メディアグランプリ

強引に勧誘されて始めた吹奏楽は、スルメみたいなものだった


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:高浜 裕太郎(ライティング・ゼミ平日コース)

 
 
「おい、お前吹奏楽なんかやってんの?」
「オタクじゃねぇーか。ワハハ」
 
これは私が言われた言葉ではない。中学校の時の、同じクラスの男子が言われていた言葉だ。彼の名前はY君という。Y君は、吹奏楽部唯一の男子部員だった。私は、彼が度々このような暴言を吐かれているのを聞いていた。私自身も「吹奏楽は女子がやるもの」なんて偏見を抱いていた。だから、吹奏楽部に所属している男子に対しても、「なんであんなものをやってるんだろう」と少なからず思っていた。
 
この時の私は、高校生の私が何部に入っているかなんて想像もしていなかった。
 
私は、15歳まで過ごした熊本を離れ、福岡の高校に進学した。そこは私立高校で、運動部に力を入れていた。私が中学校までやっていたサッカーも、例外ではなかった。特待生をたくさん取り、部員も数十人単位でいた。私が入っていた田舎の学校のサッカー部とは次元が違った。だから私は、サッカー部に入ることをスッパリ諦めた。きつい練習はしたくないと思った。
 
その頃、許斐剛さんの『テニスの王子様』にはまってた時期でもあったから、テニス部に入ってみようかなとも思った。テニス部は、特待生もほとんどおらず、やっていける気がしたからだ。けれども、顧問の先生とのそりが合いそうになかったので、これも止めた。
 
けれども、帰宅部だけは嫌だった。そもそも友達をつくるのが苦手な私は、部活に入って仲間と同じ時間を過ごさないと、友達ができないと思っていた。だから、何部でもいいから入ろうと思った。
 
その時だった。やたらと体格のいい人が、私に話しかけてきた。知らない人だ。
 
「ねぇ、ちょっと今時間いい?」
「え、はい。いいですよ」
 
校章を見る限り、上級生なのは確かだった。おそらく3年生だろう。部活動の勧誘だろうか。
 
「吹奏楽部なんやけどさ、見学だけでもいいけん来てくれん?」
彼は私に懇願した。今もそうだが、私は頼まれると断れないタイプなのだ。
 
「え、いいですよ」
すると彼の顔は明るくなり、「うおー! ありがとう! とりあえず部室に行こう!」と言って、自分についてくるように言った。私は承諾したものの、吹奏楽に対してはかなりの偏見があったので、適当に見学だけして帰ろうかと思っていた。
 
そして部室に入った時、私は出会ってしまった。現在まで続けることになる「打楽器」という存在に。
 
その学校は、マーチングに力を入れている学校だった。マーチングの打楽器は、とにかくカッコいい。叩くだけではなく、バチを投げたり、回したりする。それを、いとも簡単そうにやってのけるのだ。
 
その光景は、私にとって衝撃だった。同時に、「これが出来たらカッコいいやろうなぁ!」と思った。そして気付いたら、入部届を書いてしまっていた。
 
そんな衝動買いのような形で始めてしまった吹奏楽を、結局大学でも社会に出ても続けてしまい、吹奏楽歴は9年目に突入した。9年も吹奏楽をやっていると、吹奏楽に対して色々な思いが芽生える。その思いについて、少し話したい。
 
吹奏楽は、言ってしまえばスルメみたいなものである。大前提として、音楽に正解はない。上手い下手はあるだろうが、基本的に芸術なので、どんな音楽も認められるべきである。
 
そして、正解がないからこそ、やり込み甲斐があるのだ。自分が演奏する立場になった時には、「こういう叩き方をすれば、もっと良い音色が出るんじゃないか」とか「ここは違った叩き方の方がいいな」とか思ったりする。その思いは、吹奏楽をやり込めばやり込むほど、強くなる。自分が上手になって、表現の幅が広がれば広がるほど、やりたい音楽が見えてくる。
 
要するに、やり込めばやり込むほど、魅力が出てくるのだ。それは、スルメに似ている。
スルメだって、噛めば噛むほど味が出てきて、美味しくなるのだ。その意味で、吹奏楽はスルメなのだ。
 
中学校まではバカにしていたのに、高校になって始めてしまった吹奏楽。私は今でも、吹奏楽の魅力の虜になっている。
 
あなたがもし、オーケストラや吹奏楽を聞く機会があるのならば、奏者の「こだわり」に注目してもらいたい。その「こだわり」はきっと、音楽が持つ、スルメのような魅力から生み出されているものだと思うから。
 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《東京・福岡・関西・全国通信受講》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-08-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事