fbpx
メディアグランプリ

ミークの盾


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:花ちゃん(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「あの…… 昨日から、急に、右ヒザが痛くなったんです……」
 
アラフォーの働きざかりの女性が、そういって僕のクリニックに、やってきます。
ヒザが、はじめて痛くなるのって、大体、この年代でしょうか。
 
「まず、やさしい痛み止めの薬や、温熱治療をやってみましょう」
 
と、僕は、いつも決まりきったセリフをいうのだけど、
ホントは、こう切り出したいんです。
 
「糖質制限してみませんか?」
 
でも、なかなか、そう言えないのですよね。
話しかたに気をつけないと、
ただ、「痩せなさい!」って注意することになっちゃうし、
そもそも、女性に、
大好きな「糖質」を抜けというのは、酷なことだから。
いつも、とっても気を使っています。
 
それにしても、この世代の女性って、
なんか体がダルいとか、頭が痛いとか、
 
「名もなき体調不良」
 
が、一緒にあって、苦しんでいると、感じます。
だから、「糖質制限」は、
そこから、あなたを守ってくれる、「盾」のような方法だという事を、
教えてあげたいのです。
 
「糖質制限」は、世の中に、だいぶ知られる存在になったけど、
単純な「ダイエット法」の一つと思っている人が、きっと多いはず。
でも、ほんとうは、もっと深い意味があるんです。
 
僕は、持病の、糖尿病をきっかけに、
もう11年も研究していますから、
すっかり事情ツウで、何でも知ってます。
これまで、糖質制限の情報を求めて、いろんな所に出かけました。
新しい考えだけに、どこにも情報がないので。
自分の病気の事も、かかっていたから、
それはもう、
「新聞記者」の勢いです。
 
糖質制限の、第一人者、
京都大学出身、江部康二先生の講演会、
病院見学は、もちろんのこと、
北九州の、学習塾で開かれた、寺子屋みたいな情報会に、
毎月、何年も通ったし、
東京、大阪、京都、奈良、静岡で行われた、
糖質ゼロの、豚皮チップスを揚げて食べる飲み会にも、
さんざん参加しました。
 
すばらしい出会いも、ありましたし、
いろんな事を知りました。
 
「糖質制限は、肥満、糖尿病の治療だけでなく、
いろいろな、体の不具合を、なくしている」
 
という事実も。
 
名古屋のスポーツジムを経営している、
マッチョで、さわやかイケメンの男性は、
偏頭痛がすっかり治ったと、喜んでいましたし、
 
大阪の、防衛医大卒、
目がクリッとして、きれいな容姿の、
まじめな、産婦人科の女医さんは、
冷え性、生理痛、朝のつらさ、肌荒れ、便秘、疲労感、イライラが解消して、
 
「めっちゃ調子いい状態になった!」
 
とニコニコしていました。
 
効果のスゴさに気づいたのは、
べつに、僕だけではないという事もわかりました。
知りあった人の中には、
自分の人生を変えて、
「糖質制限」のために、活動をはじめた人も多いのです。
いくつか紹介してみますね。
 
「東京の国会図書館に勤めていた女性は、
仕事をやめて低糖質スイーツの店を始めた」
 
「大阪の、建築系の男性(飲食業の経験なし)は、
自分の糖尿病から、思い立って、
低糖質の大豆粉パン屋さんを、ゼロから始めた」
 
「福岡の、歯科衛生士の女性は、糖尿病になってから、
管理栄養士の資格をとり、低糖質スイーツ店を起業、
糖質制限の講演も引き受けている」
 
考えてみれば、
僕も、ライフシフトした一人になりますね。
山口大学を卒業して、勤務医を20年続けたあと、
独立開業しました。(もう7年目。)
「糖質制限」を自由にとりいれて、診療がしたいから、
自分のクリニックを建てたといっても、
過言ではありません。
 
世の中で、糖質制限が、いっときのブームで終わっていないのは、
効果があると人々に認められている証拠だと、僕は思うのです。
 
医者の世界では、どうなのかというと、
2014年に行われた、日経メディカルのアンケートが参考になりますね。
2263人の医師に、糖質制限をどう思うか、聞いたところ、
「支持する」が15.1%、
「どちらかといえば指示する」が43.2%、
という結果でした。
しかも、医者の、3人に1人は、糖質制限を自分が、しているのだそうです。
 
芸能界では、
女優の中谷美紀さんが、
糖質制限を、5年も、(2016年の時点で)
続けているそうです。
やはり、この「盾」の効果を知ってる人は、
美しさを保っているのですね。
 
最近は、糖質制限をするにも、
だいぶ、やりやすい環境になっていると感じます。
ローソンに行けば、「ブランパン」という、糖質が少ないパンを売ってますし、
他のコンビニでも、いろいろな味の「サラダチキン」が並んでます。
無印良品にも、糖質10g以下のお菓子のラインナップ登場して、
人気になっていますからね。
 
スーパーでも、低糖質の飲料が、お手軽に買えます。
マルサンアイの豆乳飲料の紅茶味は、おいしいのに、
糖質1.9g(200ml)と、超おすすめです。
 
家で料理をするなら、クックパットで、「糖質制限」って検索すれば、
簡単でおいしくて、安いレシピが、
山ほど、のってるから、
日々のメニューには、困らないはず。
 
おてがるに、糖質制限をやってみるなら、
まずは、「厚揚げ主食」を、おススメします。
ご飯や、パンを、厚揚げに置き換えるだけ。
けっこう、いけますよ。
厚揚げと、納豆って、相性バッチリなんです。
 
おやつが欲しければ、「チーズ海苔サンド」
ふくろで売ってる、焼きのりを半分に切って、
長方形をつくると、短い1辺は、ちょうどスライスチーズに、
ぴったりサイズ。
両面つつむように折って、サンドすれば、
おいしい、おやつのできあがり。
ぜひ食べてみて!
 
糖質制限のメリットをまとめます。
・体重コントロールが楽にできる。
・肌がキレイになる。
・メンタル安定で、なんとない健康不安が消える。
・美しさが保たれる。
 
美しさを育てる、といったほうがいいかな。
「美育(ミーク)」ですよ!
「糖質制限」より、縛られないネーミングで、いいでしょう。(笑)
 
名もなき体調不良から、体を守り、
さらに、美しくもなれる、
この、「ミークの盾」を、
あなたも使ってみませんか?
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

【2020年4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

天狼院書店「プレイアトレ土浦店」 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-04-15 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事