メディアグランプリ

結婚12年目 結婚指輪をそっと外す


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:緒莉香(ライティング・ゼミ 通信専用コース)

 
 
「もう、限界だ……」
私は、左手薬指の指輪をそっと外した。

大きなため息が出る。

過去、何度か危ないことはあった。

子ども達を妊娠している時も、危機的状態に陥ることもあったが、なんとか指輪を外さなくてすんだ。
意味はちょっと違うかもしれないが、産後クライシスも乗り越えた。

なのに今回は。
どうしてこんなことになっちゃったんだろう……。
耐えられないくらい、悪化させてしまった……。

私は、思い当たることを探し出すために、胸に手をおいて考えてみた。

今年の梅雨あたりから、私は気分が落ち込むことが多かった。
3月くらいはとてもやる気に満ちあふれていた。やりたい事も沢山でてきて、実際に新しく始めたこともあった。
それが急にしぼんでしまった。
今までにないようなテンションの上がり方だったので、その反動がでたのだろうか。
空気の抜けたボールのように、まったく弾まず。へこんでいた。

それに加え、この夏の暑さだ。
ダブルパンチだ。

気分もへこみ、体調もすぐれず、イライラすることが多くなった。
ストレスだ。

これだ、これがいけなかった。
ストレスをうまく発散できず、やってはいけないことで爆発をさせてしまった。

今さらだが、後悔ばかり浮かんできた。
あの時、あんなことをしなければ、今、こんなに悲しい思いをしなくてすんだのに……。

私にとって指輪は最後の砦だ。
貴金属は全部外さないといけない検査の時ぐらいしか、結婚指輪をはずしたことがない。
それだけ大切な物だ。
長年つけ続け、もう体の一部と言ってもいいくらいだ。

世の中には、早くに結婚指輪を外し、新しい指輪につけかえる人も多いようだが、私は嫌だ。
歳を重ねても今の結婚指輪をつけ続けたい。

あまり貴金属を身につけない私は、指輪を自分で買うということはほとんどなかった。
なので、結婚前に宝石屋で指輪を選ぶのは、とても新鮮だった。
小さいけれど、石もついているし、指輪の裏側に文字も掘ってもらった。
うれしいけれど、少し恥ずかしい気持ちもした。
大事にしようと心の中で誓った。

私は鞄から、もらってきた用紙を広げる。
説明をよく読んで、埋められるところから書き込もうとする。
でも、ペンが進まない。
本当に私にできるのか?
まだ幼い子どももいる。
お金や時間の問題もある。

悶々とした時間が流れて行き、どうにも八方ふさがりの状態になってしまったので、私は腹をくくった。
相談しよう。
子どもの事もあるので、同居している義母に聞いてもらおう。
なによりも、指輪を外した経験者である。

“自分”ではなく、“知り合いの知り合い”という形で、義母に話をしてみた。
「お義母さん、ちょっと話を聞いてください……」

静かに聞いていた義母は言った。
「子どもがまだ小さいんだったら、他にも方法があるんじゃないかしら」
やはり、考えていた通りの答えだ。
娘がもう少し大きければいいのだが、まだ2歳だ。
ママ、ママと甘え盛りだ。

聞きづらかったが、指輪についても聞いてみた。
結婚何年目で外したのか。
「15年目くらいかしらね」

たしか、義母は25歳くらいで結婚したので、40歳くらいで結婚指輪を外したのか。
今の私と同じくらいだ。

40代というのは、変化の年なのだろうか。
若いときとはいろいろと変わってくる。
自分自身もだが、関わってくるものもかわってくる。
身軽に行動をうつしにくくなってくる。

ふむふむと、私がいろいろと考えていたときに
「Y(私の息子)がね」
と義母が思い出したように言った。
「お母さんが4kg太ったって言ってたけど、元が細いからそうは見えないわね」

……あぁ、知っていたのか、お義母さん。
……息子よ。なぜペラペラそういう事を言いふらすんだ。

もう、いいや。全部話そう。その方が楽だ。
人に言った方が、減量もうまくいくかもしれない。

「そうなんです。この夏に太ったんですよ」
と私はせきを切ったように話し出した。

妊娠していたときは10kg近くは太ったのに、指輪をなんとか外さなくてすんだこと。
(たぶん、お腹の方に増加が集中し、指周りはそこまで肉がつかなかったと思われる)

今回は、3、4kgにもかかわらず、太り方が若いときとちがうこと。
むくむ様な太り方で、指輪がきつくなり、指に食い込み赤くなってしまったこと。
このままつけておくと、皮膚科のお世話にならないといけなくなりそうだったので、外したこと。
それでスポーツジムとか、ヨガとか通うか迷っていたこと。
それらを一気に話した。
スッキリした。

「背中に肉が付いたら、落ちにくくなるわよ~」
と、脅された。
「どうしようもなかったら、2時間ぐらいならS(私の娘)を見ててあげるわよ」
と、義母が言ってくれた。
ありがとうございます。

とりあえずは、甘いものと炭水化物を控えることと、一日一万歩歩くことから始めることにした。

薬指の赤いかぶれが治った後、もう一度結婚指輪をはめる時私の体はどうなっているか。
駄目だったら、なし崩しのように体重の増加の危険性がある。
結婚指輪の外れた薬指を見ながら、今日もこつこつ歩いている。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-10-13 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事