メディアグランプリ

「隠れがんこ」な人のバージョンアップ方法


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:萩本孝子(ライティング・ゼミ日曜コース)

 

「ごめん〜 行きたいと思ってたんだけど、やめとくね。

やっぱり、自分が好きな服じゃないと着ないってわかったの」

 

前に洋服のコーディネートを教わった先生と一緒に行く「お買い物ツアー」やるよ〜。

と誘ってくれた友人のメールへの返信。

「OK〜」

と、気をつかったのか、深追いなしのあっさりした友人の返事を見て、ちょっとだけチクリと心が痛くなった。

 

 

 

また、やってしまった。

 

 

 

 

基本的に、学んだり知識を得たりするのは好きなので、今までに、いろんな講座やセミナーを受けてきた。

ビジネス、心理学、ヨガ、コーチング、イラスト、お習字、カラー etc.

月、何千円から、数ヶ月かで何十万円というのまで……

 

高い確率で、多くの講師はこんな事を言う、

「素直な人が上達します」

「素直に言われたことをそのままできる人が、一番早く成功します」

 

私は自分でわりと素直な方だと思っていたし、ちゃんと言われた事はできると思っていたので、大抵の場合、

「きっとうまくいく」

と思い、

「言われた通り、ちゃんとやろう」

と思ってはじめる。

 

そして予想通り、新しいことをやるのは面白く、言われた通りとても素直にがんばるので、それなりに上達する。最初の頃は。

だけどなんか途中から、

じわじわ〜 じわじわ〜と、

なんか「違う」と思いはじめて、苦しみが始まる。

 

「いやいや、きっとこれは、誰でも通る最初のつまづきなんだ」

「うまくいかないから、逃げ出したいと思ってる心の弱さだよ」

そんな感じで、自分を説得し、がんばるんだけど、何度目かのがんばりの末、萎える。

そして、

「なんか私の美学というか価値観というか、それが違うって心が言う」

とかなんとか、理屈を並べ出して、自分流にアレンジをはじめる。

 

こんなことの繰り返し。

当然、完成できない。時間がかかる。亜流になる。途中で終わる。

あるいは、

なんか自分で勝手に気まずくなって、そこの場所から離れてしまう。

 

 

なんか私、素直なふりして、本当はそうじゃない。

 

 

友人から誘われた、コーディネータの先生と行くお買い物ツアーも

前に行った時はすごく楽しかったし、先生も素敵だった。

すごくいいなぁ〜 と思って、この先生のいう事を素直に聞いていたら、きっとおしゃれなコーディネートができるようになるんだろうなぁ〜 と期待も膨らんでいた。

もう何ヶ月も前に、涼しくなったらまた行こうね〜 と言っていて、

とても楽しみにしていたのに、なんで気が変わっちゃったんだろ。

 

友人に悪いし、なんか自分の気持ちが頑なな感じで、

これって、素直なふりして、実は「隠れがんこ」なんだな、と、ちょっと自分が嫌になる。

 

 

例えば、がんこはがんこでも、

はじめる前か、せめてはじめてすぐに、

「これ私の好きなことじゃないわ」

ってわかったら、とても楽なはずなのに。

 

 

…… あ、でも。

 

その場面を想像する。

誰かに何か誘われたとして、瞬時に好きじゃないとわかって

「それ、好きじゃないのよ」

って、断ったら……

 

私が誘った相手だったとしたら、

「試してみたら、楽しいかもしれないのに」

「もったいな〜い」

「融通きかないなー」

「ちょっとは合わせてくれてもいいのにねー」

とか思っちゃうな。

 

あぁ、

だから、私は、とりあえずやってみるのかもしれない。

 

 

 

だけどなぁ、なんか無駄に遠回りしてる気もするんだよな。

気がつくまでに費やした、時間とお金がもったいなくない?

 

う〜ん、でもさ。

ちょっと自問自答してみる。

 

「何かを習って、自己流になって困ったことってある?」

→ せっかく、高いお金と時間をかけて習いにいったのに、

そこでの成功を手に入れられてない。

 

「そこでの成功を手に入れられてなかったら、行ったのは無駄だった?」

→ いやぁ〜、それなりに知識やノウハウは得たので、無駄ではなかったと思う。

 

「無駄じゃなかったんだ」

「じゃぁ、そこでの成功を手に入れられてたらどうなった?」

→ 達成感は味わえたと思うけど、なんか居心地悪いかも。

 

「なんで?」

→ だってそれは、誰かの真似で、自分流じゃないから

 

自分で自分に質問してて、笑ってしまう。

なんだ、結局「自分流」が一番好きなんだわ。

 

 

 

とはいえ。

世の中には知らないことが山ほどあって、

一から全部、自分流でできるほど、時間も体力も先立つものもない。

知識も経験もノウハウも、

知ってる人から教わるのが、一番早く、一番確実。

そして、私は「知りたい!」

 

 

そうか、なんかわかった!

 

<「隠れがんこ」な人のバージョンアップ方法>

 

  1. 興味のあるものには、首を突っ込む
  2. とりあえずやってみる。
  3. やりたい事と、やれる事はどんどん取り入れる。
  4. あとは…… あきらめる(←努力して受け入れても、どーせ途中で放棄する)

すると、

  1. 少しだけ、バージョンアップする。
  2. あとは、自己流でがんばる。
  3. もう少しだけ、バージョンアップする。
  4. 1に戻る

 

結局これだわ。

素直な人より、少し遠回りかもしれないけど、繰り返して、少しづつちゃんと成長してる。

 

たぶん、大事なことは、

途中でアレンジしてしまう、がんこな自分に不安にならないで、

「これが私のバージョンアップ方法だ!」と

自信を持ってやっていくことなんだろうなと思う。

 

ちょっとづつでも、絶対、確実にバージョンアップする。

スパイラルに成長しているってことじゃない!

 

「隠れがんこ」な人、他にもいるかな?

ちょっとづつでも、成長していきましょ!

 

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座1講座(90分×2コマ)《9/18まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-09-15 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事