を選ぶことをどうしても止められないのであれば、あなた自身も条件で選ばれることを覚悟しないといけない。それだけの条件を、兼ね備えているべきである。

アラフォー女性の婚活成功の極意は、『結婚は等価交換』と認識することから始まる。求めるだけでなく、豊富な人生経験の中で与えられることを棚卸してほしい。そして、条件だけでなく、本質的な側面で相手を選んでほしいし、そんな相手と結婚に繋がる交際を深めてほしい。

私自身、36歳の時に夫と出会い、38歳で結婚をした。以前は、条件で男性を選んでいたが、実際に結婚した相手はその真逆にいるような人だった。私自身がかつては条件で男性を選び、そして婚期を逃してきたから言えるのだ。

「結婚が等価交換なら、したくない」
それも選択肢の一つだ。
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《平日コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《平日コース》

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL 03-6914-3618 FAX 03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN

〒605-0805
京都府京都市東山区博多町112-5

TEL 075-708-3930 FAX 075-708-3931
kyotomap

【天狼院書店へのお問い合わせ】

〔TEL〕
東京天狼院:03-6914-3618
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2017-03-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事