fbpx
メディアグランプリ

テニスコートに自分を表現するように


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:西嶋祐子(ライティング・ゼミ平日コース)

 

もともと好きで読んでいたある方の文章が、ある時から、ぐっとレベルアップしたような気がしていた。

 

なんというか、ぐいぐい引き込まれるというか、長いのに、最後まで読みたくなる何かがあるのだ。

 

もしかしたら、何か秘密があるのかも?

 

本人にお会いしたとき聞いてみたら、どうやら天狼院なるライティング・ゼミがあるということだった。

 

そのときは、やっぱりという気持ちだけだった。

 

それから、だいぶ時間が経ってからも、なぜか頭の隅で気になっていた。

 

この気になる感覚は、なんだろうか。

静かに感じてみると、面白そうだからやってみたいという気持ちだった。

 

今、手を付けたばかりの新しい仕事を覚えるために、いつもとは違う脳みそを、フル稼働させているところだというのに。

 

この忙しい時期に、あえて、という気持ち。

夏には、今の手元のものが落ち着くから、それからでも遅くはない。

でも、なんか面白そうという気持ちと両方だった。

 

どうしたらよいものか? と、

手持ちのオラクルカードを引いて、結果をみたりもした。

なんとか私を諦めさせる理由を考えてみるのだが、どう転んでも、YESという答えしか出てこず、受講してみることにした。

 

最終的には、なんか面白そうという気持ちが勝ったのだ。

 

それと同時に、ある感覚が思い出された。

 

これなら父に口うるさく言われることはないだろう。

 

それが、部活を選んだ1番の理由だった。

中学に入学した私が選んだのは、軟式テニス部。

 

小さい頃から、父は厳しかった。

父は、なんでもかんでも私に口出しをしてくるように感じていた。

それは、心配からくるであろうことも分かってはいたが、

それが、うるさくてしょうがなかった。

 

父は、スポーツ全般、なんでも興味があったし、

ソフトボールなど、職場のレクレーション大会で体を動かすこともしている人だった。

 

小さい頃は、私が運動神経がにぶいのを克服させようと、家の近くの川べりを走らされたり、ボールを投げる練習をさせられたりしていた。

 

私は、特にボール投げが出来なかった。

 

できないから、私に練習させた父なのに、

短気なために、私ができるようになるまで見守ることはできず、

途中で、怒って家に帰ってしまうのだ。

 

私は、できない自分に腹が立ち、怒って帰る父を見ては、腹が立ち、悲しくてしょうがなかった。

だからといって、どうしたらいいのかわからず途方に暮れる。

こんなに一生懸命やっているのにと涙がでることも多かった。

そんな時間が何度も続いた。

だから私は、父の前で、何かをするということが嫌だった。

 

家では、スポーツ中継があると、テレビのチャンネルは独占された。

マラソン、箱根駅伝、野球、サッカー、ラグビーなど、

いろんな中継をしょうがなく付き合って観る中で、テニスは、その中に含まれていなかった。

 

父がそんなに興味がなかったからだ。

 

だから、私は、これなら口出しされないだろうと

軟式テニス部に入部することにした。

 

予想通り、父は、何も言ってこなかった。

私は、やっと自由にできると思った。

 

もともと運動神経のにぶい私にとって

練習は、なかなか思い通りにいかなかった。

悔しい想いもたくさんしたが、辞めようとは思わなかった。

 

それは、ラケットの真ん中に当たったときの音。

あのポーンという、なんともいえない音を聞くのが心地よく、

はまった感触を味わえるのが、好きだったからだ。

 

ただただ無心で、ボールを追いかけるのは楽しかった。

そして、そこには、自分で判断してプレイできるという自由があった。

 

自分で決めて、自分の打ちたい方向へボールを打つ。

それは、テニスコートで、自分を表現できるということでもあった。

 

テニスコートというキャンパスに、自分の好きなように、自分を表現する。

 

それが、たとえ下手くそで、どこにボールが飛んでいくのか分からない状態であっても

他には変えられない時間となっていたのだ。

 

書くことも、テニスコートでボールを打つことも

私にとっては、同じような感覚がある。

 

誰にも邪魔されず、自分を表現できる場所。

もっと自在に表現できたらという憧れ。

 

現状はというと、書くことへの憧れはあるが、

決して、自分の思い通りになっているとはいえない。

どちらかというと、書きたいけど書けないというもどかしさ。

 

ここも軟式テニスと同じだ。

 

でも思うようにならないからこそ、やってみたいのかもしれない。

なんだかんだで、軟式テニスは、社会人になってからも続けている。

 

これから、どこまで、もどかしさがクリアになっていくのかは未知数だ。

初めての世界で取り組んでいく1つ1つのことが、いい意味で、早く笑い話になっていくような、そんな時間を過ごせたらと思っている。

 

何が起きるのだろうという、期待と不安が入り混じったような気持ちで、自分を表現することへの新たなチャレンジがはじまる。

 

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-02-16 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事