メディアグランプリ

長女が次女で、次女が長女で


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
記事: 窪園由希(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
私は2人姉妹で、3歳下の妹がいる。
 
顔つきは少し似ているけど、性格や行動は正反対だ。
小さい頃は本と雑誌が大好きな読書の虫として育って、成人してからはますます我が道を貫き縦横無尽に動き回るせわしない長女。対照的に、部活や習い事に明け暮れた学生時代を過ごし、親元を離れることなく穏やかに暮らす次女。お互いに全く理解できない、不思議な生き物みたいだなあと感じていたように思う。ランドセルを背負ったまま、たくさんケンカをした。
 
妹は高校を卒業してそのまま就職した。実家を出て一人暮らしの大学生だった私は、すごいと感じた。私はまだまだ学びたいことがたくさんあったし、社会に出る前のモラトリアムをエンジョイしていた。空いた時間のアルバイトならできるけど、会社員として週5日も働く自分なんて想像がつかない。そんな私に妹は「勉強しているより仕事している方が楽だから」だとさっぱりと言い切った。
 
妹は順調に穏やかに会社員として過ごしていたんだと思っていたけど、そうでもなかったようだ。たまに実家に帰省すると、お互い大人になって楽しく会話をする折に触れて、苦労話も混ざるようになった。妹はそこでも穏やかに、会社での処世術のようなものを笑いながら教えてくれた。
 
「周りの人が教えてくれることが、もしも自分が既に知ってることでも、初めて聞いたかのようにハイって明るく返事して全部聞いたらいいんだよ」
「気難しい先輩がいたら、コレ分からないから教えてください、って聞きにいったらいいんだよ。みんな、いつでも若い人には教えたがっているものだから」
「ニコニコしながら、黙って後ろからついていくだけ。そうしたら先輩たちがどんどん進めて、よくしてくれるよ」
 
私は妹の教えにものすごく納得した。私がアルバイト先で同じ場面になったら「知ってます、分かってます、いいです」で即答して会話が終了して、それすら放っておいたまま、ひとりで仕事を進めていたことだろう。社会人のコミュニケーションとはこのようなものなのか。全然知らなかった、勉強になった。妹はどこで学んだんだろう? どの科目のどんな授業を受けて習得したんだろう? それは私の必修科目じゃなかったんだろうか? ちょっと本気でそんなことを思った。
 
そんな会話から数年後、妹は結婚した。さらに瞬く間に妊娠、出産、育児というフルコンボを駆け抜けていた。私はだいぶダラダラした大学生のまま、妹が嫁になり、母へとなった大きな変化と成長を眺めていた。でも妹そのものはあんまり変わってなかった。「結婚ってどうやるの? 出産とか子育てってどうやるの?」と未知の世界に疑問だらけの私に、「どうにかなるもんだよ」と答えになってない答えを、穏やかな笑顔でさっぱりと言い放った。
 
またしても妹は、私が学んでこなかったこと、分からないことをいつの間にか身につけている。そしてそれを私に教えてくれている。私の前ではいつも通りだったけど、仕事も育児もさらにその両立も、どう見ても大変そうだった。「暗い顔して悩んででもどうしようもないから」と、子どもがめいっぱい泣き喚いてわがままを言っても、つとめて穏やかにあやしていた。この前までランドセルを背負っていた妹が、すっかり立派な母親になっている。
 
いつの間にか妹はライフステージを進み続けて、ダラダラ過ごしていた私は鮮やかに追い抜かれていた。妹が進んだ道を後ろからなぞって、働くってこういうことなんだな、育児ってこんな風にするんだな、とざっくりと雰囲気を学ぶ。なんだか私が妹で、妹が姉になったみたいだ。きっと妹は、生まれてから高校受験あたりまで、長女の私が豪快に我が道を進んでいく様子を後ろから見ていたんだろうか。2人とも大人になった今では、まるで立場が逆だ。長女が次女のように後ろからついていって学んで、次女が長女のように未知の世界を進んでいる。長女はしっかりしていないといけない、と無意識にどこかで思っていたんだろう私は、肩の荷がおりてからその役割をはっきりと実感した。
 
妹が働き始めた頃、大学生だった私は南米旅行に挑戦していた。そして妹が二児の母になった今、やっぱり私は旅行している。仕事を辞めて、今度はアフリカ大陸を目指して。こんな長女を、次女はどういう風に見ているんだろうか。たまに会っても話題は自然と子どもたちのことばかりなので、次に話す時は直接質問してみたい。今の妹から見た今のお姉ちゃんってどうかな、と。
 
私の方はどうかと言うと、ガタガタのスーツケースを押して、両肩にのしかかるバックパックをひいひいと背負いつつ、貴重品に注意しながらひとりで移動している旅行のふとした瞬間に、妹を思い出す。自分の体だけなら最短距離で目的地まで行けるのに、大きな荷物に常に気を配りながら手を離さないように、歩きやすい道を選んで慎重に進まないといけない大変さ。私は自分で決めた旅行の期間だけだからいいけど、妹は毎日毎日こんな風に、子ども2人の面倒を見ながら移動しているんだろう。今のお姉ちゃんから今の妹へは、ただただ尊敬の念しかない。
 
妹ってすごいな。
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座2講座(90分×2コマ)《11/12まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-11-07 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事