fbpx
2020年6月京都イベント

《通信限定》【6/21(日)13:00〜】【京都天狼院課題本読書会!〜名作を味わい楽しむ〜課題本:宮沢賢治『銀河鉄道の夜』】《初参加大歓迎》


みなさま、こんにちは、京都天狼院の池田です。

天狼院書店は、「READING LIFEの提供」をコンセプトに、紙媒体としての書籍の販売だけでなく、「本の先の体験」も一緒に提供できる書店でありたいと考えています。

そのコンセプトに則り、さまざまなイベントを開催し続けておりますが、オープン当初からずっと続いている一番古いイベントが、「ファナティック読書会」。

「ファナティック」とは、「熱狂的な」という意味。

自分の大好きな本について、熱狂的に語り合いましょう、という趣旨のもと、毎回テーマを決め、そのテーマにそって、参加者のみなさまにおすすめ本をご紹介いただいてきました。

オープン時から東京にてほぼ毎週開催し続けているファナティック読書会ですが、昨年新しいスタイルの読書会をスタートいたしました!

それが、「課題本読書会」です。

課題本読書会は、毎月1冊ずつ、課題図書を決めます。

みなさまには、その課題本を当日までに読んできていただき、その本をクリエイターの目線で読み解いてきていただきます!

そう、この読書会は、普通の読書会ではなく「クリエイター」や「ビジネスマン」のための勉強会も兼ねた読書会なのです。

これまで、こちらの課題本読書会、店主三浦がマスターとなって、東京発信での開催が主となっておりました。

が!

今回、京都天狼院発信で、ちょっと違ったタイプの課題本読書会を開催させていただきます!

そう、純文学・古典文学作品の名作たちを今こそ味わい楽しもう! そこからまた新しい世界を開いて行こう! という課題本読書会です!!

というのも、今回、京都天狼院発信で課題本読書会を行いたいなと思った時に私は考えました。

私は確かに本は好きです。

かなり雑食な方で、小説はもちろん、ラノベから哲学書、生物学の本だったり、ビジネス書ももちろん読みます。

でも私がその中でも一番好きで、影響を受けてきたのは、所謂「純文学・古典文学」作品だなと思ったのです。

かつて私自身、あまり純文学や古典文学が好きではありませんでした。

なんだか難しそうで、お高くとまっている感じで(そんなことはないのですが!)、

手が出しにくかったのだと思います。

そんな私が、高校生の時、三島由紀夫を読んで、「全然難しくない!」「めっちゃ綺麗な文章!!」と本当に目から鱗だったのです!

むしろ、その文章の美しさと世界観に完全に魅了されました。

食わず嫌いをしていたけれど、ちょっと違った世界を楽しむことができる純文学・古典文学に完全にはまってしまったのです!

一見すると、純文学・古典文学作品は、すぐに役に立つわけでも、実践でなにかが使えるわけでもないように見えます。

でも、ずっと昔から愛され、様々な解釈がなされ、読み継がれてきたこの作品たちは、

様々な世界を映し切り取る鏡です。

純文学作品・古典文学作品が好きなみなさまはもちろん、

今まであまりこういった作品たちに触れてきていなかったみなさまが、ちょっとした新しい出会いのきっかけになるような、

そして様々クリエーターのみなさまが、文章の書き方だったり世界観だったりを広げる上でのお手伝いができるような、

そんな場として、この読書会を開けたら嬉しいなと思いました!

ということで、今回のテーマの課題本は、
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』(新潮文庫)です!

子供の頃から、おそらくみなさま何かしら読んだことがあるであろう作家、宮沢賢治。

その世界は、意外と大人になってから楽しむと、また違った見え方で見えてきます。

今回の課題は「銀河鉄道の夜」。

私自身子供の頃は世界観があまりわからなかった、そんな作品の一つです。

事前に読んでくるときには、

「この文章は何を意図して書かれたのだろう」

「書き手は何を企んでいるのだろう」

と、創作者の気持ちを想像しながら読んでいただければと思います。

どんな細かい点でも大丈夫です。

そして、この作品を読んで、どんなふうに感じたか、ということもご一緒にお話いただければと思います!

ぜひ、気が付いた点をメモしていただき、それを当日の読書会でシェアしてみてください。

(*天狼院書店の会員サービス「ファイナルクラブ天狼院」にご加入されている方は無料でご参加いただけます!)

皆さまで同じ本を読み、さまざまな角度から語り合うことで、自分だけでは気づかなかった面白さや、新しい発見が見つかることと思います。

・読んだことがあるけど、改めて、この本について語り合いたい!

・気になっていたけどまだ読めていなかったので、この機会に読んでみよう

・初めて参加する方

・当日まで読めなかったけど話を聞くだけでも参加したい

大・大・大歓迎です! ぜひ、一緒に名作を味わい、楽しみ、語り合いましょう!!

この課題本読書会にて、より深い「読書体験」を皆さまで共有できることを楽しみにしております!

どうぞよろしくお願いいたします!

京都天狼院 池田瑠里子


【概要】

日時:2020年6月21日(日)
13:00〜14:30 課題本読書会
参加費:一般 1,000円(税別)
*「ファイナルクラブ天狼院」の方は、無料でご参加いただけます。お問い合わせフォーム よりお申し込みご希望のご連絡をお願いいたします。

会場:全国通信

※FBの非公開グループを使用して開催いたします。

【参加方法】

こちらは通信限定イベントとなっております。そのため、事前お申し込み制となっております。

以下よりお申し込みをお願いいたします。

【Paypalでのお申込】

❏一般の方:1,000円(税別)


ファイナルクラブ会員:無料
※ファイナルクラブ のみなさまは、ご参加は無料でございます!
*お手数ですが、事前に、お問い合わせフォーム から件名「6/21(日)京都課題本読書会ファイナルクラブ会員参加」とご記入の上、お名前をあわせてメッセージでご予約完了となります。

【注意事項】
※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料無料問わず、講師、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・最小敢行人数6名様(万が一中止の場合、前日までにお知らせ致します)。
・本イベントの内容の著作権は、講師および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

お問い合わせ


【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事