fbpx
メディアグランプリ

マスクに、自分らしさのスイッチを奪わせない


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:山田由美子(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
近所の桜が、もう葉桜になっていた。
 
今年は春の訪れが早い。
それなのに、まだマスク姿のままだ。
新型コロナウィルスの感染予防のためなのだから、仕方がない。
 
昔から、極力、マスクをつけないようにしてきた。息苦しいし、声は籠るし、メイクも崩れる。何より、笑顔で会話が出来ないことが残念でつまらない。
 
しかし、数年前に喉を痛めてからは、乾燥対策とインフルエンザ予防で、冬の間だけは頑張ってマスクをつけるようにしてきた。商売道具の喉を痛めるわけにはいけないし、ウィルス系の風邪で喘息が誘発されるようになったからだ。冬の間だけのことだし、仕方のないことだと割り切っている。
 
だが、元々マスク嫌いなのだから、電車や雑踏、ライブハウス等の込み入った場所では意識して着用するものの、人と話をするときや混雑しないオフィス等では、体調や気分次第でつけたりつけなかったりする。もっというと、様々な口実を思いついて「ここはつけなくていいだろう」と、ついマスクを取ってしまうのである。
 
でも、今年は事情が違う。
新型コロナウィルス。会社からの指示で、社内でもマスクの着用が義務付けられた。何より、軽いけど喘息の気があり、ウィルス感染すると重症化する危険性がある。治療薬もまだない中、予防の一環で、とにかく着用時間を今までよりも長くする必要がある。今回は本気でマスクに向き合わなくてはいけない。
 
しっかりマスクを着け続けるにはどうしたらよいだろう?
 
そこで考えた。
「口紅をつけるのをやめたら、マスク着用時間を伸ばせるのではないか」
 
大成功だった。
アイメイクはきっちりしているのに口紅はナシだと、アンバランスな顔になる。カッコつけの私がそんな顔を人前にさらすはずがないのである。
 
デスクでお茶を飲む時も、マスクをつけたり外したりしながらそっとお茶を飲み、飲み終わったらまたすぐマスク。
 
そんな風に、マスクをつけ、口紅をつけない日々に慣れた頃、急に気がついた。
 
「マスクの下にお化粧する意味はあるの?」
 
顔全体を血色よく健康的に見せてくれるチーク。だがマスクで顔が隠れているのだから、顔色を良く見せる必要はないだろう。
 
コンシーラーで小さなシミを隠す必要もなさそうだ。先の細い筆でちょんちょんとコンシーラーを乗せて指先で丁寧にポンポンと伸ばす作業は、意外と時間を取るのだ。
 
色白でクマが出やすいため、クマ隠しのクリームは必需品で結構こだわってきた。しかしクマ隠しも、マスクをギリギリ目の下まで引き上げれば、セーフなのではないか。
 
そう考え、一日また一日と、少しずつ手間を省いてきたら、メイクの時間がとても短くなった。
 
メイクの手を抜くと、メイク直しもしなくなる。どうでもよくなってくるのだ。
 
マスクの汚れも気にならなくなり、マスク不足の昨今、一石二鳥だ。
 
そして、在宅勤務が始まった。
 
メイク、どうしようかな。
テレビ会議もアイコンで顔を隠せばいいし。
 
その時、心の中でアラートが鳴った。
 
「ちょっと待って!それで本当にいいの?!」
 
この流れに乗ってメイクをしなくなれば、アクセサリーもオシャレもしなくなるだろう。すっぴん顔にそれらはアンバランスだからだ。
 
なし崩し的に自分が崩れていく予感がして、久しぶりにキチンとメイクして、パソコンの前に座った。
 
テレビ会議でみんなの様子を見てみると、意外とちゃんとしている。むしろ普段よりちゃんとしている人がいて、ある先輩は自宅でネクタイを締めていた。
 
「メイクは気持ちの切り替えになる」というけれど、改めてその通りだなと思った。
メリハリが失われがちな在宅勤務で、緊張感をもって一日を過ごせた気がする。
メイクをしない先輩にとっては、ネクタイや背広が気持ちの切り替えになっているのだろう。
 
東日本大震災の時に、支援活動の一つでネイルサービスがあったのを思い出した。瓦礫の片付けや炊き出し等が続く中、ネイルのお手入れなんて後回しのはずだが、綺麗になった爪を見て、皆、笑顔が輝いていた。心の張りを取り戻したのだと思う。
 
メイクもネイルもファッションも、生活に必須のものではないし、人の本当の美しさは別のところにある。
 
だけど、メイクをすれば背筋が伸びる。ハイヒールを履けば歩くリズムも変わる。オシャレもネイルも、恐らく先輩にとってはネクタイが、大切な心のスイッチなのだと思った。
 
シャキッと背筋を伸ばし、顔を上げて颯爽と歩く自分のスイッチ。笑顔で人とのコミュニケーションを楽しみ、沢山笑うことで、また元気になる、自分らしさのスイッチ。
思い返すと、マスクをしてメイクを手抜きするようになってから、少しうつむき加減で歩いていた気がする。マスクを理由に、自分らしさのスイッチまで見失うところだった。
 
春だ。
 
相変わらずマスク生活は続くだろう。メイクは、手抜きではなく薄化粧にする。心の張りを失わず、自分らしさのスイッチをしっかりオンにして、日々を過ごしていきたいと思う。
 
 
 
 
*** この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

【2020年4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

天狼院書店「プレイアトレ土浦店」 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-04-03 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事