プロフェッショナル・ゼミ

触れられることを想像したら「ふつう」に生きることがよくわからなくなった《映画『月と雷』×天狼院書店コラボ企画》


*この記事は、「ライティング・ゼミ プロフェッショナル」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

 

記事:松下広美(天狼院書店ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース)
 

すーっと肌の上を手が滑っていく。

産毛をなぞるような、やわらかなタッチ。

背中、腕、腰……。

手は何往復もしていく。

そして、隠れてしまった指先の行き先を想像する。

 

あの手で触られたら、気持ちいいのかな。

 

男の人の手なのに、細く長い色気のある指先。その指先が、自分の肌を滑っていくことを、頭の中で思い浮かべる。

からだの中心……胸の中の、心臓ではなく、そのまた奥の自分では触れられない部分が、疼く。

 

ほんとうは、あの手で触れてほしかったんだ。

忘れていたはずの、何年も前のことが思い浮かぶ。

 

 

仕事が終わって、職場の先輩と飲みに来ていた。

2軒目に移動して、先輩はペースを落とさず飲み続けていた。

あーあ、また送っていかなきゃいけないのかな。

先輩と飲むのは好きだけど、かなりの確率で酔いつぶれてしまう。それを送っていくのは私の役目。

少しペースダウンしようかな。

ロックグラスの氷を指でカラリと弄ぶ。

 

「俺も一緒に飲むよ。お前ら、久しぶりだよなー」

お店のスタッフの彼は私たちのテーブルに座った。

閉店近くになり、他のお客さんはいなくなり、私たちだけになっていた。

「いいねー飲もー!」

先輩の「いいね」の「ね」が「れ」に聞こえる。呂律が回らなくなっている。やっぱり今日もヤバそうだ。

 

先輩とその彼はかつての同僚だった。私が入社する前に、彼はうちの会社に勤めていたらしい。転職して居酒屋店員になり、「うちの新人なのー」と先輩に紹介してもらってから、顔なじみになっていた。

 

「ラーメン食べてくか!」

「行く行く!」

近くに屋台のラーメン屋があるから、食べに行くことになった。

ペースダウンしようと思っていたはずなのに、すっかり忘れていた。

楽しく酔いが回っていた。

ラーメン屋でもビールを飲み、騒ぎすぎるほど騒いだ。

 

ラーメン屋を出て、お店まで歩いていた。

深夜の2時頃。

日中ほど車通りはなく、静かだった。

静かなのをぶち壊すかのように大きな声でしゃべりながら、先輩ともう一人は前の方を歩いていた。

私と彼は後ろの方を歩いていた。

「あいつら元気だなー」

そうですね、と答えようと思ったら、手をぎゅっと繋がれた。

「手……」

「いいじゃん」

いいのかな。

もう言葉はなかった。

繋がれた手が、言葉とは違うものを伝えていく。

そのとき私たちは、夜の空気とも、前に歩いている二人とも、違う空気に包まれていた。

 

「じゃあ」と言って別れた。

すっかり酔ってしまった先輩を送り、家に着き携帯を見ると、彼からメールがきていた。

「いまどこ? なんで帰っちゃうんだよ」

 

あのとき、アクセルを踏むことはできなかった。

彼女がいる彼と、それ以上の関係になることは「ふつう」じゃないと思った。

手を繋いで歩いた、ただそれだけだった。

 

 

映画「月と雷」を観て、ただ手を繋いだときのことを思い出した。

 

泰子が「あのときみたいにしてほしい」と智に言う。

子供の頃は、ただ撫でていただけなのに、撫でてほしかっただけなのに……。

 

泰子と智の「はじまり」は、秋がやってくるときのようだった。

ふとした瞬間に、夜はこんなに涼しくなったんだ。と、気づく。昨日まで暑かったのに涼しくなったことを感じると、昨日まで蝉の声だったのが、鈴虫の声になっていることにも気づく。

いつ、秋はやってきたんだろう。

季節の変わり目がいつだったのか、考えときにはもう次の季節はやってきている。

 

気づいたときには、はじまっていた。

いつはじまったのかもわからないくらい、自然だった。

いや、今はじまったわけではなく、ずっと昔から、はじまっていたんだろうか。

 

 

この映画を観なかったら、彼と手を繋いだことなど、思い出すことはなかったのに。

ほんとうは触れたかった。

触れたいのに、触れられない。

触れられたいのに、触れてはもらえない。

こんなに切ない気持ちだったことなど、思い出すこともなかったのに。

自分でも、そんな気持ちに気づいていなかったかもしれないのに。

 

 

大人になったことで、はじまることに臆病になってしまっている。

「ふつう」じゃないことに、ブレーキがかかってしまう。

生きることに、いまを守ることに精一杯になってしまい、ほんとうの気持ちにフタをしていないと、ふつうに生きられない。

 

あの智の手に触れられたら、「ふつう」なんて、どうでもよくなってしまうんだろうか。

そもそも「ふつう」ってなんなんだろう。

 

ふつうじゃなければ生きにくい世の中で、ふつうじゃない人たちが一緒に生活をする。

「月と雷」では、そんな物語が進んでいく。

 

 

いつか、大切な人ができたとき、この映画を一緒に観たい。

そして「あんなふうに触れてほしい」と伝えようと思う。

そうして大切な人と繋がったとき、「ふつう」に生きることが何なのか、わかるような気がする。

 

 

映画『月と雷』
出演:初音映莉子、高良健吾 、草刈民代 / 原作:角田光代 / 監督:安藤尋
10月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー!
http://tsukitokaminari.com
(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C) 2017 「月と雷」製作委員会

天狼院書店「東京天狼院」「池袋駅前店」にて前売券販売中!

***

この記事は、「ライティング・ゼミ プロフェッショナル」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《10/1まで特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



関連記事